毎日の記録

毎日の記録

原発事故後の生活の記録です。

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:

先程、市の担当者に電話して除染について聞いてみました。



すると、すでに除染したとの事。

先週のことだったので、まだお知らせはしていないようでした。


その数値が出た場所も雨どいの近くや人が近づかないような所だとのこと。

また、除染を行って、その後数値も1μから下がったこと。範囲も広い訳ではない。

除染の方法も教えていただきました。

除染を行ったのは今回は市の職員さん。

というのも教えていただきました。


それと、県の除染基準がなぜ1μなのか?を聞いたら

環境省における基準0.23μが、全体の面による場所を行っているとのこと。

この地域は全体ではなく、雨どいなどで高い数値が出ていて全体的にはそのような数値ではない為。

高い数値がでている地域は屋根から出てくる雨水が、一か所に集中していたりするところが高く出るようだとも話していました。

また、今は福島原発の状況も落ち着いているので、また爆発などあれば対応するとのことでした。


そうかー!面での基準なんだ。。

確かに。ここの地域ではそれほど全体的に高くはないのかな?


そして、盛岡市で行っている公園などの測定をなぜしないのか聞いてみたら、小学校や中学校での測定でそれほど高くはなかったので行わないとのことでした。

今回、電話してみて色々なことがわかったのでちょっと安心できました。


でも、公園での測定はやってもいいと思うんだけどなー。

今はもう雪が積もってしまったので、測定にも変化があるのかも?


私も怖くて行かないでいた公園や、アパートの裏の測定をしてみることにしようかな。





テーマ:

市で発表された学校、保育園の放射線量を見ていたら。


浮田保育園が地上1センチで1.25μ㏜

大迫林業者等地域住民交流施設で1.08μ㏜


と、比較的低いと思っていたのに結構な値がでていました。




地理に詳しくない私は、地図で調べてみたのですが・・(パソコンにのせる方法がわからずのせられません)

花巻市は合併していたんですね。


高かった浮田保育園は、東和町。北上市寄りです。

大迫林業者等地域住民交流施設は大迫町。紫波町寄りです。

どちらも場所を地図で見るとけっこう山の中でした。

山の間なので放射能を多く集めてしまったのかな?と思います。


岩手大学が作った空間線量率の地図を見ると、東和町はちょうど黄色に近い様子なのでなんとなく予想は

できますが、大迫町はそこまででもない様子。

んーなぜ??


ただ気になるのは、ちょうど県の中心に向かって拡散されている様子だからか?


1μって、除染の対象にならないのでしょうか?(本当は0.15μを採用してほしい)


それと、盛岡市では小さな公園や集会所の放射線量も測っているのに花巻市では大きな公園や主要な学校、保育園しか測定していません。


ほとんど測定していないので新たなホットスポットが出てきてもおかしくないと思います。


年末から年始にかけての福島県や千葉県の降下物の増加はなぜなのか?も解決していないし。

やはり、ごみの焼却や瓦礫なのでしょうか?

岩手県も降下物の調査を再開してほしいです。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。