わたしは「転売屋」ではない | 浅草橋駅徒歩2分のハンドメイド教室|カフェ&ワークショップ みちくさアートラボ

浅草橋駅徒歩2分のハンドメイド教室|カフェ&ワークショップ みちくさアートラボ

カフェ併設のお教室として東京都台東区浅草橋にリニューアルオープンしました☆トキメくものをみんなで作るワークショップ!写真を使うフォト雑貨、透明樹脂(レジン)アクセサリーやUVレジン、羊毛講座など。作り方は勿論、材料や購入先、テキスト本等も紹介☆初心者の方歓迎!


テーマ:
みちくさアートラボ、巻き巻き担当シイナです。

先日、前日夜の予告にてひそやかに「引き揃え糸を巻く会」という謎の会を行いました☆

こんな感じです。





びっくりしますよ。
毛糸屋さんみたいです。
わたし自身、こんなにたくさんの毛糸を見たことは、毛糸屋さん以外でありません。
(編み物自体もあまりやらないので毛糸屋さんにもそもそも行かない)

さて。
これらの毛糸は、あるお客さまから譲り受けました。
みちくさスタッフブログで、その贈り物の様子をちょっとずつ公開しています。
10部作とかになっちゃうんじゃないかという勢いの贈り物の量です(笑)

自分じゃ使い切れない材料類、引っ越しを機に整理することを考えられ、みちくさにやってきました。
ちなみに、個人の方です。

お店屋さんとかじゃないですし、ハンドメイドを仕事にしている方でもありません。
趣味として、いろいろなハンドメイドをやっていて、みちくさにもたくさんお越しいただいています。
(その他のお教室にもたくさん行かれている「達人」です。)

そんな、お店屋さんでもない個人の方が、なぜこんなに大量の材料をもっているのか?と、不思議ですよね。
ただ、これだけ幅広く手芸を長年(何十年レベル)でやっていると、いつの間にか増えてしまったり、周りのお知り合いも増え、それぞれの方が何らかの事情で材料を手放すときや廃業するときに譲り受けたものも沢山含まれるのではないかと想像します。
手芸が好きであればあるほど、そういう材料ってやっぱり手放せものです。

最初「引き取っていただけませんか?」と、ご相談をうけたとき、お持ちの材料があまりにも多かったし高価なものも多かったので、「メルカリなどで販売してみては?」とご提案しました。
なんだかんだで忙しくて(面倒で)できないなら、わたしが代行でやってもいいかな〜とも思いました。
それか、事前に告知をして、みちくさで「即売会」のようなイベントを開催する、というのもアリかな、とも思いました。
少々手間をかけても、充分に利益が出る「材料の豊富さ」でした。

捨てるには惜しい、というか、充分に価値のあるものでした。
メルカリで販売してもそれなりの金額は得られたのではないかと思います。

ですが、なんとなく、「そういうんじゃないんだよな」ということは、なんとなくお話の中で感じていました。

「まとめて」とか「福袋」的な感じでお安く売ればすぐに買い手はつきますが、「安いから欲しい」人の手に渡るべきモノではないように、思いました。(←これは、わたしが、ですよ。ご本人のお気持ちではなく。)

だって、これらの材料は、個人の方が何十年もかけて集め、「所有」してきた歴史があるからです。
どんなお気持ちで「所有」していたのかは分かりません。
いつか自分で使うために?
いつかお店を開くために?
いつか欲しい人にあげるために?
たんにもったいないから?
引き取って、とい言われて断れなくて?

いろんな理由があるのかもしれません。

そして、いろんな理由が、これまでの数十年の「手芸ライフ」で培ってきたマインドだし「思い出」と「歴史」です。

だから、手放せない理由が、なんとなく、(なぜかは分からないとしても、うっすらと、という意味で)分かります。

みちくさなら、いろいろなワークショップを開催しているので、それらの材料になります。
また、ハンドメイド好きの方が集まる場所なので、それらの材料の価値を理解できるし、何らかに活用できます。
そういった「空気感」は、わたしがこれまでに8年かけてコツコツと作ってきた「空気」「空間」です。
空気というのは、「集まる人々」のことです。

そんな人々に活用していただき、新しいアイデアをお見せすることが出来れば、すべてが「いい空気」になっていくのだと思います。
「えー、あの材料でこんなことができるなんて?!」
と思ってもらえたら、わたしは嬉しいし、わたしが考えるべきこそはいつもそんなことばかり。
そう思ってもらえたら、「何十年の手芸ライフ」がよりいっそう充実し、いつまでも「新鮮」で「新しい気持ち」で手芸を楽しんでいただけるのではないかと。

さて。
そんなことを考えながら届いた「毛糸の山」!!
(実際には毛糸だけじゃないんです。すごくいろいろあるんです〜)
まずこれを「価値あるもの」にするにはどうしたらいいかと考え、真っ先に思いついてすぐに行動したのが、「引き揃え糸を巻く会」です。

毛糸玉は、編み物をしない人にとっては、見ただけでは一見どんな仕上がりになるのかも分からないし、どう使ったらいいのかも分かりません。
色も地味だったり、好みじゃなかったり(そもそも自分の好みを把握するのが難しい)します。

ですが、「引き揃え糸」にしてみると、すっごく可愛くなるんです。
何種類かの糸をまとめてくるくる一緒に混ぜて巻くだけで、雰囲気が変わります。

一回やってみないと、「どんな風になるか?」が分からないのです。
だから、この「引き揃え糸をまく」ということ自体、とても刺激的なんです。
「この糸を入れたらいい味出てきた〜」とか「まさかこの糸がこんな風に化けるとは!」みたいな発見がいっぱいあるのです。

だから、その面白さを体験していただこうと、この会を開催しました。

「引き揃え糸ってこんな風にできてると思わなかった」
「引き揃え糸は買うものだと思ってた」
「やってみると想像通りにならないのも面白い」
「気に入った組合せは思わぬところにある...」

など、とっても奥深い世界を、まったりとおしゃべりしながら楽しみました。



引き揃え糸は、いろんな場所で販売しています。
浅草橋だと、パーツ屋さんでも、少し置いていたりします。
それらの引き揃え糸は、ほんの少量になっており、買いやすいお値段。
アクセサリーに使いたいとか、ラッピングに使いたいと、ちょっとしたデコレーションに使いたいとか、そういうときにぴったりなのが引き揃え糸なんです。

そんな引き揃え糸は「買うもの」ではなく、自分の手で「作る(糸を選ぶ)」もの、だと思える体験ができます。

そして、作った引き揃え糸はもちろん購入できます。
なるべくいろんな種類があるといかな〜と思ったので、ほんのミニミニサイズ(市販のペラコーンの3分の1くらいの量)で100円。
たくさん欲しいときは「5倍分巻いて500円」でもいいです。
だいたいの「見本」を置いておいてあるので、その量を目安にしていただきます。
そして、各自で自分で価格を決めるスタイル。



かつ、前途のように、引き揃え糸は、「組み合わせて巻いてみないと雰囲気が分からない」のも特徴なので、「巻いてみたもののやっぱりいらないな〜」と思えば、「みちくさの在庫入れ」に入れてもらえればOK。



それらは、みちくさの講座でみなさんに使ってもらえます。
講座以外でもお家用に欲しければ「材料ちょこっと売り」として販売できます。

この「やっぱりやめた」ができるのは、たぶんみちくさならではです。
普通の毛糸屋さんでも、お好みの毛糸を選んで、欲しいグラム数を言えば、機械でダーーっと引き揃え糸にしてくれますが(オリジナルの組み合わせの引き揃え糸ってことです)、選んだら買わないとならないと思います。(たぶん)

これは、みちくさのすべての講座に言えることですが、「やっぱりやめた」は、普通はできないんですよね。
例えば、ビーズを並べてネックレスを作りたいとき、「とりあえず並べてみたい」んです。
ですが、パーツ屋さんで袋から出して並べたら、それは元に戻しちゃだめですよね。
だから、基本のピンワーク講座 なんかは、そこらへんが「すごく便利」なんです。
とくに初心者だと、「どんなイメージになるのか?」が分かりませんから。

「やっぱやめた」の後のそれらの行き場を作ってあげることができるから、みちくさでは、それが可能になるんです。
これから講座にみなさんにとって「選べる引き揃え糸」の種類が増えるってことです。

なので、「やっぱやめた」ということは、無償の労働力です。
無償で、みちくさのために働いたということです。

だから、じゃんじゃん巻いてOK!
気兼ねなく、たくさん巻いていただければと思います。
(意外と、巻いてるだけでテンションアップし、インスピレーションもわいてくるものなんです。それだけでやりがいあります)

しかも、1つ100円は、とってもお得です。
自分で好きな組合せで引き揃えた糸です。
どこにもない糸です。




わたしは、これらの引き受けた毛糸たちを、「そのまま販売」はしたくない、思って考えました。

いいものだからそれなりに高く売ってもいいかもしれないし、どうせ不要のものだから安く売ってもいい。
どっちでも、決めるのは引き受けたわたし次第です。
ですが、「高く」も「安く」も売りたくないし、仕入れたもの(もらったもの)を売るのは食指が動かないんです。
いいとかわるいとかではなく、「興味が持てない」「面白くない」というところです。

やっぱり、わたしの売りたいものは、「楽しい体験」です。
引き揃え糸は、作ってみるとほんとに「楽しい」んです。
それを実感できます。
1つ100円だと、送料の実費などにも届くのは近くはないですが、ですが、「楽しい体験」は、バトンのようにどんどんと繋がっていきます。
可愛い糸を手にれたら、「これで何つくろう?」と思いますし、それらを活用法を学べるみちくさの講座がいっぱいあります。

あと、無償の労働力が手に入るのも見逃せないポイントです。
これが、この「会」の成立する「肝」ですね。



ついでに、毛糸巻き巻きのお仕事は、参加していただいた方のほかに、娘にも担当してもらいます。
娘だって、みなさんと同じように、「なんでこの人はこんなにたくさんの材料を持っていたの??」と疑問がわくと思います。
その理由を聞かれたら、わたしは、「前みた映画のさー、この世界の片隅で、って覚えてる?むかし日本はああいう時代があってね…」というお話からスタートすることができます。
いろいろなことを親子で学べます。
わたしが20年前に、海外でゴミ拾いをしながら暮らしていた過去の経験 を話すきっかけになるかもしれません。
かつ、100円の自分で作ったモノ(巻いただけ)を売り、おこずかいにもなって、ガチャガチャをやれる〜!という嬉しいオマケつき(笑)

だから、わたしは、小さな体験で、バトンを渡します。

というわけで、次回の「引き揃え糸を巻く会」は3/26です。
完全セルフサービスで、価格も「自己申請」です。
「わたし5倍巻いたんで5倍分払います〜」とお申し出ください。
...といっても、計りがあるわけでもなく、なんとなくの感覚です。

自分で巻くのが疲れた、と思ったら、みんな(とわたしと娘)が作ったモノを100円で買ってもいいですよ。

そんな、「自分で価格を決める店」が、この不思議な会です。

また、毛糸を巻く台紙は、とりあえず手元にあったクリアファイルを使っていますが、やってみたところ、やわらかすぎてつい力が入ってしまうのがやや不便でもあったのでほんとはもうすこし厚みのある厚紙が便利です。
名刺サイズくらいの厚紙や、使い終わったコーンをお持ちでしたら、ぜひご持参ください。
(なければこちらで何かしらを用意していますので手ぶらでOKです。なんなら、余っているダンボールをカットするところからセルフかもしれません?!)

ともかく、わたしはやっぱりお店屋さんには向いていません。
「体験」が何より「売っていて楽しい」のです。
わたしが「お店屋さん」を捨てた理由


「数十年の手芸ライフ」の空気に触れることもできます。
それはプライスレスですよ♪


では、引き揃え糸の使い道アイデアをご紹介します!
(「編む」以外で。)

安定のフリンジ
引き揃え糸は、フリンジアクセサリーにぴったり。
いろいろな種類の糸を混ぜることで、魔法のように可愛くなります。
これも、
フリンジ作りたい放題!講座
で作れます。



リボン風にする
フリンジとほぼ同じ作り方で、ゴムを通してリボンっぽいカタチにしてもかわいい。
こんなリボンはいくつあっても困らない。
これも、
フリンジ作りたい放題!講座
で作れます。




レジンの封入物として
シリコンモールドにかわいい毛糸を入れると、それだけで模様のようになって可愛いです。
こんぺいとうゼリーのような毛糸レジン講座
【レジン基礎】レジン液&モールドつきレジンリング講座
で体験できます。



そのまま固めてみる
やわらかな毛糸を「そのままややふんわり」固めると、とっても不思議な気分!
こんぺいとうゼリーのような毛糸レジン講座
で体験できます。




帽子に巻いてみる
これからの季節にぴったり!麦わら帽子やハットにまくだけでとってもかわいく変身〜
まだ今期は募集していないですが、
ガーリーな花帽子講座
で毛糸も使う予定。



ロゼットの飾りにもぴったり
ロゼットのデコレーションにモリモリ使いましょう♪
ロゼットアクセサリー&くるみボタン作り放題祭り
デコナップロゼット講座
で使えます。



ネクタイリメイクのデコレーションに
ネクタイリメイクの講座でもどんどん使っていこうと思います〜
ネクタイリメイク雑貨講座
ネクタイコサージュ講座


デコレーションがま口講座のデコ
デコがま講座でもガンガン使いましょう♪
デコレーションがま口講座



ほかにも、簡単にできることがいっぱいあります!

簡単なリボン。裏はパッチン留め。小さい子用。



フェルトの土台にフルーガンで貼っただけ。(先にパッチン留めをはさめばよかったかな...)



ウッドブレスレットにデコパージュ。夏っぽいです。



布レジン化 」のやり方で固めたもの。これは何かのパーツに...(なるかな?)




ほかにも、引き揃え糸を使ったいろんな素敵なアイデアがたくさんあります。

巻いてるだけでテンションがアップする「魔法」が引き揃え糸まきまき。

次回は、
3/26(月)11〜14時
(上記のお時間内いつでもオープンしています)

なにげに、見てるだけで圧倒する毛糸の量なので、時間があっという間です。

お子さまと一緒などでもOKです。



完全セルフサービスなので、

(1)使いたい毛糸を何種類か自分の手元にもってくる

(2)毛糸を巻き巻きする。(巻き巻きする用の台紙がなかったらダンボールを置いておくのでカットして使ってください)

(3)ひたすら引き揃え糸を作る。分量は100円分の目安になる「見本」を用意しておきます。「5倍巻いて500円」など、お好きな量で巻いてください。

(4)使い終わった毛糸は元の場所へ戻す。

(5)できあがった引き揃え糸のうち、自分が欲しいものは購入。(見本と同じなら1巻き100円)
お金を入れておく用の箱を用意しておくのでその中に入れてください。

(6)自分では使わない糸は、みちくさの在庫ボックスへ置く

という流れです。

おしゃべりしながら、その瞬間瞬間に生まれる、引き揃え糸の色が混じり合う瞬間を楽しみましょう!

お持ち帰り用のOPP袋やマステなどは用意していますが、ビニール袋などがあればご持参いただけると助かります。



↓昨日アップしました!
【講座カレンダー】4月のワークショッスケジュール一覧です

【講座カレンダー】3月のワークショップスケジュール一覧です


みなさんの作品をシイナのインスタに掲載しています
 
みちくさスタッフブログもどうぞ…☆  


【最新情報配信】

LINE@ページ

今後スケジュールが決まり次第、月に1回程度お知らせをお送りします。
ぜひ友達追加してくださいね!「@michikusa」で検索してください
友だち追加数

メルマガ

講座の最新スケジュールなどをメールで月1回程度配信しています。
こちらのメールマガジンにご登録くださいね。

FaceBookページ

みちくさのFBページをご存知ない方は、ぜひこちらも「いいね」をお願いします!
ホームページの更新情報のほか、みちくさスタッフブログやnullnull(ナルナル)情報もお届けしています。
フェイスブックページはこちらです

アメブロ

みちくさアートラボオーナーシイナの徒然日記もご覧ください。
アメブロはこちらです

下記でもみちくさアートラボの更新情報を入手できます☆
twitter (フォローしてください♪)
インスタ (フォローしてください♪)

講座スケジュール&営業日カレンダー

営業日と開催中のワークショップはこちらをご覧ください

浅草橋駅徒歩2分のカフェ&ワークショップ みちくさアートラボ
東京都台東区浅草橋1-31-4 大原第三ビル3階B室
カフェの電話 090-1263-9774
お問合せは、こちらのお問合せフォーム またはshiina@onyva.co.jpまでお願いいたします




浅草橋のハンドメイドカフェ*みちくさアートラボ椎名恵叶さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント