物流のアウトソーシング(システム編) | ITコンサルタント澤田貴之のブログ

ITコンサルタント澤田貴之のブログ

アルティクト株式会社代表取締役 澤田貴之の公式ブログです


テーマ:
物流管理をアウトソーシングした際に
システムが絡む箇所は以下の業務です。

1 物流会社への出荷指示
2 物流会社からの出荷完了報告

これ以外には、

3 物流会社からの倉庫への検品・入庫結果報告
4 棚卸し結果報告

があります。

これらに関しては、以下のような対応が
考えられます。

A) FAXなどシステム以外の方法

B)自社のシステムにログインして情報の取得や
 更新を直接してもらう

C)指示データや報告データをメールに添付して
 受領する

D)EDIのシステムを使って自動処理する

一番効率的なのはD)ですが、コストやシステム設計などを
考えると難易度は高いです。

B)に関しては、自社のシステムが物流会社が利用していい
機能だけにアクセス制限ができるか権限設定の仕様を
確認する必要があります。

C)に関しては出荷指示や出荷完了報告のファイルフォーマットが
自社の仕様に合わせることができるか物流会社と調整が必要です。
物流会社の仕様に合わせることになると自社のシステム仕様を
変えるか毎回、ファイルの加工が発生してしまいます。

A)は作業の手間やミス、紙などのコストを考えると避けたい
ですね。

SAP アドオン開発に特化したITコンサルタント 澤田貴之さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス