東北大学で講義「地域経営実践論」

テーマ:

もし、自分が異性だったら、

自分と結婚したいですか?


東北大学で講義してきました♪


「地域経営実践論」の事例として
「小さくて強い会社の作り方」という
私の会社(仕事)の在り方をお話しました。



上の質問から授業スタート!( ´艸`)


ほとんどの学生さんが、NO!の答え。


「自分と結婚なんて、ムリムリムリ~!」みたいな。

すごく頭がいい東北大生なのに、もったいな~い(`ε´)


しかし、この質問はなかなか秀逸で、


もし、自分が異性だったら、

自分と結婚したいかどうか?を考えるでしょ。


そしてNOだったら、どうしてNOなのか

理由を考えるでしょ。


その時に浮かんだNOの理由は、実は、

自分の最大の欠点・弱点なのですよ。


YESだったら、YESの理由が、

自分の最大の長所・強みなのです。


私の答えは、・・・もちろんYES!!


リベンジ力があるというか、生きる力があるし

見た目のキープに努力してるし、面白い(〃∇〃)


こんなイイ女、他にいないと思うもん(笑)


良かったら、あなたもこの質問に答えてみてね♪


もし、自分が異性だったら、

自分と結婚したいですか?


さて、


学生さんの関心は、

普通のOLからウエディングプランナーになって

30歳で起業したことの経緯。


そして、婚活の仕事をしていること。

カップル成立率40~50%である理由と

特に同業他社との差別化の仕方に興味があるよう。


「私がみんなの合コンをプロデュースしたら

参加した半分以上の人に彼女を作ってあげるよ」


「草食男子なんてこの世に存在しないし

ブスというカテゴリの女の子も存在しない」


「私が考える究極の少子化対策は、

今の常識や倫理観や法律を完全に無視するとして

日本人のDNAにぴったりの●●●●制の復活しかない」


などお話しする度に「おお~!」と、どよめく教室(笑)


少子化問題は、彼らが将来何の仕事に就いたとしても

必ず何かしらの影響を受ける問題です。


他人事ではない、自分事の問題。


今現在、恋愛で悩んでいる東北大生も多いようですし

自分の問題解決も含めて強い関心と興味を抱いてくれた。


やりがいのある、とっても楽しい講義でした