亡くなった夫の借金が発覚! その相続放棄ちょっと待った!~相続人からする過払い金返還請求①~ | 仙台で債務整理をする前に、知っておきたい情報館ブログ | 久保巌オフィシャルブログ

テーマ:

こんばんは

夜でもアーサーです♪



今日から2月

つい先日 お餅を食べていたのに


月日の経つのは早いもの

年を重ねてますます早く感じる今日この頃です♪




さて、先日のご相談者


亡くなったご主人の遺品を整理していたら

消費者金融の振込票がでてきたとのこと。


調べてみると

借金の残高が200万円以上もあり

驚いて事務所に相談にいらっしゃいました。


詳しく話をうかがうと、どうやら他にも借金がありそうだと言うのです。



奥様はとても心配されていたので、

まずは相続の承認相続の放棄について説明をしました。


相続が発生したときには

大きく2つの方法があります。


ひとつは単純承認

もうひとつは相続放棄です。

(限定承認は後述します)



単純承認とは、

被相続人(亡くなった方)の持っていた財産をすべて承継するということ。

「すべて」というのは、プラス財産もマイナス財産も引き継ぐということです。


例えば、2000万円の自宅(プラス財産)と100万円の借金(マイナス財産)がある場合、その両方とも引き継ぐ(相続する)ということです。


本当はプラス財産だけ引き継ぐことができればよいのですが、

「自宅は引き受けるけれど借金は要りません」ということはできません。


したがって、金銭的なことだけを考えれば

プラスのほうが大きい場合には、単純承認するほうがトクですね。


次に

相続放棄とは、

被相続人(亡くなった方)の持っていた財産をすべて引き継がないということ。

「すべて」というのは、プラス財産もマイナス財産も引き継がないということです。


例えば、20万円の預金(プラス財産)と300万円の借金(マイナス財産)がある場合、その両方とも引き継がない(放棄する)ということです。


これまたマイナス財産だけ放棄できればよいのですが、

「預金は欲しいけれど借金は要りません」ということはできません。


したがって、金銭的なことだけを考えれば

マイナスのほうが大きい場合には、相続放棄するほうがトクですね。



この相続放棄をする場合には、

被相続人(亡くなった方)が死亡したことを知った日から3ヶ月以内に

家庭裁判所に相続放棄の申述をする方法により行います



ということで

たとえご主人の借金がたくさん見つかったとしても

相続放棄をすれば、ご主人の残した借金の返済義務は負わない

ことを話したところ、まずは一安心して頂きました。



この相続放棄をするときに注意しなければならないことは、

先順位の法定相続人が放棄すると

後順位の法定相続人が相続人となることです


具体例で説明しましょう。


夫が死亡して、妻と子供が相続人となった場合、

借金が多いので、妻と子供が相続放棄をしたとします。


そうすると第2順位の直系尊属(夫の父母)が相続人となります

両親も借金を引き継ぎたくないときは、同様に相続放棄をすることになります。


第2順位の相続人が放棄するとは第3順位の兄弟姉妹が相続人となります

これまた借金を引き継ぎたくないときは、同様に相続放棄をすることになります。

ここまで行えば、親族が借金を背負うことはなくなります




さて、多額の借金が発覚して

驚いて相談にいらっしゃったのですが、


いろいろ調べてみると

どうやらずいぶん昔から借金をしていたらしく

取引期間は10年以上ありそうです。

しかも25%以上の高金利で借りていたようです。



そこで、

相続放棄をする前に


ご主人の借金について

取引履歴の取り寄せをして頂くことを提案しました。



なぜなら、履歴を取寄せた結果、

過払い金が発生していれば、

相続人からも過払い金の返還請求することができるからです。



「過払い金返還請求権」も立派なプラスの財産です。


したがって、

過払い金が発生しているのであれば、

相続を承認


債務が残る場合には

相続放棄

を選択することができるのです。




もちろん他の財産や借金もすべて調べた上での話になりますが、

慌ててすぐに相続放棄をしないようにご説明しました。



というのも、

同様のケースで被相続人に多額の借金があると思い

過払い金が発生していたにもかかわらず

急いで相続放棄をしてしまい、

家庭裁判所に受理された後に

ご来所された方がいらっしゃったのです。

(相続放棄の申述が受理されると原則撤回できません)



ということで

被相続人に借金があった場合には、

その借金は

マイナス財産(債務が残る)なのか

プラス財産(過払い金)なのか

確認することをオススメします。



~②に続く~












久保巌さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります