要注意!熱中症には3段階の重症度があります。 | こんにちは!あさひ薬局開成店です

こんにちは!あさひ薬局開成店です

あさひ薬局開成店のお得な情報や、季節のイベントなどをおもしろ
おかしく書き綴りたいとおもいます。

こんにちは。あさひ薬局開成店です。

毎日暑い日が続いていますが、熱中症には十分気をつてください。

 

熱中症は、気温や湿度が高い環境で起こりやすくなります。大量に汗をかくと体内の水分や塩分を喪失し、以下のような様々な症状を引き起こします。熱中症には3段階の重症度があり、症状の軽い方からⅠ度、Ⅱ度、Ⅲ度となります。

 

熱中症の重症度

Ⅰ度・・・めまいや立ちくらみ、筋肉のこむら返りが起こります。この場合、水分と塩分を

補給しましょう。

 

Ⅱ度・・・激しい頭痛、吐き気や嘔吐、全身の倦怠感などが現れます。対処法は風通しが

良く、涼しい場所で衣服を緩め、足を高くして休みます。そして、水分と塩分

を補給します。自力で補給できない場合は速やかに受診しましょう。

 

Ⅲ度・・・意識がなく、全身のけいれんや極度の体温上昇が起こります。

この場合に重要なことは全身を冷やすことです。そして、速やかに救急隊を

要請しましょう。

 

夏の暑さは避けられませんが、熱中症は予防することができます。

重要なことは、こまめな水分と塩分の補給です。小児や高齢者ではのどの渇きを感じなくても、

水分・塩分補給が大切です。水分と塩分を同時に補えるものとして経口補水液があります。

市販されているものもありますが、自宅で簡単に作ることができます。

 

<材料>

砂糖40g

食塩3g

お湯(湯冷まししたもの)1L

 

<作り方>

砂糖と食塩をお湯に溶かし、かき混ぜて飲みやすい温度にするだけです。

かんきつ 系の果汁を絞ると飲みやすくなります。

 

 下痢や嘔吐時には、体の水分が失われているため、経口補水液をこまめに飲みましょう。

しかし、薬を飲むときは、経口補水液で飲まないようにしましょう。

塩分と相性の悪い薬もあり、薬の効果が弱まることがあるためです。

薬や体調管理についてわからないことがあれば、あさひ薬局開成店にご相談ください。