先日、娘の卒業式に行って来ました。

爆弾低気圧で吹雪の中、車を走らせ札幌の高校まで、妻と娘と三人で行きました。

現代という時代背景もあり、またその高校ごとの特色もあるとは思います。
が、自分の卒業の頃とは、随分違う印象を受けました。
男子も女子もカラフルな羽織袴だったり、ドレスの女の子も沢山いました。

卒業生たち自らが、考えた愉快な演出もありました。
最後の個々の教室で過ごす時間の中では、涙を流す女の子も見当たらないようでした。

そして家に帰って、自分の高校の卒業アルバムを久しぶりに開いてみました。

そこには、「純粋だけど、ほんとに何にも深く考えていなかった、18歳のボク」がいました。
そして、その「ボク」に今の「私」が問いかけてみました。
「今の俺は、どうだろうか?」と。

しばらく考えていた「ボク」は、こう言いました。
「ボクが思ってた人生とは、まるっきり違う道を歩いてるね。
でも、とりあえず人の役に立ってるし、家族も大切にしてるし、まぁいんじゃない?」と微笑みながら。

そして私は、答えました。
「そうかい?よかった。キミに恥ずかしくない人生をこれからも、出来るかぎりガンバるよ。」と。

 

 

http://otaru.yoiseitai.com/

今年も、道路が凍結する季節になりました。

10年ほど前の、冬のお話。
いつものように、普通の靴で「愛犬ちび」と散歩をしていました。
アイスバーンの坂道を「そろりそろり」と慎重に、注意しながらの歩行です。

そんな時、ふいに何かを見つけてか、急にちびにリードを引っ張られました。
そして、私はスリップしてバランスを失い、顔から落ちてしまいました。メガネもひん曲がり、目の横から出血しました。

もうこりごりです。それ以来「スパイク付き長靴」は必需品です。これは最強です。
これで、ほとんど滑ることはありません。深い雪道も安心です。

毎日使っているので、ワンシーズンで穴が開きボロボロになります。
が、私にとって、冬の大切なアイテムのひとつではあります。

 

 

http://otaru.yoiseitai.com/

 

歌うのが好きです。カラオケ大好きです。

 

しかしながら最近、友人とカラオケに行っても、声が出にくくなりました。

 

声帯が少し衰えてきたのでしょう。


また昔のように、高く大きな声で歌いたい。

 

そう思い、とりあえず浜田省吾氏のCD に合わせて歌ってみました。


最初はなかなか高音が出なかったのが、何度も繰り返すうちに出るようになってきました。

 

思うに、声帯も筋肉なので、ある程度は使わないとダメみたいですね。


浜田氏の「腹から絞り出す歌い方」で腹筋もきたえられ、また、

私には「少し苦しいくらいの音域」が、ちょうど良くトレーニングになるようです。
これから私は、「浜ショウ」でボイストレーニングです。

 

 

小樽の整体なら、あさい整体
http://otaru.yoiseitai.com/
 
膝に水が溜まっている・・などQ&A
http://otaru.yoiseitai.com/faq.html