【ワーママ】家事代行発注の恐怖体験。 | 収入が3倍に♡パワレルワークで資産構築する2児ママOLライフ。

収入が3倍に♡パワレルワークで資産構築する2児ママOLライフ。

新卒入社した会社で気づけば十数年目の中堅社員。
2度の育児休暇を経て、このまま定年まで働いちゃうのかな?と思っていた中で始めた物販+資産運用で
スルリと収入が3倍に♡
会社員の枠にとどまらない、本業+αの収入源を増やす情報をお届け中♫


テーマ:

 

パラレルワークの2児ワーママ、NAGIです。

 

自己紹介はこちら^^

 

ママでも主体的に選択できる「主人公」に♡

パラレルワークでスルリと収入が3倍にup♪

ビジネスにも子育てにも応用できるマインド発信中です。

 

前回の記事で育休中にやっておきたいこととして【外注に抵抗をなくす】という項目を書きました。

 


我が家では旦那さんがまず実践!

お願いしたお掃除を外注してくれたのですが…、

そこでとんでもないホラー体験をしたので、全国のワーママさんが同じ思いをしないように注意喚起です。

 

 

 

代行を頼むときの注意点

 

洗面所の排水がちょっと悪くなってきたなーと思ったので、旦那さんに掃除してくれないかとお願いした時のこと。

 

「オッケー」  と快答する旦那さん。

 

助かるなぁ♡と思いながらいつものように出勤しました。

 

 

{07B5458C-9014-4E36-8124-489716EFAF5D}

 

 

夕方、旦那さんから連絡が入りました。

 

 

旦那氏「掃除、代行頼んだ。今日くる」

 

私「じゃあ、お風呂とか水回りもやってもらおうかな♡」

 

旦那氏「言っとく」

 

 

なんて役に立つ旦那さんなのでしょう!

自分でやらずにすぐに外注するあたりはさすがだなと感心していました。

 

 

そして夕方。

 

ぴんぽーーーーーん

 

 

やってきたのは


 

片手にお掃除道具を抱えた

 

 

 

義母!!

ポーンポーンポーンポーンポーンポーンポーンポーンポーンポーンポーンポーンポーン

 

 

 

 

 

 

私「代行の人がきたが身内だとおもう」

 

旦那氏「水回りが得意らしい」

 

 

 

そういう問題ではない。

笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き

 

 

 

 

掃除代行は、身内ではなく、お金を払ってプロにお願いしましょう。

特に義母はやめましょう 


これは旦那さんにも、必ず徹底!!

 

行き届いていないお掃除状況をわざわざ身内にさらす必要はありません。

 

 

 

義母は明るい人で、気にした様子なく掃除を手伝ってくれて

 

本当に本当に感謝していますが、、、

 


リピート発注はないです。

NAGIさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス