こんにちは✨

訪問看護ではご要望の多いのが、お薬の管理です。

お年寄りや一人暮らしの方、認知症のある方にとって毎日忘れずにお薬を飲むのは簡単なことではありません。

お薬を間違えずに飲む工夫を、利用者さん1人1人に合わせて考えています😄

以前、訪問看護の研修で講師の方が看護師に「お薬飲み忘れずにきちんと飲める人?」と質問したとこほ、手を挙げた人は、なんと、ゼロでした😅💦

元気な私たちでもついつい飲まなかったり、忘れちゃうこと、ありますよね😅💦

毎回忘れずにきちんの飲まれている方は本当にすごいと思います👏

そこで今日は私達が考えたお薬の飲み方の工夫についてご紹介したいと思います😊✨

【1日バージョン】
毎日、朝の訪問時にお薬を1日分セットしてます💁‍♀️

【2~3日バージョン】
訪問時に当日のお薬を袋に入れ渡します。
そして、翌日、翌々日の分をケースにセットして飲んでもらってます🙆‍♀️

 

【1週間バージョン】
週に1回の訪問で1週間分まとめてセットします。
ダイニングに置いて頂き、お食事の後に内服します。
曜日が分かるようにデイサービスの日にはカードも表示しています💁‍♀️

1週間やってみて、難しそうだったら2日分に戻したり、利用者さんが自分で管理できる方法を一緒に考えています。
その際に心がけているのは、看護師が全てやってしまわないことです✨

認知症があっても、お年寄りでも、利用者さんは自分で出来る力を持っています😊
その力を引き出し、ちょっとしたお手伝いをして利用者さん自身が管理できる方法を一緒に考えるのが訪問看護の役割だと思っています✨

困ったらいつでもご相談くださいね😊🌸