★ムチではなく、勇気づけることで人は変わる!

【アドラー流勇気づけのコミュニケーション講座ELM】



もっと楽しみラクになる子育てをお手伝いする

さいたま市・武蔵浦和 ママが集まるおうちサロン

「Salon de lupinus(ルピナス)」のじゅんこです☆


第11期 アドラー流ママも子どもも幸せになる勇気づけのコミュニケーション講座ELM(土曜日コース)の第2回目を開催しました。


こちらの講座では、シェアすること、気づくことを大切にしています。


「こうすればいい!」「こうしなさい!」

と、教えられることだけでは、

人って、なかなか変わりにくいものなのですが💦
(子供って、そうじゃないですか?^^)


「気づく」ことは、行動に結びつきやすいんですよね。


だから、講座でも参加者さまご自身が

「気づくこと」をとっても大事にしています。(まさに勇気づけ


そして、せっかく学ぶなら、

使える心理学に出会ってほしいなぁと思います。



私自身、ほかの心理学もかじったことがあるので、なおさら、

「どう生かしたらいいかがわかる」アドラー心理学は、

内容はもちろん、講座スタイルにまで勇気づけマインドが反映されていて、

ホントに素晴らしいなぁと思います。(自画自賛な感じですが(*^_^*))




       

さて、第2回目は、自分自身を勇気づけること、

自分の思考&行動の傾向など内面を見つめる内容や


多くの方が、はじめて出会ってくださる考え方であろう

アドラー心理学の真髄の内容も扱う回でした。



みなさんご感想の、ほんの一部をご紹介しますね。


●4月に転職したばかりで、「良かったんだろうか?」と迷いや不安で過ごしていたのですが、今回の内容のおかげで、前に進んでいけそうな気がしています。ベストタイミングの内容でした!

●学んだことは、とても納得&共感したのですが、今まで考えたこともないような視点だったので、今は、自分の中でカルチャーショックというか、少し混乱しているような状態です。時間をかけてぜひ理解していきたいと思います。

●子どもと離れ、こうして学べる時間がとても嬉しいです。

アドラー系の本を1冊読んだことがあるのですが、参加してみて「具体的にどうすればいいのか」がわかりました。

また、参加者のみなさんの考え、思いを聞けることも参考になり、とても有意義な時間です。

●会社のメンバーをはじめ、自分の周りには、アドラー的思考を実践している人がたくさんいて、自分も仕事では実践していること改めて感じました。会社だけでなく、家庭でも実践していこうと思いました。

また、「自分に余裕がない時にできない」「どうしたらイライラの回数も減らしていけるか?」などのポイントも、段々見えてきた気がします。


みなさん、それぞれの「気づき」に出会っていただけていて、

そんな姿がたまらく嬉しくかった私ですラブ


また次回の内容も、さらなる「気づき」に繋がっていただけると思いますので、どうぞ楽しみにしていらしてくださいね♪



そして今回、1年ぶりにお振替えでいらしてくださった方が、

とっても素敵な感想もシェアしてくださいました。


この「勇気づけ」を学ぶ前は、

旦那を変えてやろう!

どうしたら子どもを思い通りに動かせるか?(コントロールできるか)

を考えていたように思います。


この講座で学んで、

少しずつ、自分の思考が変わり

もちろん、怒ることもありますが、怒る頻度は確実に減りました。

 


自分が変わると、周りも自然と変わる。


1年たった今、自分にとって「勇気づけ」はそんな感じです。


この気づきをしてくださっていたこと、

とっても嬉しかったですラブ


アメとムチではなく(期待に添った時はほめ、添わなかった時は罰を与えて教育するのではなく)、勇気づけることで、人は変わりますキラキラ

私は、アドラー心理学の考え方に出会えて

本当によかったなぁ、幸せだなぁと日々感じています。


主人とも、

「アドラーの考え方、いいよねー!」

「勇気づけって、北風と太陽の話でいうところの、太陽だよね~」

「子育ても、断然、太陽でいきたいねー私たちは!」と、

最近、アドラーについてもよく話しております。(*^_^*)

(管理職の主人も、アドラー的思考が職場で役立っているようです)


私の講座じゃなくても、お近くに講座をされている方がいれば、

その方の講座でもいいと思います。
ご興味ある方は、ぜひ、出会ってみてください☆


もちろん、私の講座に参加してみたい!と思ってくださった方は、ぜひコチラからご連絡お待ちしておりますね♪^^



さいたま市南区・浦和区・桜区・中央区・緑区・北区・見沼区・川口・戸田・朝霞・越谷・春日部・上尾・富士見・熊谷、都内板橋区からもお越しいただいています。