こんにちは、

 

アサヒ加圧パーソナルトレーニングスタジオの須崎です。

 

暑い日が続いていますね、、耐えられません!!!

ということで、今回は水分摂取の重要性について書いていきます。 (実は減量時に大切なことでもある)

6月から増え始め7-8月にピークを迎える熱中症についても記載していきます。

 


 

1.熱中症1

熱中症は、暑さによって生じる障害の総称を指し、熱失神、熱疲労、熱けいれん、熱射病があります。

主に問題になるのは、熱疲労と熱射病だそうです。

熱疲労発汗による脱水と皮膚血管拡張による循環不全の状態であり、

脱力感、倦怠感、めまい、頭痛吐き気などの症状。水分・塩分の補給で回復

熱射病体温上昇により脳機能に異状をきたした状態。

意識障害(応答が鈍い、言動がおかしい)がみられ、死亡率が高い。

救急車の要請と、氷風呂につけるなどして冷却措置をとる。

 

摂取する水分として、推奨されているのが、

①5~15℃に冷やした水 ②飲みやすい組成にする ③胃にたまらない組成、量にする2

 

 

2.適切な水分補給

発汗すると、水分だけでなく電解質(ナトリウム、カリウムなど)が失われます。

体液濃度をもとの状態に近づけるために、電解質を含むスポーツドリンクを飲むといいでしょう!

ちなみに、適度な糖分を含むと、水分補給・脱水からの回復が早くなります。

 

のどが渇く前に、こまめに水分摂取を心がけましょう!

 

注意:スポーツドリンクは、甘くて飲みやすいものがおおいです。

砂糖、果糖ぶどう糖液糖が多く含まれますので、

必要時ではないのに、一度に多量に摂取するのは避けたいところですね。吸収されやすいのです…。

最近では、カロリーを抑えたスポーツドリンクも販売してますので、成分表示を見てみて下さい!

 

署熱下でもなく過ごしやすい感じであれば水で十分だと思います。

 

 

3.減量に役立つ

水分の役割として、栄養素の運搬・老廃物の排出、代謝反応を良くすることがあげられます!

 

★一日に平均2Lの水の消費しますので、運動したり汗をかいたりしたら、それに+αしていくのがいいと思います。ですので最低2Lはとれるように心掛けましょう!

 

★便秘・むくみがある人にもおすすめ!

・便秘は、腸内に老廃物がたまっている状態なので、腸機能が低下しやすいです。そうすると

減量に必要な栄養素の吸収効率が下がってしまいます。

・むくみの場合も、老廃物がたまっており血液循環が悪く代謝も悪いことが考えられます。

そしてストレッチやマッサージ、筋トレもプラスしてあげるといいでしょう!

 

 

なかなか脂肪が減らないなんて人は、一度日々の水分摂取量を見直してみましょう!

1日2L取るのは最初は大変かも知れませんが、是非続けてみてください。

そして変化があるかモニタリングしましょう!

 

自分の身体を良く知ることが減量を上手に進めるコツです。

 

 

 

 

参考資料

1.日本スポーツ協会

2.日本体育協会

3.日本コカ・コーラ株式会社 https://www.cocacola.co.jp/article/special-considerations_05

 

暑い、夏、令和、6月、熱中症、トレーニング、たんぱく質、スクワット、ダイエット、痩せる

トランプ、ヤクルト、CL、テニス、オリンピック、ラグビー、パーソナルトレーニング、トレーナー

目黒、品川、白金台、中目黒、権之助坂、スポーツ、ドリンク、筋肉、シェイプアップ、ポケモン、キングダム