5月2日
札幌護国神社で絵手紙をお伝えした
アジアの留学生等を応援する会様から
「花見の文化を体験し学ぶ会」の
活動報告が掲載された会報が届きました。

参加して下さった
アジア人留学生からの感想が
たくさん掲載されていて
絵手紙についての感想も
たくさん寄せていただき
大変嬉しかったです。

少し
ご紹介します。
「絵手紙作りは私のお気に入りでした。」

「筆は中国のものと同じでしたが、使い方が違いました。ピーマンをかきましたが、今もこの文章をかきながら、自分がかいた絵を眺めて、あの日に見た桜を思い出しています。」

「私は絵が苦手なので心配しました。
しかし、先生は  絵を描くのが苦手でも大丈夫です。
大事なのは集中です、と言うのを聞いてホッとしました。
絵をかくのが嫌な私でも楽しくかけました。」
「とりわけ、私の子供が絵手紙に参加できてよかったです。私は息子が、自分で絵をかくのを見て圧倒されました。この種の創作は、人から美を引き出すことができるのだと思います。」

私だけでなく
当日私のお手伝いをして下さった三名の方にも
お礼の一文があり
こちらも感激しました。

私は
絵手紙に出会い
絵手紙をお伝えする
公認講師という仕事に出会えたことに
感謝の気持ちでいっぱいです。

これからも
たくさんの方々に
絵手紙をお伝えしたいと
思っております。
どうぞよろしくお願いいたします。

            あさぶで絵手紙    ホームページはこちら
                                斉藤美雪