【シニア犬との生活】愛犬ジュエルのこころの変化は…① | 札幌:犬マッサージとアロマ。身体元気・こころ満足の笑顔に出会える!

札幌:犬マッサージとアロマ。身体元気・こころ満足の笑顔に出会える!

愛犬の健康を守るのはいちばん近くにいるあなた。なでなでを少し変えると「マッサージ」に。体調が悪い時にできることがある。こころがつながる時間にもなる。「アロマ」は皮膚トラブルや虫よけケアもできる。愛犬を元気に笑顔にする「ホームケア」をお届けします。

こんにちは。犬と人のセラピスト 橋本理恵です。

シニア世代の愛犬と暮らす皆さんに向けて
シニアをテーマに記事をつづっています。

前回までは
「シニア犬と暮らすということ」
「シニア犬に教えておらうこと」
コチラから読んでみてくださいね。

今回のテーマは
シニア犬のこころの変化を知る
「愛犬ジュエルのこころ・性格の変化は?!」


シェアしていきたいと思います。


image


我が家の愛犬のもともとの性格は
臆病で控えめ
いつも私にくっついて寝ている甘えん坊でした。

マッサージモデルとして
誰にどこを触れられても大丈夫でした。





犬にはあまり興味がなく
積極的な犬が苦手。

男性も苦手。
女性は大好き。

特に
若くて細めの女性には
お散歩中にもしっぽをフリフリしながら近づいていく男の子でした。

愛犬と私の二人暮らしで
公私ともに一緒の
ラブラブな時間を過していました。





その後転機があったのは
4歳

私の結婚と共に
まぁまぁ受け入れられる
男性の家族が増える。

6歳のとき
女の赤ちゃんの家族が増える。

愛犬は赤ちゃんに興味を持ちつつも
突然大きな鳴き声をあげる
小さな生き物が不思議そうでした。


そして
シニアの節目7歳の頃は
赤ちゃんが動き出し
襲撃してくる。

周りの大人の注目も
大部分はこどもに向いているという状況で迎えていました。





我が家の愛犬の場合
7歳~9歳までは
シニアの変化というよりは

家族が増えて
環境変化からのこころ・性格の変化が見られました。


小さい頃は
1対1でじっくりと向き合っていた生活が
一変。

乳幼児期という
目が離せない手がかかる家族に
私の意識が向いていることで

こころの元気がないように
感じられていました。


未設定


こどもが寝ているときには
愛犬がこどもに添い寝をする
ほのぼのとした様子も見られましたが

予測不可能なこどもの動き
怖がる場面も多く見られました。


娘に嫌なことをされそうなときには
威嚇するという

これまで見られなかった
様子がでてきました。

目の輝きが減り
少し怒りっぽくなるという変化が見られた。





だから
意識的にふたりの時間を作る
マッサージをするということで

ストレスケアをして
「大好きだよ」
たくさん伝えていた時期でした。


image


愛犬が10歳になると
こどもは4歳

幼稚園に行きはじめます。

こどもも愛犬とのかかわり方を
理解
してきてくれました。

私にも
こころや時間の余裕ができてきました。


image


この時期から
愛犬の目の輝きが変わってきたのを
今でも覚えています。

「以前のジュエルにもどった」
嬉しく感じた時期でした。

ずっと一緒にいるからこそ
気付く愛犬のこころの変化です。


今日はここまで。

次回は「愛犬ジュエルこころの変化②」です


黄色い花エクササイズやマッサージ
今愛犬にできるケアをやっていきます。
  ↓
新企画☆
【Zoom】シニア犬と幸せ時間☆
「愛犬が笑顔になるシニアケア講座」


あなたと愛犬との暮らしが
さらに満たされたものになっていきますように
願いを込めて お届けします。
お好きなコマから参加できます☆

詳しくはコチラ




黄色い花もう登録はお済ですか~?! ↓
「目指せご長寿犬!
 愛犬の健康にすぐに役立つホームケア5日間無料メールセミナー」

毎日を元気に楽しく暮らすヒントをお届け。
さらに、毎週木曜日に「ホームケア情報・メール読者限定お得な案内」をお届けしてます。