河鍋暁斎 その手に描けぬものなし | アートテラー・とに~の【ここにしかない美術室】

アートテラー・とに~の【ここにしかない美術室】

美術を、もっともっと身近なものに。もっともっと楽しいものに。もっともっと笑えるものに。


テーマ:
現在、サントリー美術館で開催されているのは、
“河鍋暁斎 その手に描けぬものなし” という展覧会。


(注:館内の写真撮影は、特別に許可を得ております)


幕末から明治にかけて活躍した絵師、河鍋暁斎 (1831~1889) の展覧会です。
伊藤若冲に次いで、ブレイク絵師の仲間入りを果たした河鍋暁斎。
その人気にあやかるように、ここ近年は、
毎年のように、どこかしらで暁斎の展覧会が開催されています。
それゆえ、“また暁斎展かァ・・・” と思った美術ファンも少なくないのではないでしょうか。


確かに、今回の展覧会にも、暁斎の出世作にして代表作、
榮太樓總本鋪が所蔵する 《枯木寒鴉図》、通称、「百円鴉」 を筆頭に、


河鍋暁斎 《枯木寒鴉図》 一幅 明治14年(1881) 榮太樓總本鋪 (注:展示期間は、2/6~3/4)


暁斎らしいビビッドな色遣いの絵画や、


左)河鍋暁斎 《閻魔大王浄玻璃鏡図》 一幅 明治27年(1887)か
右)河鍋暁斎 《地獄太夫と一休》 一幅  ともにイスラエル・ゴールドマン・コレクション



暁斎お得意の戯画調の絵画など、


左)河鍋暁斎 《蛙の人力車と郵便夫》 一幅 河鍋暁斎記念美術館
右)河鍋暁斎 《土佐大蔵少輔藤原行成画 百鬼夜行図》 個人蔵  (注:いずれも展示期間は、2/6~3/4)



「これぞ暁斎!」 な作品も、多数出展されていますが。
今回の展覧会でフィーチャーされているのは、
そうしたファンキーで破天荒な従来の暁斎の姿ではありません。
実は、生涯、狩野派の絵師として活動を続けていたこと。


第2章 狩野派絵師として 展示風景


実は、日々、先人たちが描いた作品を丹念に写し、古画の学習に励んでいたこと。


奥)狩野探幽 《探幽縮図》 一帖 江戸時代 17世紀 個人蔵(河鍋暁斎旧蔵)
手前)狩野探幽 《探幽縮図のうち鳥獣戯画》 一巻 寛文7年(1667) 個人蔵  (注:全期間展示、ただし場面替えあり)



知られざる暁斎の姿に、スポットが当てられています。
暁斎が暁斎であるために。
影でこんなにも努力をしていたとは!
いい意味で、イメージがガラッと変わりました。
星星
暁斎の人気が、さらに上昇すること請け合いの展覧会です。


ちなみに、暁斎の真面目さを、
特に実感させられたのが、《日課観音図》(写真左) です。


左)河鍋暁斎 《日課観音図》 一幅 明治18年 (1885)9月26日 河鍋暁斎記念美術館
右)河鍋暁斎 《毘沙門天像》 嘉永元年(1848) 河鍋暁斎記念美術館  (注:いずれも展示期間は、2/6~3/4)



どんなに忙しくても、飲み会があって酔って帰ってきたとしても、
晩年には、日課として、毎日1枚、「観音図」 を制作していたのだとか。
その真面目すぎる姿勢に、思わず胸が熱くなりました。
暁斎は一日にしてならず。
そう、強く実感させられる展覧会です。


さてさて、今回の展覧会でもう一つ実感させられたのが、
想像していた以上に、暁斎が多くの仕事をこなしていたこと。
湯島天満宮であったり、


河鍋暁斎・河鍋暁雲・河鍋暁翠 《龍虎鷹山水図衝立》 一双 東京・湯島天満宮


根岸にある創業300年以上の豆腐料理専門店であったり、


左)河鍋暁斎 《七福神豆撒き図》 一幅 明治21年(1888)頃 根ぎし笹乃雪
中央)河鍋暁斎 《百猩々》 一幅 大正時代~昭和9年(1912~34) 河鍋暁斎記念美術館
右)河鍋暁斎 《寛永時代美人図》 大正5年(1916) 河鍋暁斎記念美術館  (注:いずれも展示期間は、2/6~3/4)



都内だけでも、相当な数の仕事のオファーがあったようです。
ここ近年、ぽっと出の絵師ではなく、
生前から大人気の絵師だったのですね。


 ┃会期:2019年2月6日(水)~3月31日(日)
 ┃会場:サントリー美術館
 ┃
https://www.suntory.co.jp/sma/exhibition/2019_1/
 ┃※会期中展示替あり




1位を目指して、ランキングに挑戦中。
下のボタンをポチッと押して頂けると嬉しいです!

Blogランキングへ  にほんブログ村 美術ブログへ

とに~さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス