アートテラー・とに~の【ここにしかない美術室】

美術を、もっともっと身近なものに。もっともっと楽しいものに。もっともっと笑えるものに。


テーマ:
昨日の “唐画もん—武禅に閬苑、若冲も” の記事で、
センセーショナルなデビューを飾った大坂画壇の鬼才・耳鳥斎 (にちょうさい)
ユーモアあふれる地獄を描かせたら、おそらく彼の右に出るものなし。
耳鳥斎と互角に張り合えるのは、ティム・バートンくらいではないでしょうか。


それはさておき。
昨日の記事では、そんな彼が描いた灸すえ (=灸師) の地獄や、

九


硯職人の地獄、

硯


そして、ところてん屋さんの地獄を紹介しました。

ところてん


この記事を読まれた灸師、硯職人、ところてん屋さんは、きっと恐怖におののいたことでしょう。
それ以外の職業の方、ホッとしていませんか?
実は、耳鳥斎は他の職業の地獄も描いているのです。
それらの職業を生業とされている方、どうぞお気を付け下さい。


~馬士 (馬に荷を引かせて運ぶことを職業) の場合~

馬


逆に、馬に扱き使われてしまう地獄。


~綱渡りの場合~

綱渡り


逆に、綱。
逆に、渡られる地獄。


~太鼓持ち (宴席などに出て客の機嫌を取る職業) の場合~

たいこもち


人ではなく、羽織や刀などモノを相手に笑わせなくてはならない地獄。
芸人的には、これが一番の地獄。



~飴職人の場合~

飴職人


飴のようにビロ~ンと体を伸ばされる地獄。
で、そのあと、丸められる地獄。


~豆腐屋の場合~

豆腐屋


豆腐にされる地獄。
おそらく左に描かれているのが、完成形なのでしょう。
原型が無さすぎるにも、ほどがあります。


~煙草好きの場合~

烟草好の地獄


煙草好き=ヘビースモーカーは職業ではないと思いますが。
煙草が好きだと、地獄では、キセルや煙草入れなどにされてしまうようです。
煙草好きの飴職人とか、煙草好きの豆腐屋さんとか、煙草好きであれば、2倍地獄。
吸いすぎに注意しましょう。


~茶師の場合~

茶師


茶釜とか茶碗とか蓋置とかにされちゃう地獄。
地獄なのでひどい目に遭っているところなのでしょうが、目がつぶら。
サンリオの新手のキャラにも見えます。


~立花師 (生け花の師匠) の場合~

立花師の地獄


生けられてしまう地獄。
生けられた後の表情が、せつないです。
どういう感情なのかわからない表情をしています。


~歌舞伎役者の場合~

歌舞伎


大根役者は、大根を食べさせられてしまうという地獄。
くだらないダジャレを強いられることが、何よりも地獄です。


~和尚の場合~

和尚


タコに絡まれる地獄。
なぜ、タコなのかは謎。
タコも和尚も頭がツルツルだから?



地獄って、本当に怖いところですね。
こんな地獄に行かなくて済むような毎日を送りましょう。




1位を目指して、ランキングに挑戦中!(現在7位ですアップ
下のボタンをポチッと押して頂けると嬉しいです!

Blogランキングへ  にほんブログ村 美術ブログへ
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

とに~さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。