1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-09-18

矢田部先生の『からだのメソッド』講習会に行ってきました

テーマ:◆あろま養生施術

〜アロマセラピスト仲間の皆さんへ〜
 

日本身体文化研究所 矢田部先生

『からだのメソッド講習会@西荻窪に参加してきました!
 

“夏の終わりから秋養生”の典子先生もご一緒に。

 

「座る」「坐る」ということに、はっとする気づきのある講義&ワーク

 

10月、11月&12月、矢田部先生のもとへ通い詰めようと、即決!

 

「座る」「立つ」「歩く」
中高校の授業でも導入されたら、素晴らしいだろうなあ

 

私自身、日々の施術の中で、西洋直輸入のアロマトリートメントの、施術者の身体の使い方や立ち姿は、そのままだとしっくりこないなあと感じてました。日本人に根ざした処し方があるはずだと。

 

■そもそも「整っている」というのが、どういう状態なのか■

 

〈アロマトリートメントにも〉
日本人の胃腸や骨格、いにしえからの生活習慣上の
「整う」という集合知があってもいいのではと……

 

その答えに通じる扉が、今日、開かれた思いです!!

 

まるでタイムトラベルのようなワクワク感♬

胡座(あぐら)立て膝が正式な場での作法だった時代


矢田部先生を真似てやってみると、
●鎌倉武士になったよう、即、立てます!
●職人さんが片方の脚を大腿部に乗せ、自らの足裏を作業台にしていたこと
●蓮華座という、左右の足裏を鼠蹊部に当てる胡座もできちゃいます。
下半身のうっ滞・むくみがすっきり!
●平安時代、十二単の中で当時の姫達はどんな座り方を?
今まで考えたことなくて、何だかドキドキします。
●料理の支度をする、お支えの人達は立て膝で作業を!

 

板の間に、畳の上に座ってきた、私たちの祖先

 

自然体で座るということを、これから学んでまいります。

 

矢田部先生の作品で、太極図を半分ずつにしたような檜のツール
胡座をする際に、仙骨の下に敷くと、すっと座れます♬

 

横坐りも、足首のカーブを支えてくれます。
ヒノキのいい香り。次回は購入したいなぁ。

 

矢田部先生『からだのメソッド』講習会の日程

⇒ こちらです
 

ご興味ある方は、ぜひ一緒に行きませんか?
私は次回、10月7日土曜10:00〜11:30に参加予定です。

 

ご一緒してくださる方へ
***<私、参加予定の日時>****
第三回 10月7日 
第四回 10月15日 
第五回 11月5日 
第六回 11月25日
第七回 12月9日
第八回 12月17日
******************

 

単発受講も大丈夫そうですよ~^ ^
その他の日も開催されます。

 

 

あろま養生施術に関する

【お問合せ・ご予約先】
あろま養生施術 代表 植松美穂
tel: 080-3080-7051

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-09-11

あろま養生施術ホームページこんな経緯で出来ました!

テーマ:◆あろま養生施術

あろま養生施術のホームページが出来ました~♬

その経緯も含めて、「どのように」の部分を下記に書いてみました。
ご覧いただけたら嬉しいです。

 

従来の「自分自身のサロン」という枠を変えて

『あろま養生施術』という手技や考え方・身体観を
お伝えし続けていくという、新たな試み
です。

 

特定のサロンという形ではないので
ホームページの見せ方に色々悩みましたが

 

********
あろま養生施術を

 

「受けたい方」
「習いたい方」
「使ってみたい方
(養生グッズ)
「集いたい方」

********

という、4つの扉(メニュー)を用意することにしました!

 

 

 

 

⇒ トップページ

 

 

【店舗案内/提携サロン】
 

養生施術や温石(おんじゃく)などをお伝えしたいと思っても

一人で行うには限界があります。

 

現在は、東京世田谷区経堂と岐阜市を往復していますが……

 

「養生施術、面白いんじゃない」「いいんじゃない」
「温石、サロンの施術に採り入れてみてもいい」

こんな風に言ってくださる方々が居てくれてこそ♡
有難うございます。

 

第一弾として
■ 養生施術が受けられるサロン
東京、愛知、岐阜

 

■ 温石が体験できるサロン
東京、石川

 

5つのサロンさんをご紹介しています。

第二弾、第三弾のご紹介もしていきたいと思います♬

⇒ 提携サロン一覧

 

 

【これまでの活動】
 

「からだやこころ」の不思議に魅了されて
仲間と一緒に活動してきた道のりを
実際の様々な写真ともに振り返ってみました。

 

● 調剤薬局本社との『薬膳とアロマ』
アロマプロ本科の卒業生さんたちと

● みんなの森ぎふメディアコスモスでのイベント
アロマプロ本科の卒業生さんたちと

● テニススクールでの反射区ハンド

● パティエールの方と『薫る食養生』5回シリーズ

● 都立高校での『セルフケア特別授業』

● 漢方薬剤師の先生や音叉セラピストさんとの『秋養生』

挙げ始めると、どれも懐かしく意義深いものでした!!

 

今後は……
直近では、11月19日(日曜)に『秋から冬養生』を開催予定です。

 

こういった講座・教室・イベントもホームページからお申込みいただけるよう準備しています。どうぞよろしくお願いいたします。

⇒ これまでの活動写真

 

 

【レッスン内容】
今回、添田健さんというIT専門家の方のご意見を賜りつつ、あろま養生施術ホームページを作成しました。

 

レッスン内容の全体像が分かったらいいね」との添田さんからのアドバイス

一生懸命、全体像をビジュアル(画像)にしてみたら

 

「説明がないとね~」「セラピストさんには分かるかもしれないけれど、初めての方が見ても分からないとね」とフィードバックが。

 

そんな訳で、心を込めて、レッスン全体像の説明を書いてみました。

ご一読いただけたら嬉しいです♬
 

また、末尾にご希望のレッスンのお問合せをしていただけるフォームも掲載しています。どうぞご活用くださいませ♡
⇒ レッスン内容

 

 

 

【サロンメニュー】

●あろま養生施術(姫ライン、月ライン、恵みライン)
●総合施術
●あろま温石xフェイシャル
●よもぎ蒸しx脚のむくみケア

 

末尾に、9月のご予約可能枠を載せています
(それ以外の日時は、ご予約済です)

 

こちらは、東京世田谷区経堂アロマパティオさんでの施術日です。

 

岐阜市レフィールさんでの施術日は、直接、お電話にてお問合せください。

 

9月は『あろま養生施術レッスン講座』もも開始しました!!
9月18日~22日10:00~(変則時間の日もあります)

 

9月23日はプライベートレッスンのため満席です(・´з`・)

 

養生施術レッスンも、お気軽にお問い合わせください。

皆さまのご参加をお待ちしています♬

⇒ サロンメニュー

 

 

【お問合せ・ご予約先】
あろま養生施術 代表 植松美穂
tel: 080-3080-7051

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-09-05

夏バテを引きずらない『秋養生』体験会のシェア

テーマ:◆あろま養生施術

夏の終わりから『秋養生』

 

9月に入って、朝夕は少し秋めいてきたけれど
身体だるい眠たい気力湧かない
……それって、夏バテを引きずっているのかもしれません。

 

私たちは一足先に、8月20日ギャラリー自由が丘にて

夏の終わりから『秋養生』体験会開催しました

その模様を、こちらのブログ記事でシェアいたします。

 


特に、ご家庭での養生のための『舌診』

参加者の皆さん、ひときわ盛り上がりました。
舌って、本当に個性があるんです!!

今回はじめて、自分の舌をじっくり見たり
他の人の舌をまじまじ拝見させていただいたり
ほんと、初めての体験でした~~♬
私の舌の状態など、下記に一部記載しますので

参考にしてみてください。面白いですよ。



冬養生(11月19日、都内某所)、春養生、夏養生と続けてまいります。

今回の秋養生の模様をご覧いただいて、次回はぜひ♬
ご一緒に養生体験してみませんか?


養生体験の内容
◆漢方薬剤師 鈴木典子先生の秋養生のお話
*典子先生のご紹介は記事の末尾に掲載しています。

こちらに五季(春、夏、長夏、秋、冬)と五志(怒、喜、思、憂、恐)が加わります。

 

五行色体表って、何度聞いても分かったような分からないようなって感じだったりしますが、

典子先生の30年に渡る経験から紡ぎだされたお話しは、滋味あふれる旬の食材のように体内にすっと入り込んできます。

身体と春夏秋冬の自然界の営み……自分は今どういう状態で、どんな養生をしたらいいのか、自分のこととして学べるから腑に落ちるし、実践的です。

 

食材のパワーのお話し
「夏の猛暑をくぐりぬけて、秋のからだはとても乾燥しています。ご自身で思う以上にからだは消耗しています。」「汗でうばわれた潤いを、食べもので、からだの中から補いましょう」(典子先生の養生コラムより)

 

秋養生体験会では

◆棗(なつめ)、枸杞子(クコの実/果実)、菊花(杭菊花)のお茶は「飲む目薬」という典子先生のお話を聴きながら、大人の目の不調ケアの薬膳茶を楽しんで

 

◆季節ばかりでなく、人生や腎精(じんせい)の秋養生へと話しは進み

女性としてこれからの人生をいかに謳歌していくかという流れの中で

 

日々の養生の道しるべとなる『舌診』で、互いの舌比べ♡

 

 

秋の悲しみをとる野菜ともいわれる、金針菜(百合のつぼみ)

その金針菜を練りこんだガレットと、米麹甘酒を楽しんで

 

◆典子先生の「気をイメージするワーク」

 

秋は肺ケアの季節ということで

 

五季、五臓と六気

春/肝__ 風

夏/心__ 火・

長夏/脾__湿

秋/肺__燥
冬/腎__寒

 

◆日根靖子さんによる音叉の肺バージョン体験

 

典子先生のお話では、夏バテとは、暑さによる疲れ、湿気による疲れ、(冷房などの)冷えによる疲れだそうです。

 

そこへ忍びよる乾燥……秋の気配
「秋のはじめ、乾燥と湿気が行ったり来たりするのが不調のもとになります」
「特にのどの健康に気を付けましょう」(典子先生の養生コラムより)

異常気象といわれる昨今の気候では、特に燥と湿へのケアが大切です。
なるほど……( 鼻― 耳― 皮膚)ですね~♬

 

◆今回は全員のかたに体験していただく時間がありませんでしたが

次回、冬養生で活躍するであろう、温石(をんじゃく)による冷え取り体験

お腹温め(胃腸や丹田)背中側は左右の腎臓、副腎

 

それにしても盛り沢山な内容でした!!

 

そして、今回の秋養生体験会で集まった方々が

自然とご自身の話をされたことが、何より素晴らしかったのです。

 

~腎の精と、49歳からも輝く人生~

そんなタイトルを冠した典子先生のお話し

 

中国最古の医学書『黄帝内経』に記された腎気の盛衰の周期
女性は7の倍数、男性は8の倍数」に

心身に変化が起こるとされているそうです。

 

49歳は女性の節目年齢

 

「(49歳)後、腎精はますます衰え、加齢に伴うさまざまな病気、老化現象が顕著になってくる」(典子先生の養生コラムより)

 

心身の不調や家族関係のことを、典子先生に聴いてほしいというのが大きいとは思いますが、体験会に参加された皆さん、自発的にご自身の話しをし始めるのです。

そしてお互いに、誰も相手の話しを非難したり、否定したりせず、寄り添える体験談を自ら積極的に話されたりと、ステキな『場』が生まれました。

人は……殊に女性は、関係性の中で癒される
「貴女もそうなの」という共感の中で、自分や相手を互い癒していく能力が

本来女性は優れているのだと思うのです♬

 

さて、さて……

典子先生の食養生のお話し(旬の梨は皮のまますりおろして食べてみる)などお伝えしたいことはいっぱいですが、ここはひとまず、『舌診』へ。

 

舌診とは、舌全体の形態や色、舌苔(舌の上の苔)の色、厚さ、質から

一人一人の体質や健康状態、五臓の不調などを診るもの。

 

漢方医のかたが行うのは診断ですが

私たちが日々の生活の中で採り入れるのは、健康チェック

 

今の自分の体調や体内の状態を知る、道しるべ

*なぜ道しるべかというと、過去の生活習慣を記憶しているし

今の状態を見せてくれるものだし、近未来も映しているものなので。

 

上記の写真はリアルで衝撃的ですが

本当に舌って、白っぽかったり、赤かったり、紫がかっていたり

舌の中央に亀裂が走っていたり、斑点があったり、乾いていたり、白くて厚い舌苔(こけ)で覆われていたりと、人それぞれなのだと実感します。

 

同じ人でも日々の体調や、生活習慣などによって、舌の状態が変わってくるというのもまた示唆に富んでいます。

 

その移り変わりをチェックしていくことが、道しるべなんです♬


淡紅色、薄白苔、大きくもなく、適度に潤いがある舌が理想的だそうですが、

べったりとした白い舌苔や、ぼってりとした舌は、冷えやむくみを。
つるんと赤い舌は、体内に熱が籠る状態。
痩せて乾いて紫がかってる舌は血の滞りを。
舌の裏には、怒張(どちょう)している静脈が見える場合も。

その他、色々な情報を知ることが出来るのだそうです。

 

 

私の舌はというと……

典子先生に「気虚の教科書通り」と言われてしまいました~~!!

ぼってり肥大して、周りに歯痕のついた舌

はい!……水分代謝が低下しているのです。
(歯形が付くほど、舌にむくみがあるのです)
それはそのまま体内の状態を表しているのだそうです。

 

まさに施術者の不養生……面目ない!
外資系金融時代から、いったん仕事や作業に集中すると、何時間もPCに向かったままトイレにさえ立たないという有り様。

その積み重ねが、今の舌(=体内)の状態を作っているかと思うと……

典子先生:
「ちゃんとおトイレに行ってくださいね」
「膀胱に尿意を思い出してもらうところからね」
典子先生のアドバイスに、小さな女の子に戻ったような所在なさ

 

「気は血や津液を動かす働きがあるでしょ、気虚だと流せないから留まってしまうので、瘀血やむくみになるの。」

肺(鼻、耳、皮膚)のところ、養生には乾布まさつをしましょう!毎日5分くらいキュッキュッ!」と、養生法のアドバイスもいただきました。


「ご自分の体からの合図をキャッチしてあげることが大事です」と。

 

私: はい!!
気虚(気が足りていない状態)……年齢的にもちょっと疲れているのかも。養生、養生♬

 


舌診とは、日々の養生において、何となくこんな自覚症状があるけれど定かではない感覚を、舌の状態で再確認するという面もあるのではないでしょうか。
 

人間の感覚は不確かな部分もあって、殊に自分のこととなると分かりづらいものだから、舌診のような「見える形」のもので、日々の養生の考え方を補う必要があるのでしょう。

 

 

次回、11月19日(日曜) 『秋から冬養生』体験会

都内某所で開催予定です。

典子先生の舌診も行われます。

 

鈴木典子 先生 

東北大学 医学部薬学科卒 薬剤師 

 

恩師 邱 紅梅先生に師事し中医学を基礎から学ぶ。 

漢方薬・生薬 認定薬剤師 

日本統合医療学会 認定薬剤師 

日本中医学会会員 JMHA メディカルハーブ コーディネーター 

 

 

★─☆。o゚。★─☆。o゚。

〜典子先生より、今回の秋養生に向けてのメッセージ〜 

大学時代から関わってきたメラノーマがん細胞の研究から180度方向転換。

30年程前から中医臨床の世界に魅了され、今なお漢方薬を学び続けています。 

 

食事や睡眠、年齢とからだの変化を中心にした中医学的「養生法」を知って頂き、これからの人生を健康で美しく生きていくためのヒントをお伝えする活動をしています。 

 

8月20日の『夏の終わりから秋養生』では、この夏の猛暑や冷房でダメージを受けたからだを癒し、体力を整えて、来るべき冬に備えながら、秋を楽しく過ごすための養生についてお話ししたいと思います。 

 

また女性の一生のリズムを中医学的に考慮しながら、心とからだを養い、エイジングの波を緩やかにするお手伝いをしたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

★─☆。o゚。★─☆。o゚。

 


次回11月19日『秋から冬養生』体験会に参加したい!という方は
下記の連絡先から、参加希望の方のお名前をお知らせください。

体験会詳細が決まり次第、ご案内申し上げます。

 

『秋から冬養生』体験会(3時間)は

○典子先生の『秋から冬養生』のお話し&舌診

○冬養生のお茶&お菓子
○音叉や養生施術などの体験
全て含めて、3,900円を予定しています。
 

 

【お問合せ・ご予約先】
あろま養生施術 代表 植松美穂
tel: 080-3080-7051

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-08-16

あろま養生のレッスン全体像とフォローアップ

テーマ:◆あろま養生施術

あろま養生のレッスン全体像とフォローアップです。

▮レッスンを始めると、どんな道筋があるの?▮
というお声にお応えして……

 

9月からの『あろま養生施術』の一連のレッスンと
フォローアップ&提携関係をイメージ図にしました。

どうぞ末永くよろしくお願いいたします。

 

 

あろま養生施術(姫/月/恵み)部分

  • ホームケアを目指すかたは、基礎実技から始められるのをおすすめします。
  • 結果にこだわりたいアロマセラピストのかたは、姫ラインからどうぞ!!

 

アロマプロ本科(70時間)を卒業された方は

◆あろま養生施術へ進む

◆温石(をんじゃく)実技レッスン

◆よもぎ蒸し講座を習得

 

または、プロのアロマセラピストとして活動しながら

◇ブラッシュアップ研修に通う

◇症例研究会に参加するなど

フォローアップの楽しい機会もご提供しています。

 

『あろま養生施術』を修了されたかたは、教室のバックアップや共同企画、『あろま養生施術を受けられるサロン』、『温石(をんじゃく)を体験できるサロン』として、当方のホームページ上でもご紹介させていただきます。

 

8月中に、新しいホームページが完成する予定です。
こちらもよろしくお願いいたします。

 

そんな中……

早、あろま養生施術(月ライン)のレッスン受講者の方が♬


【レッスン日】
9月 9日 (土曜)10:00~14:30
9月23日(土曜)10:00~14:30

 

そのため、両日(9/9 9/23)とも
9月9日 および 9月23日

夕方の部16:00~20:00
姫ライン<受講希望の募集>をいたします。

8時間(4時間x2回) 39,600円(税抜)

 

【開催場所】 アロマパティオ
小田急線 経堂駅 徒歩1分
世田谷区経堂1-19-3 YRビル2階

 


 

「姫ラインに興味がある!」というかたは
どうぞお気軽にお知らせください。

個別のご相談承ります。

 

【お問合せ・ご予約先】
あろま養生施術 代表 植松美穂
tel: 080-3080-7051

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-08-07

8月20日 夏の終わりから秋養生

テーマ:◆あろま養生施術

猛暑に、照りつける太陽、台風の接近
冷房による冷えやだるさ、寝不足


夏真っ盛りの今だからこそ

夏のダメージを残さない、引きずらない

<夏の終わりから秋養生>について
ご一緒に美味しく?!考えてみませんか?

■陽の中に陰■
夏に秋の気配を感じるのは季節も、人生も同じ

 

8月20日(日曜)ギャラリー自由が丘で開催
世田谷区奥沢5-41-2 アトラス 自由が丘ビル
アクセス

 

『夏の終わりから秋養生』体験会で

~腎の精と、49歳からも輝く人生~

秋養生の知恵についてお話しいただく

漢方薬剤師の鈴木典子先生のアドバイス①

スイカスイカスイカスイカスイカ

夏の暑さで奪われた水分不足による疲れには

果物効果的にうるおいを補いましょう

スイカスイカスイカスイカスイカ

 

今年は、大手のカフェチェーン店で

すいかのジュースが登場したように

すいかの人気が急上昇!!

 

タイのバンコク好きの私には、夏のすいかジュース

涼をとりつつ、疲労を回復するには、定番中の定番

 

また、典子先生のアドバイス②

 

花火花火花火花火花火

秋は「悲しみの季節」ともいわれます。

金針菜は「忘憂草」とも「悲しみをとる野菜」ともよばれます。

自律神経を整え、よい眠りをサポートするメラトニン様物質が

多く含まれています。

花火花火花火花火花火

 

8月20日の養生体験会でお出しする予定の

味噌ガレット(長野県産の味噌、くるみ、甜菜糖)
黄金の金針菜を練りこんでいただく案を

本日、ケーキ工房『HERB Pot ハーブポット』の
パティシエール谷口英子さんと打ち合わせ♬

長野県木曽福島の米麹を使ったマダム英子の

米麹甘酒も一緒に召しあがっていただく予定です。

 

■典子先生の秋養生のお話の深い気づきと

■マダム英子の西洋&東洋の食材♡スイーツ

■リンや音叉の音に癒される時間と

■アロマや温石で夏冷え解消など

 

盛り沢山のわくわくを揃えて

ただ今ご予約 ♡ 絶賛承り中です!!

あろま養生施術 代表 植松(tel: 080-3080-7051)まで
参加希望をお知らせくださいませ。

皆さまのご参加をお待ちしています。

体験会の詳細は、下記のチラシをご覧くださいませ。

 

 

【お問合せ・ご予約先】
あろま養生施術 代表 植松美穂
tel: 080-3080-7051

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-08-05

日本古来の身体の使いかたは、私たちセラピストも

テーマ:◆あろま養生施術

n

日本人の<佇まい>の美

 

矢田部先生(日本身体文化研究所)の身体の使いかたのお話は、セラピストの皆さんも聴いたらきっと目から鱗……開眼なのではと思います。私もそうだったので。

 

8月1日 慶応義塾 日吉キャンパスで開催された第4回 「道の学校」

【ゲスト】

矢田部英正 先生(日本身体研究所 代表)
水鳥寿思 監督(体操/アテネオリンピック団体金

メダリスト/リオデジャネイロオリンピック団体金 監督)

【ファシリテーター】

稲葉先生(東大病院)

前野先生(慶應SDM)


隔月で定期的に開催されていて、先日、拝聴してきました。

 

2020年東京オリンピックが代表選手の皆さま以外にも、一般の私たち(何らかの形で心身に関わる者)や、その他すべての人たちにとって、身体の使いかたを見つめ直す好機だと捉えて、無料で開催してくださっている先生方

 

今回の矢田部先生の東洋の身体観、水鳥監督のアスリートの視点は、仲間のセラピストの皆さんにもぜひ知っていただきたく、先生方のお話や著書から、セラピストとして日々の施術とのつながりで感じたことを、下記に書いてみました。

 

クローバー私たちはアロマセラピストとして

心身が整う状態を目指して施術するのですが

それではそもそも<整っている>とは?

クローバー日本人である施術者として

身体感覚/皮膚感覚から思うのは
㋹ 身体内部にうっ滞しているところが無く

㋹ 身体が温かく柔らかくて、血行も良く
㋹ むくみもなく、全身が流れていて
㋹ 心も晴れやかで、軽く
㋹ 内部の結果として、肌ツヤもある状態

 

アロマトリートメントというヨーロッパからの施術法を行っていても、施術者として年月を重ねるうちに、体表に近い筋肉よりも、さらに深い身体内部へと自然に思いを馳せるようになります。それは内臓の状態だったり、骨の際や経絡、セン(タイ古式)などの身体内部のつながりだったり……

日本人である私たち施術者のこういった特徴も

一個人の特性というよりも

クローバー民族的な、文化的な背景を伴っているクローバー

と気づかせていただけたことが、開眼たっだのです。

「身体内部を感覚的にとらえていく技術」 (たたずまいの美学 矢田部先生著)

 

先日の矢田部先生のお話は、「ギリシャ彫刻に見る肉体の均整美と、仏像の佇まいの美」に触れつつ、日本の佇まいが秘めるものは、内観であり、身体の自然性であると。

たくましい胸筋と、上昇への世界観
VS
内へ内へと感覚を澄ましていくことで
大きな自然とつながる、佇まいの空気感

 

東西の文化的な、民族的な世界観の差異は
身体技法(身体の使いかた)にもつながるのだそうです。

 

************

<たたずまいの美学>の中から


白隠は養生法のなかで自律神経の中枢である「鳩尾をゆるめること」を重要視しているのだが、鳩尾の緩んだ状態というのは、ちょうどその裏側に位置する胸椎周辺部の後湾曲としてあらわれる。

 

骨格の自然な構造に基づいて行動することを、古来日本人は重要視していた。

「力任せ」は…(略)…血流や気の流れの循環を妨げる。
************

どうでしょう!この内部感覚、身体の使いかた
私たちセラピストにとって気づきの宝庫です。


~ピンと胸を張った西洋的な姿勢のいい状態~
これを続けると鳩尾の辺りが緊張することに。

多くの現代女性が鳩尾に詰まりを感じている中
猫背を矯正しようと胸ピン!の姿勢をとったら

気は上がり内臓は圧迫され、リラックスできません。


従来の■姿勢がいい■とされている状態は
実は、心身が<整う>ことにはならない……

 

立ち返るべきは、座る・立つという基本動作
そこに佇まいの美感があるのだと学びました。

㋹ お臍の下に中心点があって
㋹ 肩や腕が脱力していて
㋹ 鳩尾が緩んでいて
㋹ 胸椎周辺部の後湾曲があって(S字カーブがあって)
㋹ 骨だけで座っている/立っている状態


<たたずまいの美学>(矢田部英正氏 著)

セラピストの皆さんにぜひ、おススメです♬

 

 

8月1日はもうお一方

体操男子日本代表 水鳥監督

 

その前にちょっとこのノートをご覧ください。
アロマセラピスト養成講座を受講された生徒さんのもの

 

絵が上手いなぁとか、そういうことではなくて(・´з`・)

こちらの生徒さん、施術モデルを受けながら、私がレッスン相手の人へ手技を案内していると、「こんな感じですか~」と、ベッドにうつ伏せになりながら、アームレストにノートを置いて、すらすらこんなイラストを描いてしまうんです!!



何を言いたいかといいますと……
彼女は「施術を受けながら、今、どんな施術をしているのか」
とてもリアルに感じ取ることができるのです。

さらに彼女が見て想像できるのは、外部から見た施術の動き(手順)だけでなく
(お客さまの)身体に触れている、その手の動き、指腹の感覚そのものだということです。

それに対して、レッスンをしていてどうしても、外から見た講師の手技の動きだけを追ってしまう生徒さんもいます。
ご自身で施術する時も、外から見たご自身の動きだけに意識がいくので、指腹や掌の皮膚感覚/身体感覚に集中できなくなってしまいます。

セラピストが感じるのは身体内部の状態であり
自分自身の内部感覚との呼応であるのが望ましいのです。



体操男子日本代表 水鳥監督
ビデオで観る一連の技の動きを
◆ビデオの視点で外から見ているのか
◆す~っとその人物の内側に入って

同じ視点で見えている(想像できる)のか

 

そのリアルな身体感覚(内部感覚)こそが、トップアスリートと呼ばれる選手の特徴でもあるとお話しされていました。

ビデオを観るだけで、その技が出来てしまう!!

 

ハンドスプリング(助走から倒立して転回飛び)の映像を観ながら、前方倒立で手が付く瞬間の、眼下のマットが見えるような、そんなリアルな身体感覚

 

からだの使いかた、身体性、身体感覚

私たちセラピストにとっても

汲めど尽きせぬ興味の対象

 

トップアスリートではない私たちの身体感覚は

人から人への感覚でしか伝わらないものだから

 

なるべく、同じ方向で、手を重ねて
「こういう感じです」「こんな圧加減です」
「こんな力の抜き方です」
「内部の状態は、こんな感じです」
「うっ滞というのは」「むくみというのは」
「強張り、ハリというのは、こんな感覚です」

 

縁ある方々へ、まずは自分の周りの方々から

丁寧にお伝えしていきたいと思っています。

 

2020年東京オリンピックまで、あと3年

 

【お問合せ・ご予約先】
あろま養生施術 代表 植松美穂
tel: 080-3080-7051

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-07-23

養生 実技講座_フェイス・リフティングはバストアップから

テーマ:◆あろま養生施術

フェイシャルの仕上がりを、もう一段階

大人の女性の満足感を高めたい!!

そんなセラピストさんにお伝えしたい

 

大人の女性のフェイス・リフティングは

実は、<バストアップ>からということ
言ってしまえば、<骨盤底筋>から!!

 

リフティングでねらう耳の周りや側頭筋は

喉や胸、脇腹や横隔膜、骨盤底筋まで

筋膜で一つにつながっているからです。

 

からだのつながりの中で
リストアップという効果を見つめなおすと

今までとは違った施術法が見えてきます。

従来のアロマトリートメントは

背中側の施術がメインでしたが

 

お客さまがフェイシャルの効果を

最大限に実感していただくためには

<仰向け>の施術がいかに大切か

ということが、自然と腑に落ちるのです♬

 

仰向け施術、時間の関係で省かれてしまうのは

もったいない、日本人のからだ環境を整えるには

実は〈仰向け施術〉なんだけどなぁ〜とお伝えしたい♬

 

そんな訳で、バストアップ施術講座をいたします♬

⚪️現在の施術のプラスαとして
⚪️ご自身へのケアとして
ぜひ一度、お体感ください🍀

 

~フェイス・リフトのための~
『バストアップ施術講座』

2時間 12,000円(税別)

【会場】 岐阜 アロマ亭咲くら

岐阜市長住町9-11 TANAKAビル9階

*2017年9月より、活動拠点が東京世田谷区に移るため

岐阜市 アロマ亭での講座はこちらが最後になる予定です。

 

それもあって、感謝の気持ち♡価格で
岐阜市 アロマ亭咲くらでの【最終講座】を
8月初旬に、急きょ開催いたします!

ほんとに急で……ご予定の合うかたはぜひ🍀

 

あろま養生施術など、興味があったというかた♡

『バストアップ施術講座』を受講してみませんか?

あろま養生施術の根幹部分をお伝えします。
<からだのつながりの中で>効果を出していく
講座を通して、その感覚を得ることができます♬

 

【2時間の講座内容】
〇 リフティングのための解剖生理学

〇 リフティングのためのバストアップ実技

〇 リフティング・フェイシャル
* 基本ペアでレッスンします。
*レッスン中、講師(植松)の施術も受けられます。

*温石(をんじゃく)の効果的な活用法もご案内します。

 

【開催日】 各回 定員 4名さま

① 8月4日(金曜) 10:00~12:00 

② 8月4日(金曜) 13:00~15:00

③ 8月4日(金曜) 18:00~20:00

④ 8月5日(土曜) 10:00~12:00 

⑤ 8月5日(土曜) 13:00~15:00

⑥ 8月5日(土曜) 18:00~20:00

⑦ 8月6日(日曜) 10:00~12:00 

⑧ 8月6日(日曜) 13:00~15:00

⑨ 8月6日(日曜) 18:00~20:00

 

【受講対象の方々】
〇セラピストとして活動しているかた

セラピスト以外のかたも大歓迎です。
レッスン日時を調整しますので
お気兼ねなくお知らせください。

〇セラピストを目指すかた
〇セルフケア/ホームケアとして学びたいかた

 

【お問合せ・ご予約先】
あろま養生 代表 植松美穂
tel: 080-3080-7051

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-06-15

7月2日 第五回 和あろまと薫る食養生

テーマ:◆あろま養生施術

7月2日午前の部【満員御礼】
7月2日午後の部 <<ご予約承り中>>です!!

第五回『和あろまと薫る食養生』
テーマ: 柑橘系

<<和あろま>>
●屋久島産タンカンを天日干しした果皮のチンキ活用術
(鼻スプレー、マスクスプレーなど)
●柑橘系(愛知産の美生柑)の水蒸気蒸留の体験
●果皮から圧搾したアロマオイルとの違いを比べてみる
(もちろん、絶品の果肉はお塩と一緒に堪能します)

 

■タンカンのチンキで、住まい養生(講師 植松&松浦)

<<パティシエールMadam英子の薫る食養生>>
☆酢の替りに、柑橘を活かした夏のちらし寿司
☆タンカンのコンフィチュール
☆小田原産バレンシアオレンジとミントのティラミス

 

古代の日本において【菓子】とは、果物をさす言葉だったようです。

(菓子の菓の字からも納得です)

パティシエールと一緒に楽しみながら、学ぶ
五回シリーズ『和あろまと薫る食養生』講座

シリーズ最終回にぴったりなテーマ、柑橘系
今回は、屋久島のタンカン、愛知の美生柑

小田原のバレンシアオレンジを!!

~基本、口に入れられるもので、肌からだ養生も!~
というメッセージをお伝えしたくて

同じ志しを持つ仲間たちと一緒に開催してきた

『和あろまと薫る食養生』シリーズ

最終回は~薫るものを、普段の食に加えましょう~
という「和あろま(薫り)から食へ」の逆アプローチ

これまでに色々な植物(桜の葉、山椒、薔薇の花びら&実、ハイビスカス、クロモジ)を、チンキ(ウォッカなどに薫りの成分を浸出させたもの)にして、皆さまと楽しんできましたが、今回は、屋久島のタンカンのチンキです!!

チンキの素晴らしさを、もっともっと生活に活かしていきたい♡
保存がきくチンキは、冷蔵庫で保管すれば、いつもの料理にちょっと薫りを足したいという場合にもとても便利です。芳しい薫りがお料理の美味しさを、より引き立ててくれます。

そして、これまでにお伝えしてきた『肌からだ養生』、『薫る食養生』以外にも、生活環境として『住まい』を和あろまで整えるという、ワクワクのご提案をさせていただきます♬

◆柑橘系の薫り成分の楽しみ方◆
① 自分たちで、果皮の油胞にあるアロマオイルを絞ってみる
② 果皮を使った水蒸気蒸留法を体験してみる
③ 2週間ウォッカに漬け込んだ柑橘系チンキを楽しむ

◆◆◆第五回『和あろまと薫る食養生』講座◆◆◆
開催日時:7月2日(日曜)

定員:各12名さま

午前の部:10:00~12:00 【満員御礼】
午後の部:13:00~15:00 絶賛承り中!!!

開催場所:HERB Pot ケーキ工房ハーブポット
愛知県犬山市大字羽黒字北金屋14-8

駐車場多数有り

参加費:3,900円
(和あろま体験&レッスン、薫る食のランチ、タンカンのスプレー付き)

【7月2日午後の部のご予約先】
あろま養生 代表 植松美穂
tel: 080-3080-7051


第一回~第四回『和あろまと薫る食養生』 アルバム
その模様の一部をアルバムにしました♬
FBを見られる方は合わせてご覧くださいませ(●´ω`●)
 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-06-11

七夕♡からだ養生~大人のフェイシャル編~@長久手

テーマ:◆あろま養生施術

今までは自己流でも、特段ケアなしでも大丈夫だった、「わたしのお肌」

年齢を重ねるうちに、ある日突然、様子が違ってくる。どうしたら?

 

そんな時、こんな風に考えたらいかがでしょう?

◆必要なものは、貴女のからだの中にあります◆

~ハリ、ツヤ、潤い、輝き~

例えば、むくみがあるのに、カサカサ肌の乾燥が気になる……

これは、必要な水分を、「体表まで届ける力」が足りない状態

 

ならば、肌そのものの「毛細血管」「毛細リンパ」に活躍してもらいましょう♬

 

 

『あろま養生フェイシャル』が、人の手だけで

どのように大人の肌へ結果を出すのか

~くすみ解消、ハリツヤ、肌の輝き~

 

プロのアロマセラピストが、ご家庭のセルフケア用に、そのコツをご伝授!!

 

使用するのは、アロマ入りのトリートメントオイルと蒸しタオルだけ!

今こそ、体のしくみから、日頃の肌トラブルに向き合ってみませんか?

 

 

『七夕♡からだ養生~大人のフェイシャル編~
ご家庭で、即実践
大人のアロマフェイシャル・レッスン 90分

 

開催日時: 7月7日10:00~11:30

開催場所: ラポール Rapport プライベートサロン
愛知県長久手市鴨田701 

最寄駅:リニモ東部丘陵線はなみずき通り駅 徒歩約10分

参加費: 3,900円
ご家庭でのセルフケアにピッタリの

アロマ入りトリートメントオイルをプレゼント

 

講師: 山下育子(ラポール・オーナー)&植松美穂

 

【お問い合わせ・お申し込み】
あろま養生スクール 代表 植松美穂
tel: 080-3080-7051

皆さまのご参加をお待ちしています

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-06-07

蒸留し立ての薫り_第四回『和あろまと薫る食養生』

テーマ:◆あろま養生施術

【大人のきちんと綺麗、理科実験室

 

そんな風景が、6月4日(日曜)愛知犬山の

ハーブポットさんで繰り広げられました~♬

6月4日(日曜)愛知犬山市 ケーキ工房 HERB Potにて
 

●長野(木祖村&安曇野)のクロモジ蒸留体験
●バラの花びら&実、ハイビスカス、山椒

そして、クロモジのチンキ(ウォッカで滲出させたもの)

 

㋹ 基本、口に入れられるもので、肌・からだケア
㋹ 肌につけても安心なもので、ルームスプレーも
㋹ 口に入れてもOKなもので、まな板等キッチン周りも

 

そんなメッセージをお伝えしたくて

自然に行きついたのが、植物のチンキ


防腐剤のアルコール分も、エタノールでなくて、ウォッカや焼酎、日本酒でというのが、HERB Potパティシエール/ハーバリスト英子さんを中心とした『薫る食』チームのこだわり。

ウォッカがアルコール度数的に、チンキに最適なのだそう(by マダム英子)

 

【【そして本日、もう一つ、衝撃的だった薫りは】】

日本の和あろま 【クロモジ】の蒸留水

親水性の成分(水蒸気蒸留で水に溶けだしたもの)と
微量に採れるアロマオイル(蒸留水のうわばみ部分)を
分けることなく、まるごと活用した【クロモジ水】

 

蒸留し立ての、薫り高いクロモジ水

自然に近い薫りで、清々しい新鮮さと
細胞の隅々まで届きそうな繊細さ

まさに衝撃的でした!!!

 

◆蒸留し立ての薫りを、肌につける、髪にまとう◆

参加されたかた、皆さん
楽しく、真剣で、気づきのある遊び=学び

 

 

【大人のきちんと綺麗、理科実験室】(続き)

~クロモジ蒸留体験 編~

16年間、素材にこだわってケーキやパンを作ってきた
ケーキ工房&カフェ HERB Potさん

 

北海道の江別製粉の「みのりの丘」、「クーヘン」、「ドルチェ」、「全粒粉」、「ライ麦全粒粉」、「発酵バター」、「有機エクストラバージンオリーブオイル」、「九鬼太白ごま油」、富山銘水赤卵、有機ドライフルーツとナッツ、天然酵母

 

16年間にケーキ工房&カフェに息づいた、幸せ菌

ハーブポット菌が♡すべてを美味しくする

訪れるかたの中にはそんな感想を述べるかたも♬

今日はそんな言葉を、空間の柔らかさの中に感じました。

 

6月4日 ~ 薫る食 編~ @HERB Pot

IL PLEUT SUR LA SEINE 式
『薫るご飯』は、英子さんと由美さんが
前々日から仕込みに入って炊き上げるもの

 

レシピは参加者の方へ公開しているので、ほんの一部を

■■出しの取り方が素晴らしい■■■

いりこ、昆布、干し椎茸、切り干し大根、刻みアーモンド、オリーブオイル♬

●IL PLEUT SUR LA SEINE式
ソラマメご飯、茗荷の味噌汁
●木曽福島の味噌と、マダム英子の甘酒、胡桃を使った特製シフォンケーキ
●味噌と甘酒のディップで、木祖村のお野菜カクテル
●安曇野のクロモジ茶

【本日、参加者のかたのアンケートには】
☆お食事もケーキも体にいいものばかりで、見た目もすてきで、楽しませていただきました。ありがとうございました。発酵食品を使った料理、ケーキなどを教えてください。

 

☆お料理の見た目がとても美しくて上品で、味か優しくとても美味しかったです。食とアロマの講座をまた受けたいと思いました。

****
こちらこそ、有難うございます♡

 

6月4日 ~薫るからだ養生 編~ @HERB Pot

クロモジのチンキ(浸出液)を使ったスプレーで
ヘッドマッサージのプチレッスン

 

本日は、①百会のツボをご案内して、内臓ケア
②眼精疲労などの改善に、側頭部の緊張を緩める練習

つむじはどこですか?わたし、二つあるんです~など
楽しいひと時でした♬ 何よりクロモジの薫りに癒されます。

 

▮講座後は、4種のチンキを使って

色々な場面で活用できるマダム英子による

スプレー作りの実演をしました!!

●マウスウォッシュになったり

●うがい液になったり

●まな板にシュシュっと

●痛む膝に湿布して

●肌に髪に ●ルームスプレーにも

元来、ご家庭での養生とは

食べても、塗っても、お風呂にいれてもOK

そんなシンプルさの中にあったのではないでしょうか?

 

そして、養生に用いる植物そのものに力があった!!

今回、活用したのは

長野県木祖村のクロモジ(木、樹皮)
安曇野のクロモジ(葉)

香川県の山椒など
すべて無農薬、無化学肥料

 

木祖村は木曽川の源流がある村
香川も水が美味しい土地

 

つまり自然のパワーある土地に植生している木々や葉、実などから、有り難くその栄養をいただく……それが、いにしえからの養生なのです。

 

【参加者のかたからの感想】
☆クロモジが体にいいことを、はじめて学びました
☆1本のチンキを薄めた液で、かゆみや痛み、ルームスプレー、化粧水、うがい薬など幅広く活用できるのだと勉強になりました。
*****

 

■次回は、7月2日(日曜)@HERB Pot 愛知犬山市■
第五回 和あろまと『薫る食』養生
テーマ: 世界の柑橘系

薫る食は、柑橘系を使った夏のチラシ寿司

参加費: 3,900円
(薫るご飯、和あろま&ハーブケア・グッズ
からだのレッスン代、全て込みの参加費)


次回用のハーブのチンキも

はや仕込みに入りました!

 

なんと次回の午前の部は【満員御礼】
★★★午後の部をご予約開始いたします!!

午前の部10:00~12:00 【満員御礼 14名】
午後の部13:00~15:00 ご予約承り中

 

貴女もご一緒に楽しみませんか?

次回は、薫り高い柑橘系のチンキを使って
「食に薫りを加える」というご提案です。

そしてアロマトリートメントサロンや代替療法サロン、こだわりのカフェオーナーなど、『私のところでも、同じような大人の実験室を開催してみたい』というかた

どうぞお気軽にご相談ください。
そのお気持ちのお手伝いをいたします。

 

【各種お問い合わせ・お申し込み】
あろま養生スクール 代表 植松美穂
tel: 080-3080-7051

皆さまのご参加をお待ちしています

 

◆◆◆追記です♬ ◆◆◆
同じラベンダーでも、【アロマオイルの薫り方】と、【蒸留した場合】、【チンキにした場合】の薫りはそれぞれ違っていて……

 

『薫る養生』では、参加者の方々がその違いを実際に利き比べて、色々な薫りの立ちかたを楽しんでいます。

 

これら全てをご家庭やサロン/個人スクールで用意するのは大変です。

 

例えば、クロモジやウォッカ、米麹甘酒など、一つ一つ自分たちで素材を取り寄せて、手作りしてというのは手間ですし、コストも掛かります。

 

でも、すでにその場に(HERB Potさんに)様々なハーブがあり、こだわりのナッツやドライフルーツ、身体に優しい美味しいスイーツ、米麹や味噌、特製甘酒があったとしたら……

 

● 薫る食についても、出しの取り方、独特な調理法に魅せられた、パティシエール歴16年目の人がいて

● 各種アロマオイルを常備していて、からだの仕組みが面白くて、「からだ養生」をライフワークにしたいと思う人とが協力し合ったら

 

……とてもよい塩梅に、学びの場を整えることができます。

 

ご家庭での養生を学びたい方々にとって、色々な種類のハーブやアロマ、食材に囲まれて……その活用法を実際に近くで見て、触れて、嗅いで、塗って、味わってという【実体験】はとても大切なことですし、何より身体性がともなった学びは楽しいです!!

 

◆◆蒸留し立ての薫りを、肌につける、髪にまとう贅沢

◆◆基本、口に入れられるもので、肌・からだケアも

 

もしかすると、このようなスタイルは

従来の資本主義の先にある暮らし方?!

 

クロモジ、薔薇の花びら&実、ハイビスカス、山椒をウォッカで滲出させたチンキや、薔薇と蜜蝋と合せたクリーム。

素材は、木曾川源流がある長野の村や、香川の里に植生する植物たち

 

~それらの恵みを採り入れた肌・からだ養生~

 

何をお伝えしたいかというと……

 

5種類の植物のチンキ活用術スプレー(各600円 x 3本)と、薔薇のアロマオイルを加えた蜜蝋クリーム(700円)全て購入しても、市販の一般的な化粧水1本分のお値段にしかならないのです♡

 

素材や手間暇を考えると、本来とても贅沢なのに、月1回の『薫る養生』で集う方々やご家族、ご友人へご提供する形ならば、本当にお手頃なお値段でセルフケア(養生)をご提供できる。

 

防腐剤は入っていなくて、口に入れられるウォッカや植物の抗菌作用が、天然の防腐剤。保管は冷蔵庫に入れて、お手入れの時に取り出します。

 

また来月、新たな植物の恵み♡養生グッズを求めることが出来るのだから、パシャパシャ、ひんやり心地よく、思い存分に使えます♬

 

大量生産・消費・流通の従来の方法から、それぞれの街でそれぞれの専門分野を持ち寄ることで、半径50kmくらいの所で何だかいい具合、いい塩梅に交換、シェアが生まれる♬

 

~すてきなものを循環させたい~

ハーブポット英子さんは、パティシエールとしてもナッツや発酵バター、小麦粉・卵など素材の状態にこだわりを持つ女性。チンキを作る時も同じ……その植物自体にパワーがなければ、ウォッカで滲出させても、滲み出してくる成分に力がないと。

 

その植物がどんなところで育ったのか、どんな状態なのかを大切にすると、やはり仕上がったチンキが薫り立ってくる……私たちはその植物が持つパワーを有り難くいただくのが、お伝えしたい、『薫る養生』なのです。

 

<<サロンの皆さまへお知らせ>>

五回シリーズの内容(桜、山椒、薔薇、クロモジ、柑橘系)を

皆さまのサロンでも、楽しく開催していただけるよう

 

①素材 ②チンキ ③各種資料 ③からだ養生のレッスン方法

パックにして、サロンオーナーさまへご提供する予定です!!

 

ぜひ、『薫る養生』 わたしも開催してみたい!というかた

まずは、お気軽にご相談くださいませ。

 

【各種お問い合わせ・お申し込み】
あろま養生スクール 代表 植松美穂
tel: 080-3080-7051

皆さまのご参加をお待ちしています

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

ジャンル人気記事ランキング アラフォー女子ジャンル

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。