Uさんのクロワッサン

製法コースや1DAYの募集を追加いたしました。

HPでご確認下さい→こちらをクリック

 

imageimage

クロワッサンレッスンに参加くださったUさん

持ち帰り生地(教室で織り込みを行った生地)を焼いてきてくださいました。

 

いい感じで折り込み出来ていましたね!!

真ん中に空洞があるのは、はじめにカットして巻き始めているから。

カットしているためどうしても少し扁平になります。

 

全体的にOkですが。

ちょっと次回作る時に意識してみてほしい事

①オーブンの温度を後10~20℃上げる。

②カットした断面を絶対に触らない事

 

①ですが、イースト数が持ち帰り生地実は多かったのです(1・5%)

そのため、もう少しブワっと浮き上が手もよいと思います。

オーブンの突入温度が低いと思います。もう少し勢いよく持ち上げたい。

※その代り、6分~7分して膨らみ切ったらすぐに温度を通常に下げてください。

そして、12~3分の時に下ばかり焦げてしまうようなら天板を2枚重ねてください。

 

②はカット断面が潰れ気味になっています。包丁でスパッと押し切りしていたらOKですが、ヒキ切りしないでください。

ピザカッターとかNGです。そしてカットしてからも断面は絶対触らない事。あと切った後に麺棒をかけない事。断面の層がつぶれてしまいます。

 

初回はおっかなびっくり伸ばしていましたが、少しまっすぐ伸ばせるようになったと思います。

忘れないうちに麺棒をかける練習してみてください。

(もちろんエアでもよいです。)麺棒の持つ位置でかなり違いが出る事も分かりましたよね。小さなデニッシュ食パンの伸ばしはとても上手でした。幅が広くなったらその分、手と手の間も広く持って麺棒をかけてください。

一気に力をかけるのではなく、全体的に斜め前に転がし伸ばすイメージです。

(言葉だと旨く伝わらないのですが・・・。忘れちゃったら次回教室に来た時に「麺棒のかけ方」を質問して下さい。タオル伸ばしましょう9

 

とても上手でした!!

 

持ち帰り生地を焼いたら冷凍して次回持ってきてくださると良いです。

というのも、持ち帰り生地という事なので、ちゃんと捏ねは私がチェックしています。

だから捏ねがだめという選択肢が消えます。発酵かその後の何かが原因と分かるからです。

 

上手にできなくてもよいです。

でも上手に出来ないのをそのままにしておくことはNGです。

ちゃんと原因とその対策はきちんと考えてから次を作るようにしましょう。

それが地道ですが上達の一番の近道です♪

 

頑張りましょう。

 

 

アルーチHPはこちらをクリック

Youtubeのアルーチぺージはこちらをクリック