ITコンサルタント澤田貴之のブログ

アルティクト株式会社代表取締役 澤田貴之の公式ブログです


テーマ:
販売管理、在庫管理など新しい
コンピュータシステムを構築する
ときの方法には大きく2つが
あります。

ひとつは、
 要件定義:何をやりたいか決める
 設計:どのように実現するかを決める
 開発:システムを制作する
 テスト:正しく動作するか確認する
のように手順をひとつひとつ実行していく
方法です。

専門用語ではウォーターフォール方式と呼ばれます。

この方法論は家の建築や自動車生産などと同じような
イメージと考えて良いと思います。

今までのシステム構築の主流はこちらで今でも
多く採用されるやり方です。

もうひとつの方法は、
 要件を聴く
 デモ(プロトタイプ)を作る
 デモをチェックする
 修正する
と言うプロセスを何回か実行してシステムを
構築する方法です。

こちらはスパイラル方式、プロトタイプ方式などと
呼ばれます。

それぞれ長所と短所があります。

ウォーターフォール方式は、工場生産のように
工程管理をしっかりやりますので、うまく管理が
できれば品質が高いものを短期間で製作することが
可能です。大規模なプロジェクトで開発者が大量に
いる場合でも管理がしやすいなどのメリットもあります。
しかし、要件定義の段階で参照するシステムがないので、
システムに関しては素人の発注側がしっかりと要件を
出せないことがあります。また、各工程の担当が違うので
しっかり文書を残さないと想定と違うシステムができて
しまう恐れもあります。

一方、スパイラル方式はプロトタイプを確認しながら
進めていくので発注側もイメージがしやすいです。
また、担当が基本的には同じなので自分がやりたいことを
適切に伝えやすいとも言えます。
ただ、この方式は大規模なシステムには不向きです。
また、内部のデータベース構成が重要な業務システムでは
表面上のデモだけで議論してもいいシステムにはならない
恐れもあります。
さらにプロジェクト管理をしっかりやらないと延々とデモ
を作り続けて中々、要件が確定しない危険性もあります。

以上のメリット・デメリットを考慮しながら、例えば、
基本はウォーターフォール方式をとりながら、要件定義では
デモを活用するなど両方のやり方を組み合わせることで
スムーズにシステム構築を進めることができます。

どのような方法で進めていくはシステム開発会社次第ですが、
発注側もこのような方法があることを知っておくと共同作業が
しやすいのではないかと思います。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
「ホームページをリニューアルしたい」

「新しいコンピュータシステムを導入したい」

「フェイスブックページを作りたい」

「スマートフォンのアプリを作りたい」

など、IT関連のことをやろうとすると専門会社に
頼む必要があります。


しかし、どこに頼むかを決めるのは中々
難しいです。

ネットで探しても違いがよく分からないし、
始めての取引で大きな仕事を頼むのは不安。

結果として知り合いの経営者などに相談して
紹介してもらうケースが多いのではないかと
思います。

確かに紹介であれば紹介者から実績を確認
することができますし、安心感は増します。

しかし、この場合も注意が必要です。

■ 紹介者がITの専門家でない

・紹介者がITの専門家でない場合、その会社の
実力を正確に把握することは難しいです。
たとえ、紹介者の会社でうまくいっても
同じようにできるとは限りません。
・似たような内容であっても、必要な能力は
全く違うケースはITの世界にはよくあることです。

■ トラブル時の対応

・万が一、紹介された会社に問題があった場合も
紹介された関係上、簡単に他の会社に変えることが
難しいことがあります。


可能であれば、依頼先を決める際、第三者の専門家の意見を
聞くことができると安心です。

アルティクトのコンサルティング・サービスでも
発注先の妥当性の評価や適切な専門会社のご紹介を
行っております。

お問い合わせはこちらから
※事前相談は無料です
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
見積金額が高いケースについて、前回、
ご説明しました。

見積金額の評価(高いケース)

今回は安いケースです。

安いならいいではないかと思われるかもしれませんが、
安い場合も十分な注意が必要です。

■ オフショアや外注を利用している

 金額が極端に安い場合、インド・中国などのオフョアを
 利用したり、別会社に外注している可能性があります。
 オフョアや外注そのものは悪いことではありません。
 しかし、元請のプロジェクト管理が悪いと色々と問題が
 発生する可能性があります。
 また、完成後に修正が必要な場合も迅速な対応が望めない
 場合があります。
 開発体制について、もう一度確認してみてください。

■ 安請け合いしている

 その分野の経験が少ないと逆に開発の難易度がつかめずに
 安い金額を提示している可能性があります。もう一度、
 過去の実績などを再確認したほうがいいでしょう。

■ 技術者中心の会社

 安い請け合いとは違いますが、技術者が中心の会社の場合、
 安めの金額がでるケースが多いようです。
 これは技術者として速く・安く開発することをプライドと
 している面もありますが、テストやデータ移行など開発以外の
 見積が漏れている、あるいは、極端に低く見積もっている
 こともあります。
 この場合、開発スケジュールや見積の根拠を精査したほうがよいでしょう。

安い場合も十分な評価が必要です。



弊社のコンサルティングサービスでは、見積の評価も
サポートしておりますので、お困りのことがあればご相談ください。

ご相談はこちらから
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。