2019年8月14日、49歳の誕生日に初めて永平寺に行きました。


全国からやってきた修行僧が山門をくぐり、修行を無事に終えたら山門をくぐって帰路につく。

さぞかし厳しい修行なのでしょう。


外界は30℃を超える猛暑でも、奥深い永平寺の空気はひんやりと冷たく、見も心も浄められるようです。


厳寒期は凍えるだろうに、想像を絶します。

などと考えていたらタイムオーバーに。

「バスまであと10分!」
「約束のアイスを買ってあげるから、走れ!」
のかけ声に、嬉々として走る子らの姿は、まさに煩悩のかたまり。

かくして、永平寺で浄められたつもりが、子育ての原動力でもある煩悩の力を再確認する結果になりました。

これからも悩みながらの子育てでしょうが、社会変革にたずさわる我が人生の選択には迷いはありません。

引き続き確信を持って、自らの幸せと社会の進歩を重ね合わせて生きていきたいと思います。

多くの友人、知人から頂いた温かい誕生メッセージは、この上ない喜びです。この場を借りて心からのお礼を申し上げます。

本来であればお一人お一人にお返事を差し上げるべきですが、上記のごとく煩悩のかたまりのため、風邪を引いてしまったためご容赦ください。

今日一日夫の実家でゆっくりとしていましたが、喉にきています。

自分史上かつてない「デスボイス」調がかなりイケて(自分では)る状態ですが、早く本調子に戻して希望を語りたいと思います。

これからもどうぞよろしくお願いします。