おはようございます。

 

今回は8月25日(日)に開催された

 

親子フットサル

 

のレポートをお届けします。

 

今回は5組の親子が参加してくれました。

 

 

 

 

 

女の子が2人も・・・

 

8月最後の開催であり、夏休み終盤ということで、宿題を終えた子供たちが参加してくれたのかな・・・?

 

 

イベントのスタートは17時半でしたが、まずは親子でアップを兼ねたパス練習から始めました。

 

その間、親子写真を撮影。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後2チームに分かれて試合をしました。

 

最初は親子が同じチームでの試合。

 

今回もみんなに赤と青のビブスを配り、その都度チームを変えて行いました。

 

なお、フットサルは5人、各チームお父さん3人+子供2人としたため、片方のチームにスタッフが入り、子供1名はお休みとしました。

 

しかし今回はなかなか点数が入らない。

 

女の子が多かったり、お父さん達の遠慮もあったのかな・・・?

 

それでも徐々にゴールが決まるようになりみんにも笑顔が・・・

 

そして一回りした後、集合写真を撮り、後半戦に突入しましたが、後半戦は子供チームとお父さんチームの対戦。

 

これが大盛り上がり。

 

お父さんチームは5人、順番にお一人がキーパーとなります。

 

対する子供チームはスタッフがキーパーとなりフィールド5名。(途中からは男の子がキーパーもやってくれました)

 

約10分の試合を前後半行いましたが、結果はなんと・・・

 

 

 

 

 

もちろん、子供チームの勝利でしたが、何故こんなに点差がついたのか・・・?

 

これは特別ルールによるところが大きいのですが、まずは女の子のゴールが2点という事。

 

更に自分のお父さんがキーパーの時にゴールを決めると得点が2倍になります。

 

実はラスト30秒というというところで14-4だったんです。

 

そこでお父さん達にもチャンスを思い、最後の得点は10点としたのですが、決めたのは子供チームでキーパーを務めていたそう君。

 

お父さんチームのシュートをキャッチし、それをパントキック。

 

なんとそれが直接ゴールに吸い込まれて子供チームに10店が入りました。

 

そう君のこのゴールはこれまでの親子フットサルでの最長ゴールであり、冷静な判断も含め10店どころか100点満点のゴールだったと思います。

 

という事で24-4となった訳ですが、流石にこれではお父さん達の立場が・・・となり泣きの延長戦が行われることとなりました。

 

しかしここでも子供たちが特別ルールでのゴールを連発。

 

お父さん達の反撃を退け、更に点差を広げこんな結果となりました。

 

 

 

 

 

負けてしまったお父さんチームにはこの後罰ゲームをやってもらいました。

 

お父さん達、次回はリベンジしましょうね(笑)

 

そしてイベントはこの後、恒例の親子PKをやって無事に終了となりました。

 

今回は女の子達も頑張ってくれてより楽しい回になったと思います。

 

参加してくれた皆さんありがとうございました。

 

次回は9月8日(日)17時30分からとなります。

 

お時間がございましたら是非ご参加ください。

 

なお、お申し込みは

 

 親子フットサルお申込み

 

から行えます。

 

また、これまでの親子フットサルのレポートは

 

 親子フットサル専用サイト

 

からご覧いただけます。

 

では、これからもよろしくお願いいたします。