アトリエノビです。

新年の気分も薄れてきた今日この頃ですが、
教室にはだるまさんがたくさんあることで、
まだ新年気分を少し味わえます。

だるまさんといえば、ねがいごと。

「中学受験終わった」
「大学センター試験が近い」

そんな話もちらほら。

人生の中で、自分一人では立ち向かえないと思えるときありますよね。
そんなときはきっと だるまさんが力になってくれますよ。


こちら、なかよしアートの幼稚園組が作りました!

かわいいお顔をしていても、スゴい勢いで起きあがります!
むかーしむかし達磨大師というお坊さんが厳しい修行に耐えた姿を表しているというだるま。
その不動の精神が宿ったかのような素早い立ち直りをみせてくれます。


新聞紙をぎゅーぎゅーに丸めた中に紙粘土を仕込んであります。
面白いほど、もとに戻ります。


小学生クラスも、自分のだるまさんに不屈の精神を宿すべく仕掛けを施しました。
そのあとはデッサンの練習をしました。


久しぶりに鉛筆の音だけが聞こえる教室です。









鉛筆で濃い、薄いの調子の変化をつける練習です。

調子付けで調子良いね!
何かと縁起の良いアトリエでした。