ウルティアトリートメントの説明書 | hair chemicalist arttic大江のブログ

hair chemicalist arttic大江のブログ

佐賀県伊万里市と唐津市、長崎県佐世保市の美容室artticのオーナーブログ
キレイになるコツ、美容のマル秘情報、髪のこと色々書いてます!
サロンホームページ
http://arttic.urdr.weblife.me/index.html


テーマ:

佐賀県、長崎県で展開する
ヘアケアに特化した美容師
エンターテイナー集団。
株式会社artticの代表大江のBlog。


サロンスタイルなど掲載してます。
フォローお願いします(^_^)



佐世保店のPVが完成しました。
ご覧になられて下さい。





『ウルティアトリートメントの説明書』




ウルティアトリートメントの
施術の注意点。


①A剤、B剤は時間をかけて揉み込む


髪の内部を強化するA剤、B剤は
髪内部に浸透するまでにある程度の
時間がかかります。
最低でも各剤ごとに2分以上は
揉みこんで下さい。



②以前から皮膜型の強いトリートメントを使ってる方にウルティアトリートメントをする場合


ウルティアA剤、B剤は
髪のインナーをしっかり強化しますが
手触りなど、おもてに質感として
出てくるのはアウター補修機能がある
C剤の質感がメインとなります。

ですので、C剤が乗らないと
サラサラの手触りにはなりません。

C剤は電荷的にカチオンなので
プラスに帯電しています。

お客様で以前から皮膜力の強い
カチオントリートメントや
皮膜力の強いシャンプーなどを
している方は髪表面にカチオン成分が
蓄積されている為、髪表面の
プラス帯電が強く、プラス帯電の
C剤がお互いプラス同士の為に
弾かれてしまいC剤が乗りにくい為に
質感のサラサラ感が
弱いことがあります。

この場合は
お客様の髪をトリートメント前に
ラウリル硫酸ナトリウムや
食器洗剤のジョイ並みの洗浄力のある
界面活性剤で残留している
カチオン剤をしっかり落とさなければ
いけません。

しっかり表面のカチオンを落とす
ことでウルティアC剤が髪表面に
乗ってきますのでサラサラした
質感へと変わります。



③細毛やクセ毛の方でウルティアトリートメントの効果がわかりにくい場合


細毛やクセ毛の方は髪表面の
面積自体が狭く更に毛髪自体が
いびつな形をしている為に
ウルティアA剤B剤でインナー強化を
しっかりできても、質感を作るC剤が
髪表面に乗りにくいことがあります。

この場合はC剤を髪表面に乗りやすく
する為にウルティアA剤、B剤を塗布
した後にもう一度A剤を
塗布して下さい。

A剤はマイナス帯電のアニオン
B剤とC剤はプラス帯電のカチオン
なので、もう一度毛髪をアニオンの
マイナスに振るコトで、
その後のカチオンである
C剤がイオン的な力でくっつき
やすくなります。

この方法はダメージ毛の方にも
効果的です。

塗布の順番は
A→B→A→C→オイル



④ビビり毛やハイダメージのお客様にウルティアトリートメントをする場合


ビビり毛などのハイダメージ毛は
ウルティアトリートメントだけでは
修正が難しくなってきますので、
グリオキシル酸や還元剤などを併用
してウルティアを使って
還元トリートメント又は
酸トリートメントを行なって修正
して下さい。

行程はセミナーにて公開しています。




⑤仕上げはアイロン仕上げでしっかり脱水


ウルティアトリートメントは
毛髪内部に入り込む成分が
熱に反応して持続性をアップします。
仕上げはストレートアイロン又は
コテなどを使用して毛髪内部の水分を
しっかり脱水するコトが
ポイントです。



⑥ウルティアトリートメントの1番の役割はダメージの加速を防ぐコト

ウルティアトリートメントは
従来の表面の手触りだけの
皮膜型トリートメントとは違い、
目には見えないダメージの要因となる
因子を除去したり髪を守るコトに
フォーカスしたトリートメントです。

特に抗酸化作用やダメージの原因
となる残留物の除去にこだわった
商材です。

髪や頭皮にアンチエイジング効果を
与えながらダメージの加速を防止する
役割がウルティアトリートメントには
あります。




⑦ウルティアトリートメントは全メニュー対応型


ウルティアトリートメントは
全メニューに対応しています。
ブックを使用することをオススメ
いたします。
artticで使用しているブックの
データーはご自由にお使いください。
全メニューへの使用方法も
合わせてご覧ください。



髪のアンチエイジングトリートメント
URUTIER -ウルティア
 
購入はこちらから↓

導入希望のサロン様はこちらから
お願いします。

arttic大江直人さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス