思わず

心の内に、大きな虹が広がった瞬間だった

絶賛、受講中の「ふんわり糀家インストラクター養成講座」も後半となり

なんやかんやのパソコントラブルに遭いながら

深掘りワーク課題も、残すところ後ひとつとなった昨日…

主宰する笠原奈津美先生との「個別フィードバックセッションその①」をzoomで受講した

ワーク課題を作成する間

57年間という、それはそれは「長い旅路を巻き戻す作業」の連続だったし

時には、蓋をしたままの感情に出会う旅でもあった

母親や妻、嫁としての役割を演じる中で

「自分を優先的に演じる」ことを抑えてきた自分に会うたび

無意識に沸き上がる感情と共に

何か癒される想いが溢れ

あらためて「私、頑張って生きてきたよね」と

もう一人の自分に抱かれ

とても満ち足りた感情でいっぱいになった

だが、昨日の奈津美先生とのフィードバックは

それを、遥かに超えて

心の底から、自分を認めることができた瞬間

私の中に、鮮やかな虹が射した



普通に考えると、私は「ない」ものだらけである

栄養士や食関係の経験や経歴があるわけではないし

就業ブランクも長い

ただの専業主婦だ

特に料理が上手いわけではないし

正直なところ、なんの見返りもない家族に作る毎日の食事を

苦痛に感じることさえある

多分、同じ想いにかられている女性はたくさんいると思う

同時に、心底、料理が嫌いな人もいないんじゃないかと思っている

苦痛の元は、料理以外のところにある気がする

もしかしたら、私のこの暗いトンネルのような道のりが

誰かの助けになるかもしれないし

「手作りの発酵調味料の素晴らしさを伝える」ことを入り口に

女性の拠り所となる場所をつくりたいと、強く思った

「あなたの良さは?」
「あなたの強みは何?」
「どこで差別化する?」

そう問われても、なかなか自分ではすぐに答えられないし

恐る恐る鏡を見ては

自分のアラばかり目がいってしまう

だからこそ

今回のフィードバックは

客観的な視点で、冷静かつ愛ある言葉をかけてくれた

奈津美先生の存在が、もの凄くありがたかったし

自分の中のモヤが消え

また一歩前へ踏み出せた濃い1時間

これこそ

「インストラクター養成講座」の醍醐味ではないかと実感した

次は、5期の仲間とのフィードバックが待っている

他者を観ることで、また内なる自分を発見できるかと思うと

わくわくして楽しみでしかたがない