たった今関西についた。


個人的には2回目なんですが
前回は先輩にひっついて歌っただけだったんで
今回が初という気持ちで
空港に降り立った。ピシ!

物販かなり弱気で荷物軽め。

頑張れ自分。笑笑


必ず何か見えてくる。






先日、14日は滝川で歌った。

何度も言っているかもしれないが
私は出身が浦臼町
高校が滝川高校だ。

滝川に歌いに行くと
また地元の友達が見にきてくれたり
昔あだなつけてた奴にまたそのあだ名でよんだりと、、懐かしい、
青春時代を思い出し
なんだかむず痒くなるのだ。

いきなり頭の中では
ブライアンアダムスのSummer of'69が流れてきて
これまたむず痒くなる。


とにかくあの頃は何にもしばられたくなかったから

自由だった。。。

そして、

今も。。。。


自由。。。。


ただならぬ自由な人生だ。笑笑





それが学生か大人かの違いだけだ。
恥ずかしいほどあまり変わってない。

さすがに音楽は色々変化しましたが。



滝川のライブでは

親友が頑張って経営してくれるお店で
いつも歌わせてもらってて

嬉しい。

次会うときまでともに頑張ろうな。



その日は

なんか、また色んなこと思い出してしまって
泣けてきた


岩瀬さんにも
自分の今迄の音楽人生を酔っ払って熱く語ってしまって
帰ってきて後悔。
ブレずに綺麗なまなこできいてくれる岩瀬さん。

また泣けてきた。笑笑

私は何者や。笑笑
頑張れや。笑笑





でもそれだけ
また色んな感情になれた


これだけ歌ってきて
傷ついて
泣いて、笑って
感謝してきたのに


また色んな感情になれたってこと。


その日の出演者やスタッフや来てくれた皆さんのおかげだと思ってます。






音楽はタイムスリップできる。


いくらでも愛を歌えるし
恥ずかしくない



また一緒に歌おうね。



ありがとう。









受付の子がみんなの歌きいて泣いていたんだよな。



それ見て私また泣くし笑笑



して駆け寄ってきて
わたしのあの曲が好きですーって
4曲め
好きだといってきた。








それ、カバー曲ね。笑笑










さすが



名曲ここにあり。笑笑







死ぬまでに一回名曲書く。






死んでから評価されるのも

芸術である。








ありがとう、歌えて本当によかった。