男女の言葉と行動のすれ違いを95.5%解決!
 

異性間コミュニケーション佐藤律子が
 

ビジネス、夫婦、婚活についてお届けします。
 

 

 

佐藤律子と個別メッセージができる公式LINEはこちら!

無料小冊子を4冊プレゼント中です♪

 

 

 

 

WEB版「ゼクシィ」の記事を監修しました!

 

「彼氏の呼び方どうしよう・・」という

 

とっても可愛いお悩みに答えています(^o^)

 

 

 

お付き合いしている彼の呼び方に

 

悩んだことはありませんか?

 

 

 

年上の彼を呼び捨てにしてしまっていいのか・・。

 

はたまた年下の彼を

 

あだ名で呼んでしまっていいものか・・。

 

 

 

また、呼び方を変えたくなったときに

 

どんなタイミングで変えるのが

 

ベストかも知りたいところ。

 

 

 

男性へのアンケート結果を基に、

 

異性間コミュニケーションのスペシャリスト、

 

佐藤律子さんに「本当に男性が喜ぶ呼び方」

 

について詳しく伺いました。

 

 

 

 

世の中の男性たちは、

 

彼女からどのように呼ばれると嬉しいのでしょうか?

 

 

 

20~30代の男性に

 

彼女からの嬉しい呼ばれ方についての

 

アンケートを実施し、

 

多かった回答とその理由をまとめました。

 

 

1)下の名前を呼び捨て


一番多かったのが「下の名前を呼び捨て」でした。

 

その理由の多くは、「親しみを感じる」

 

「距離が近くなった感じがする」というもの。

 

他の知人や友人はあまりしない「呼び捨て」は、

 

「ふたりだけの特別な関係」が

 

強調されるのが嬉しいのかもしれません。

 

 

2)下の名前に「くん、ちゃん」付け

次に多かったのが「下の名前に『くん、ちゃん』付け」。

 

理由は、「フレンドリーな感じがする」

 

「慣れ親しんでいる」などでした。

 

下の名前+「くん、ちゃん」も、

 

呼び捨てと同じように恋人同士という

 

近しい関係性を自覚ができて嬉しいようです。

 

 

3)あだ名(〇っちなど)

アンケートで多かった理由は、

 

「ふたりだけの世界がつくれる」

 

「仲良しな感じがする」など。

 

「あだ名」も親しみを感じる呼び方であり、

 

ふたりの間だけのあだ名であれば、

 

なおさら「特別感」を感じられることになります。

 

 

4)下の名前に「さん」付け


「下の名前に『さん』付け」を好む人も意外と多くいました。

 

理由は、「敬意を感じる」「優しい感じがする」など。

 

「さん」付けは、大人同士の呼び方として憧れを感じ、

 

また自分に対しての敬意を感じられるという点で

 

好む人もいるようです。

 

 

やはり特に親密さを感じられる

 

「呼び捨て」が一番多い結果となりました。

 

しかし相手の男性によってはそうでないことも・・・。

 

 

 

相手が年上の場合、年下の場合で

 

特に気を付ける必要があるので、

 

気を付けたいポイントについて

 

それぞれ見ていきましょう。
 

 

 

 

 

異性間コミュニケーション講師養成講座の

 

詳しくはコチラから

 

 

 

 

 

佐藤律子が男女間のコミュニケーションについて

 

週2回配信している無料メルマガはコチラから

 

 

 

 

 

佐藤律子が週1回の無料ライブ配信している

 

ICAファンクラブグループはコチラから

 

 

 

 

--------------------------------------------

◆佐藤律子の書籍一覧はコチラ◆

https://www.iseikan.jp/book/


--------------------------------------------

2年以内に結婚したいなら
佐藤律子の恋愛原理マンツーマンレッスン
https://www.iseikan.jp/lesson/


異性間コミュニケーションを学びたい
https://www.iseikan.or.jp/learn/


異性間コミュニケーションを教えたい
https://www.iseikan.or.jp/licences/

--------------------------------------------

佐藤律子のオフィシャルサイト
https://www.iseikan.jp/

和婚・旅館結婚式はアートブライダル
https://www.artbridal.co.jp/

--------------------------------------------