英単語、すぐ忘れちゃう 【勉強の悩み解決!】 #勉強あるある | 『受験勉強で悩んで、ネガティブになってきたら見るブログ』中学生・高校生のあるある研究所<朝日新聞掲載>
2012-03-31 12:00:00

英単語、すぐ忘れちゃう 【勉強の悩み解決!】 #勉強あるある

テーマ:ブログ
こんにちは!
昨日に続いて、のな兄です!(£_£)/

ちょっとだけプロフィールをw
◎のな兄
・小学校中学高校大学全部、弟と一緒!(大学の学部は違うけどw)
・大学院生をやってて、今年から高校で英語も教えます!
・研究は、言語学!(英語の文法や、日本語の文法の比較とかを研究してます)
--------------

っていう感じの人ですw


--------------
【解決!】ねおあるある11
英単語、すぐ忘れちゃう
--------------


英単語、すぐ忘れちゃうという話でしたが、
あるあるでしたでしょうか???

僕も英単語に関しては、たくさん悩んで、
勉強して、工夫して、、、って試行錯誤してきました。

だからこそ、みなさんにお伝え出来る事があるんじゃないかな!って思ってます。


さて、
みなさんどうしたらいいか考えてみましたか?


それでは、いつもの・・・
--------------
◎じゃあ、どーする?
①相性もある
②忘れるというのは、勉強が進んだ証拠
③面倒くさがらず発音を覚える
④何度も見返すことができるよう書き込む
⑤スキマ時間で復習する
--------------

それぞれ解説しましょー。



解決法は、まず心構え編から始めることにします。
単語を忘れちゃうことで、英語の勉強のやる気をなくしちゃう人もいるかと思うんですが、忘れるってそもそも悪いことでしょうか?
まずは、『忘れること』のマイナスイメージを取り払ってみましょう。
忘れても、大丈夫なんです笑

1. 相性もある
人の名前を考えてみましょう。
一回しか会っていなくても強烈に印象に残って名前を覚えてしまう人もいれば、何度も会って顔はわかっているのに、なかなか覚えられない人の名前もあります。
単語も同じだよねw

これはもう、単語と自分との相性のようなもので、何度も辞書引いたり、単語集見たりする単語があったっていいんです。
そもそも、英単語に限らず、何かを覚えるっていうのはそういうものなんです。覚えて、忘れて、また覚えなおすw
ちなみに、ぼくも大学受験のとき、単語集を見直したり、辞書引いたりを10回ぐらいしてようやく覚えた単語もあります。
だから、何度も忘れてしまう単語があっても、「あぁ、相性の問題かな」って思うと、気分が楽になりますよ。


2. 忘れるというのは、勉強が進んだ証拠
意外に思うかもしれませんが、ある単語を見て「忘れた!」と言うのは、勉強が進んでいる証拠でもありますw
そもそも、その単語を〈知らない〉人は、「そんな単語あるのか、知らなかった」と思うのであって、
〈忘れる〉からには少なくとも一度は勉強していなければなりません。

ということは、〈知らない〉人よりも勉強しているってことです。
そう思うと、「忘れてた」が「意外と勉強してるかも」に変わって、落ち込むどころか元気が出てきますよ。
どんどん進んでどんどん忘れて、どんどん覚え直しましょーw


--------------
このように、心理的なハードルを下げておくと、実際に忘れてしまっても、またやろうって気持になります!
ただ、そうは言っても、気持だけですべては解決できません。
というわけで、次にスキル編です。
③少しでも忘れにくい覚え方をする
④忘れても思い出しやすい工夫をする
⑤復習する時間をつくる
という3つ側面から、考えてみましょう。

--------------

3. 面倒くさがらず発音を覚える
人によっては単語の発音を確認せずにスペリングを覚えようとする人もいると思いますが、あまりおすすめできません。
発音がわからないと、覚えたつもりでもどこか不安が残ります。
そういう状態ではなかなか記憶に定着しないみたいで、すぐに忘れてしまったりしますwww

漢字でも読み方わからないものは覚えづらいですけど、それと似ていますねw
なので、はじめから発音を確認して、自信をもって覚えましょう!

CDを使ったり、授業中に先生の発音をしっかりメモしたり!!!
一見面倒に思えるかもしれませんが、急がば回れです!


4. 何度も見返すことができるよう書き込む
たとえば、来週提出の宿題があったとして、そのことを忘れそうだったら手帳にメモをしたりしますよね。
つまり、忘れてもいいけど、メモを見れば思い出せるシステムをつくる、という発想ですね。
それを英単語にも利用してみませんか。
不安な単語には、後で見返せるような書き込みを残してみましょう。
書き込む内容の例はこんな感じです。



earlyという単語が覚えられなかった場合
(i)発音(カタカナで「アーリー」とかでもないよりまし)
(ii)関連情報(反対の意味はlate)
(iii)いつ勉強したか(Lesson 5 (p. 40)に登場)


教科書でも、ノートでも、単語集でもいいのですが、このような書き込みを残しておけば、
忘れたときでも見直してすぐに思い出すことができます。
忘れるたびにその書き込みを増やしたり、何回も見直すと、愛着もわいてきますよ。
ちなみに、手帳の場合、書き込むという経験自体が記憶に残ることもあるので、
結果的に見返さなくても予定を覚えていることがあると思いますが、それが単語の場合でも当てはまるような気がします。



5. スキマ時間で復習する
単語を忘れること自体は防げなくても、なるべく記憶に定着させる復習の時間をつくることはできます。

ぴったりなのは、学校の休み時間や通学の電車の中など、ちょっとしたスキマ時間です。
短い時間や、電車の中の立った状態での勉強は、難しい問題を解いたり新しいものを覚えるのには向いていませんが、見るだけ聞くだけの復習にはおすすめです。

具体的には、「4. 何度も見返すことができるよう書き込む」で紹介した書き込み入りの教科書やノートを見直したり、CD付きの英単語集だったら、すでに学習済みの単語のページの音声を聞きましょう。
スキマ時間は、何をやろうかと考えているうちにその時間が無くなってしまうことが多いので、あらかじめ復習に使うと決めておけばすぐに取り掛かれるし、それを習慣にしてしまえば「復習することを忘れてしまう」人も勉強のいいリズムを作り出すことができると思います。


----------------------------

以上です!


「英単語、すぐ忘れちゃう」というあるあるに対して、心構え編とスキル編の解決案を紹介しました。
今まで英語に苦手意識があった人でも、勉強してみよう、自分にでもできそう、と思ってもらえたらうれしいです。


前に紹介してもらいましたが、ぼくはぼくでブログをやっていますw
英語や日本語の素朴な疑問から、ことばのおもしろさを探っていきます。
英語についてもっと知りたい人や言語学という分野に興味がある人は、よかったら見てみてくださいね♪
(大学だと、文学部で扱われることが多いです)



こめへん
>えーすさん

なるほど!1日で300というのはぶっ飛んでて、すごいですね!
勉強方法って、どんどん進化できるとさらに楽しくていいですよね~。


>ダッフさん
ありがとうございます。
すこしブログ上で、載せましたw
いかがでしょう?

のな&ぱぐ夫(中高生の勉強あるある、解決します。)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス