北軽井沢別荘のことなら あさまホーム社長のここだけの話

北軽井沢別荘のことなら あさまホーム社長のここだけの話

北軽井沢の別荘のこと、地域のことをご紹介しています。


テーマ:

「北軽井沢別荘のことなら あさまホーム社長のここだけの話」

軽井沢・北軽井沢の別荘売買・リフォームのことはあさまホームまでご相談ください。 

 

今回の東京遠征は、大盛況のもとに無事終了することがでしまいた。大勢の子供たちに楽しんでいただきました。

今年もいろいろな新しい出会いがあり、刺激を頂いてまいりました。

会場の様子はこんな感じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この行事が終わって初めて正月行事が終わった気がします。

 

 

「ブログランキングに登録しています。下のバナーを押して頂けると幸いです。」

にほんブログ村 住まいブログ 別荘・セカンドハウスへ ポチッとお願いします。

 

さて、今年にはいり「ペンション」物件の反響をいくつか頂いています。いずれも北軽井沢でなければ叶わないであろうご予算でしたが、集客数や回収期間を考えると仕方がないのかもしれません。

 

 ペンション規模の営業物件において、築年数もさることながらいつ頃まで営業されていたとうことがとても重要になります。現在販売されている北軽井沢不動産のペンション物件はその時期から水道給水設備が鉄管を使用している場合がおおく、また一般別荘よりも配管口径がおおきいという点ももポイントです。

 

 通常営業されているペンションですと、給水配管に水が通っており空気とは触れていないためあまり錆びません。しかし、廃業や転売のため営業をやめてしまった場合、登記の凍結を恐れ水抜きをしている筈です。そうしますと配管の中には空気で満たされどんどん酸化が進み配管内部のサビが多くなります。

 

錆びた配管に水を通すと同然サビが落とされ赤錆の水が蛇口から出てきます。ひどい場合はサビの量が多く配管途中でつまってしまい水がでてこないということにもなります。

 

 錆びついた配管内は口径もサビのせいで小さくなり、内部がザラザラした状態です。配管厚も薄くなっていますのでトラブルが起きやす状態です。

 

 このような状態ですと配管し直しということを検討しなければなりません。ペンションですと総配管距離も長くなります。また、配管場所も壁内や1階・2階の間のスペースを利用したパイプスペースという施設も多くあります。部分的な改修でしたら費用も抑えられますが、全体的となりますと結構な費用がかかります。

 

 よって、ペンション物件をご視察なられる場合こういった点にも気を配っていただきますと、購入後の改修費用に水道費用を落としていたということがなるなると思います。

 

 格安で購入ができる北軽井沢ペンション物件ご興味にある方は、当社も取扱経験・改修経験もありますのでお気軽にお問い合わせください。

 

今日はこの辺で。

 

 こちらのランキングにも登録中です。、大変お手間を取らせますが、バナーをクリックお願いします。

 田舎暮らしランキング

 

北軽井沢の不動産・建築・リフォームのことなら あさまホーム まで

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス