褒めない叱らないから 「やる気」と「自信」が伸びる!
「幸せな子育て」と「私らしいキャリア」を応援

頑張り屋ママの勇気づけカウンセラー内藤純子です☆

 

 

 

きょうは、お子様が終業式だった

ママさんも多いでしょうか。

 

 

子どもたちは楽しみな

ママは恐怖の 夏休みですね!

 

その前に、通知表。

 

 

さて、みなさんは

通知表を見せてくれたわが子に

どんな言葉をかけますか?

 

 

「すごいねー!」

「頑張ったね~」

「わぁ、ここにも〇ついてるじゃん!」

などでしょうか?

 

 

成績が良かった場合も

そうでなかった場合も

 

褒めの言葉をかけたママさん

or

これからそうしようと意識されてるママさん

とっても素晴らしいですー!^ ^

 


子どもって、褒めて育てた方がいいよね?って

頭ではわかっていても

 

実際は、ダメなところを指摘したり

叱っってばかりになっちゃうこと

多いですからね。

 

 

厳密に言うと、褒めるだけでは弊害もあるので
勇気づけた方がいいのですが

 

ま、褒めることはいいことなので

ここでは、ヨシとして

詳しい違いの説明は割愛しますね。

 

 

で、問題は、子どもの成績が

あまりよろしくなかった場合

 

そっちのが問題ですね(^^;)

 

 

ダメ出し? 

どうして?など原因追及?

 

受験を控えてたりすると

「こんなんじゃ行く高校ないよ!」とかの脅し!?

 

などになるパターンが多いかもしれません。

 

 

褒めるか?ダメ出しになるか?の

基準なんですが

 

これって実は

お母さんの中の、勝手な基準で行われてます。

 

 

たとえば

お母さん自身が高学歴だったりすると

子どもに求める基準も、自然と高くなります。

 

 

すると

褒めるに値するのは

オール5 もしくは、あっても4まで。

 

3なんて取ったときには

「ありえない!」「どうした?」

ってなったりします。

 

 

それとは反対に

3が取れてれば、オッケーでしょ!花マル!

というお母さんなら

 

5や4が、2つ3つあったら

「すごいじゃーん!」

「がんばったねー!」

となるわけです。

 

 

いずれも、お母さんの基準で評価しています。

 

 

価値観は、それぞれのご家庭で違うし

どちらのお母さんが、いい悪いはありません。

価値観は、それぞれあってOK。

 

 

ただ、基準が低いお母さんなら

褒めてもらえる確率が高くなるので

そんなに気にしなくても大丈夫ですが

 

基準のハードルが高いお母さんの場合

 

ダメ出し、叱る、責める。。。などの

お子様の意欲を欠く声掛けになりがちなので

注意が必要です

 

 

そこで、私がおススメするのは

 

本人は、その通知表の結果を
どう感じているか?

の気持ちを聴くこと。


そして、その気持ちに共感して

応援する(褒める)こと。

 

 

子どもは、

 

「自分なりには、がんばったと思う!」

 

「自分では、割といい成績だなと思ってうれしかった!」(親は悪いと思っていても、子どもは結構自分なりにがんばれたなって喜んでいたりもします)

 

「○○は悪かったから、もっと頑張らなきゃって思うけど、~はよかったから、この調子で頑張って行こうと思う!」

 

などなど。

 

 

本人がどう感じているかを

聞かせてくれます。

 

 

そしたら

その気持ちを尊重する言葉や

気持ちに共感する言葉や応援する気持ちを

お母さんが伝えてあげるんです。

 

 

ダメ出ししたり、叱ったりするより

よっぽど、本人の意欲につながりますよ~。

 

 

誰もがみんな

本人なりに頑張っていますからね。

 

 

通知表は、ほんの1学期という期間だけの結果。

子どもの成長の中の途中経過です。

 

 

子どもは、がんばりを認めてもらえると嬉しいですし

もっと頑張ろうと思います。

 

 

お母さんの対応次第で

夏休みの宿題への取り組みや

2学期への意欲につながります

 

 

お母さんから見ると

 

もっといい成績とれるハズ!とか

こんなんで大丈夫か?と心配なことや

あれこれ思うところがあるかもしれませんが

 

ここはグッとこらえて(^^;)

 


本人は、その通知表の結果を
どう感じたのか?の気持ちを聴く。


そして、その気持ちに共感して、応援して、勇気とやる気を伸ばしていきましょう♡

 

 

さぁ~、明日から夏休み突入ですね。

 

ママも、子ども、楽しく&できるだけストレスなく過ごせるよう工夫して、お母さんたち、一緒に頑張りましょうね!

 

 

これからの未来を生きていく中で

 

わが子が、さまざまな困難に出会った時

それを乗り越えていく力(= 勇気づけ)を

育てることこそ、親がわが子に手渡せる宝物。

 

この宝物をたくさんのお母さんたちと

子どもたちへ手渡していきたいなと思います♡

 

ドキドキ4人集まれば、全国どこへでもドキドキ

アドラー流勇気づけ講座開催に伺います!

お気軽にご依頼ください♪くわしくは、こちらをご覧ください  

 

ドキドキ定期開催コースへ参加希望の方はこちらへ

ママも子どもも幸せになる アドラー勇気づけレッスン♡ 

子育てはもちろん、夫との関係、職場、ママ友など、ママをとりまくすべての対人関係に生かしていただける、アドラー心理学をベースにした勇気づけのコミュニケーション講座です。「アドラー心理学の勇気づけとは?」について基本から学びたい方にもおすすめです。受講後、勇気づけELMリーダー養成講座に参加することができます。

 宝石赤【ほめない・叱らないから やる気と自信が伸びる!】

アドラー式 気づけの親子関係講座SMILE

親子関係、上司と部下、先生と生徒の関係に!人材育成、教育、支援に関わる方におすすめです。第2期は、夏休み明けの秋開講となります。日程決まり次第、詳細と合わせてご案内させていただきます。先行案内登録フォーム https://ssl.form-mailer.jp/fms/63409684286088

 

宝石赤勇気づけELMリーダー養成講座(30分でできる勇気づけ研修)

次回開催時に参加希望の方はご連絡ください。

宝石赤はじめましての方へ(当サロンについて)
宝石赤 お問い合せ・お申込みフォーム 

*各種プライベートレッスン、出張講座も伺います♪お気軽にお問い合わせください。
さいたま市南区・浦和区・桜区・中央区・緑区・北区・見沼区・川口・戸田・朝霞・越谷・春日部・上尾・富士見・熊谷・、都内板橋区や八王子からもお越しいただいています。