天皇陛下が59才で即位され令和の時代を創り出していかれるのと同時期に、“Salon de ごりょん”の対象者である「志向期」世代も新しい時代を踏み出していきましょう。

福岡県・福岡市
アートギャラリー郁郁(いくいく)

ギャラリーおかみ・ アーティスト発掘人 郁郁です。

右矢印自己紹介はこちら

 

 


人生100年時代の重要な世代である「志向期」
数値で示すとすれば、40台後半から60台くらいまで。まさに新天皇陛下と皇后さまの世代です。
思考と行動を切り離さずに人生を上昇志向させなければならない世代です。



2019年ゴールデンウィーク前半で訪れた屋久島の「益救(やく)神社」の片隅に佇んでいらっしゃった仁王像。並んだ仁王像は珍しいですね。天保2年(1831年)に寄進されたそうなのでおよそ200歳になるのでしょうか?いまだにたくましいお姿で睨みをきかせてくれています。

さて、本題です。

【Salon de ごりょん】という
新しい Salon部門 を併設致しました。

みなさん「サロン」とはどういう処だとイメージされていらっしゃいますか?
この併設サロンは、志向期世代が寄り集まり、肉体のケアは勿論のこと、知的、内的な分野まで網羅でき、向上心をくすぐられる場としてお互いにより良く過ごすところ とイメージしてください。

元々は、フランス語で宮廷や貴族の邸宅を舞台にした社交界をサロンと呼んでいました。主人が、文化人、学者、作家らを招いて、知的な会話を楽しむ場所です。 ギャラリーでの展覧会の有り様を示唆しています。元々はルーヴル宮殿の大サロンで開催されていた芸術アカデミー主催の美術展を指すのですが、「サロン ド ごりょん」は、少人数でより近しい懇親を目指しています。

これから少しずつ、このサロンについて「ごりょん」の思いを記していきたいと思います。




神社上空をたくさんの白鷺が群れをなして飛翔していたのを見て、令和の時代が心安らかな平和な時代になるようでなんだか嬉しい気持ちになりました。