ITコンサルタント澤田貴之のブログ

アルティクト株式会社代表取締役 澤田貴之の公式ブログです


テーマ:
フェイスブックのビジネス利用への注目度が
アップしています。

フェイスブック・アプリなどで多くのアクセス
(「いいね!」)を集めているのをみると
自分達もと考える方も多いでしょう。

しかし、導入前にどのくらいで投資がペイ
するのか簡単に計測してみましょう。

■簡単な導入効果の計測方法

(1) 予想利用者数:1年間で利用すると予想される人数
(2) 購買率:1のうち1年以内に購買に至る割合
(3) 一人当たりの年間の購買額

1年の導入効果=(1)×(2)×(3)

複数年で回収することを考えればこれに年数(4)を
掛けます。

例えば、
(2)購買率 0.5%
(3)一人当たりの年間の購買額 10,000円
(4)回収年 1年
とすると、導入費用が100万円の場合、20,000人の利用者が
必要と言うことになります。
それぞれの値は行っているビジネスによって異なりますので、
エクセルで各値を変更しながらシミュレーションしてみると
今の段階で投資が必要か判断する材料になると思います。

グーグルアプリでシミュレーターを作ってみましたので、
よろしければご参照ください。

フェイスブックアプリ導入効果シミュレーター

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
今日は、東京商工会議所主催の
ビジネス交流会に参加しました。

ITがテーマだったため、同業の方が
多かったです。

同業の方以外にも色々な業種の方と
お話しすることができ、大変有意義な
交流会でした。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
見積依頼をした会社から見積結果・提案書が
来ました。

続いて、この見積結果の評価が必要に
なります。

今回は金額の評価について考えてみます。

ITの世界の見積は他の業界に比べて
どんぶり勘定的な要素が強いです。

複数の会社に見積をお願いした場合、金額の差に
驚くことも多いのではないでしょうか?

さて、見積金額が高すぎる場合は次の
ような要因が考えられます。

■ カモにされている

 システムのことが分かっていない、評価できる人材が
 いないと見るととんでもない金額を提示してくるところが
 あります。そこまでひどくなくても、相手のITに関する
 理解度などを睨んで高めに提示してくるところはあります。

■ 値引きされる分を上乗せしている

 最初から値引きされることを見越して高めに出してくるところは
 よくあります。これは日本の商習慣上止むを得ない面もありますが、
 そのような駆け引きは時間の無駄とも言えるので意味の無い値引き
 交渉が必要な会社との取引は注意が必要でしょう。

■ 依頼内容が抽象的過ぎる

 見積依頼でのシステム説明が曖昧なところが多く、業者側がリスクを
 考えて高めになっている場合もあります。これは見積金額の根拠を
 確認することで適切な価格になる可能性があります。


見積の評価を弊社でもサポートしておりますので、
お困りのことがあればご相談ください。

ご相談はこちらから

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。