皆さんこんにちは(*^▽^*)音譜・・・そして始めましてm(u_u)mモリーこと森田です。


12月から、株式会社 アートエンディングへパートとして入りました\(^_^)/


出勤日数はまだほんの数日ですが、こうしてブログの更新をしておりますあせる


厳粛な御葬儀のイメージを抱きつつ、お仕事させて頂いております(・・。)ゞが・・・パー


葬儀会社って暗いと思っていた(私だけはてなマーク)のですが、違いましたビックリマーク目からウロコでした目


以前、私が体験した御葬儀では考えられないくらい、徹底した心配りに合格

悲しみの中にも御葬家様、御遺族様、いらした方々に精一杯ご奉仕するという姿勢が感じられ驚いておりますアップ


クローバー非日常の世界だからこそ、私たちの気づかない細やかな気配りが必要なんだと、改めてドキドキ


そしてなにより社員皆さんの家族意識の一体感と元気グッド!


この連帯感が、思い出に残る素晴らしい御葬儀を作り上げてゆくんだな・・・と思いました。


まだまだ教えて頂くことが山のようにあり、個人的に不安ではありますが、パート仲間と共に憶えてゆこうと思います(*^.^*)あせる


今のところ、関東地方は何とか「初日の出」は見られそうですね晴れ


風邪などに気をつけて、笑顔で新年を迎えたいと思います鏡餅


皆様にとっても、良い年末・新年でありますように・・・富士山


来年も頑張りまっすにゃー






AD

2009年感謝ブログ

テーマ:

皆さん今晩は。

西本(経理担当)です。

間もなく2009年→2010年へと時代が(笑)移ろうとしています。


コンピューターが誤作動するのではないかと騒がれていたいわゆる「2000年問題」から早10年なんですね・・・・。

(結局は大きな問題は起こりませんでしたね。)

10年前は司会やレポーターをしていた自分は、元日の新春イベントからスタートし、2月はWINDOWS2000の発売のカウントダウンイベントをアメリカのビルゲイツと中継して行ったりと、とても充実していたミレニアムがつい昨日のことのように蘇ってきます。


今年はお蔭様で、自分にとって、とても大きな一年となりました。


割と順風満帆だった(?)2000年、持病が悪化した2000年半ば、そこから這い上がってきつつある今年2009年!!


昨日はプライベートで行っているボランティアのひとつとして、ある障害者施設でコンサートをしてきたのですが、アンコールでは感謝の思いがこみ上げてきて、歌になりませんでした(笑)


今年は自分の抱えている問題と正面から向かい合い、現実を受け止め、今の自分にできることを無理しない範囲内でやっていくことに徹しました。

隣の芝生は青く見え、健康が当たり前、仕事をこなせることが当たり前、遊べることが当たり前の若者が羨ましく見える日もありましたが、仲間、家族、コンサート先の笑顔に支えられ、2009年を過ごすことができました。

(今、社内には誰もいないので、このブログを書きながら「ありがとう」の思いで溢れ、涙がこぼれてきます。)


私って、幸せ者・・・・・(涙)


「地」に足をつけて先を見据えていくこと。

時には後ろにさがってもいい、ゆっくりでも前へ「進」むこと。

一日一日を「生」きぬいていくこと。

一日の終わりは「ありがとう」。


・・・・・そんな2009年だったように思えます。




ところで皆さん、大掃除はお済みでしょうか?

我が家は皆、12月になると仕事が忙しくなるので、今年は、10月から徐々に始めていったので、暮れは慌てずに済んでいます。

やはり、仕事もプライベートも、ゆとりをもった行動をとることの大切さを感じています。



明日、弊社は仕事納めです。


このブログに足を運んで下さる皆様、弊社とご縁のある皆様、本当に有難うございました。

2010年も宜しくお願い致します。


良いお年をお迎えください。



西本@経理



AD

冬の匂い

テーマ:

こんにちは音譜矢野@アートエンディングです。


どんどん朝の冷え込みが進み、布団からさらに出にくく

なってきましたね。

でもまだ12月・・・これからますます寒くなっていくのか

思うと、ワクワクしますニコニコ・・・私は冬が好きなので。


いえ、寒さは確かに応えますが、冬のキーンと冷えた匂

いがこの上なく好きなのですね。

青森では、早朝が怖いほど静かだと、布団の中から、

外は雪が積もっているとわかります。

雪は音を吸収するためなのと、自動車があまり走ってい

ないためです。そして、その後の雪かきと車のチェーン

の音、除雪車の音で、日常が動き出すのです。


越谷に住んでいるとそういった風景は皆無に等しいです

が、高校生まで青森にいて、雪が降ったことでの苦労を

知らないままこちらに来たので、子供が雪を待ち望んで

いるかのように、私も雪が積もらないかなと考えてしまい

ます。交通は麻痺して大変なんですけどね。


そのため、毎年必ず一回は雪をみに、スキー場へと足

を運んでいます。スキーウェアを着て寒さを感じないのな

ら、シンシンと積もる雪の音だけがする静けさの中を一

晩中歩き回りたいくらいです。

その美しさと静けさは日常にはない心静まる光景なので

すから。


今年は暖冬・・・四季の温度差があまり感じられなくなっ

てきた昨今ですが、寒い冬だからこそ、家の窓からもれ

る温かな電気の色や、給湯器から立ち上る湯気、コート

の存在が嬉しく感じられるのではないでしょうか?

AD