ここ湘南は新緑の季節を迎え、今日は初夏の日差しが眩しく感じました。

皆様、お元気ですか?湘南茅ケ崎アロマスペースニコの姫野純子です。

今日は猫とバッチフラワーレメディのお話です。

 

Kさんの一緒に暮らしているチャッピーちゃんは、今年で20歳になる雌のネコです。

へその緒がついている時に、兄妹ネコたちと保護されてからずっと室内飼いです。3年前に他のネコたちが続けて亡くなり、それまでは意思表示も甘えることもしない大人しいネコでしたが、少しずつ甘えてくるようになったとのことでした。マッサージやTタッチも試してみたものの逃げてしまいます。甲状腺の病気があり、最近、食欲低下が見られるようになってきていたので、Kさんは少しでも穏やかに一日でも長く一緒にいてほしいと願い、何かできることはないのかと探しておられました。

今回はご紹介でバッチフラワーレメディのコンサルテーションをご希望されました。

遠方であったため本来は対面で行うコンサルテーションですが特別にお電話で行いました。

Kさんの許可を得て、ぜひ皆様にも役立ててほしいと言っていただき掲載しました。

 

 

話の中で、猫さんのご様子を聞かせて頂いているうちに、Kさんにもバッチが必要であると感じました。お話を傾聴しながらご質問もし、電話ではありましたが、ご様子がすごく感じられ、Kさんも安心してお話をされました。若い時にご病気をされて苦労されたこと、仕事のストレスが大変だったこと、お話をするうちに昔のことも思い出されました。

 

 

チャッピーちゃんのお食事の件、病気の件は自然療法の動物病院(チロとサクラのクリニック)をご紹介し、バッチフラワーレメディは、チャッピーちゃんには元気の出るオリーブ、ママのことを気遣い過ぎないようにレッドチェストナット、

兄弟猫を続けてなくしているのでそのトラウマなどのためにスターオブベツレヘム、

もっと飼い主様に近づいていけるようにウォーターバイオレットなどを選び、

飼い主様にも6種類ほどのバッチフラワーレメディを選びトリートメントボトルをお作りしました。

 

その後ご感想をいただきました。

コンサルテーションのすぐあとには、Kさんはこのように言われていました。

「聴いていただき、私はいろんなこと抱えてた…と、気付けた感じです。

自分のことをたくさん話しをしてから、もう少しゆるく考えてもいいんじゃないかと思えてきました。ひとりでは、どうしようもないことも、あっていいんじゃないか…と思えてきました。この度、ご縁があってコンサルテーションを受けれて、少しですが自分を客観的に見ることが出来たように思います。お力添えと、フラワーレメディの優しいエネルギーとをいただきながら、本来の気力を取り戻していこうと思います」

 

1週間ほどすると、チャッピーちゃんは甘えてくることが多くなり、Kさんも、気持ちがゆったりしてきているのを感じるようになられました。

涙が出るので、トリートメントボトルのレメディを何度も飲まれました。1回目のトリートメントボトルも、あと少しになったころ、チャッピーちゃんが膝にのってくるようになり、明け方の鳴き声もなくなっていきました。

 

2回目のトリートメントボトルを飲まれるころには、Kさんもチャッピーちゃんも気持ちを穏やかに過ごし、チャッピーちゃんが、ジワジワと寄ってきて、膝で眠るようになったそうです。また、夜中に鳴くこともなくなりました。そんなチャッピーちゃんをみるとKさんも気持ちが楽になり、少し前まではチャッピーちゃんをおいて外出できなかったKさんが、最近は安心して短時間ですが外出できるようになられたそうです。身体の余分な力が抜けて気持ちまでリラックスしてきたのを実感されているそうです。

 

 

 

とても20歳には見えない若々しいチャッピーちゃん

 

 

バッチフラワーレメディの犬や猫のご相談の時に、コンサルテーションをしていると、

飼い主様にもバッチフラワーレメディが必要と感じる時はよくあります。

トリートメントボトルを別々にお作りする時も、重複しているレメディをいくつか見つけることも多いです。

 

コンサルテーションはご相談の方がご自身のことをより理解していただくお手伝いをプラクティショナーが行っていきます。ご自分でご自身に必要なレメディを選ばれるとき、その時間の中で、ご自身をしっかり見つめることが大切です。そのことが、ご自身のストレスの軽減に役立つことがあります。犬や猫にもバッチフラワーレメディは気軽にお役立ていただけます。バッチフラワーレメディのサポートも受けて、より楽しく素敵な時間をお過ごしになってくださいね。



ご興味がありましたら、5月のバッチフラワーレメディの講座、の日程はこちらです。

 

 

3月も半ばを迎え、暖かい日が増えてきました。

春の花が咲き始め、新芽があちらこちらでのび始めています。

人と犬猫の自然療法が学べる湘南茅ケ崎アロマスペースニコの姫野純子です。

 

Aroma Space Nicoで2005年から開講しているアニマルホリスティックケアセラピスト講座が今年も4月から開講します。昨年からお申し込みをいただいた方もいらして、残席1名様となりました。ご興味のある方は説明会だけでも(おひとり様でも行います)ぜひお越しくださいませ。

 

2017年の修了生さんたちの通われた日々の様子をたどってみました。

 

2017年1月、北海道よりあきこさん(獣医師)がペットのためのマッサージ講座を受講。自分のこれからの仕事を模索中でした。講座中のうみと私のやり取りを見て、今までにない犬とのスタイルに、心を動かされて、4月からアニマルホリスティックケアセラピスト講座参加されました

。4月あきこさん、あゆみさん、ゆきさん、の3名で開講!すぐにうちとけて、毎回皆さんの笑い声が教室に響きました。

 

古山範子先生の犬と猫のための手作り食講座。解剖生理講座。

手作り食講座は、無理のない手作り食のすすめ。食材の話。体のトラブルへの食事のアプローチなどを学びます。解剖生理学講座では、犬の体の骨格、筋肉、関節などなど犬の体に近づきます。手作り食の作り方を実際に体感。

 

 

 

 

荒井弘美先生の犬のハーブ講座(2018年は猪野先生になります)

ハーブとは?人の使い方、犬や猫の使い方、シーズニングケア、トラブル対策。

実習でハーブふりかけを作りったり、ハーブの手浴を体験しました。手がしっとりふわふわになり、香りに癒されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

アロマテラピーでは、アロマテラピーのメカニズム、精油の各論、総論、植物油、ハーブウォーターのことを学びます。アロマテラピーでは様々なアプローチができますが、適材適所、使い分けられることが大切ですね。担当は姫野でした。実習では、アロマミスト作り、蜜蝋クリーム作り、ハーブウォーターのジェル作り、好きな香りで人用のブレンドオイルも作りました。それは、自分へのご褒美となりました。アロマの日はお顔がみんなほっこり。

 

 

 

 

 

 

 

坂内祐美子先生のホメオパシー講座。基本のキット36種の利用法を学びました。

「エイピス」蜂のレメディですが、キーワード「赤くてぷっくりはれた」イメージのものには使用で

きるレメディです。沢山のキーワードと一緒にレメディをわかりやすく学んでいきます。残念なことに、写真が逆さまになるのですが、掲載してみました。

 

 

 


ホリスティックマッサージ講座は三木まゆみ先生(4月からは笠原先生になります)と姫野が担当しました。まだ元気だったうみがちょこっとお手伝い。

 

 

 

 

バッチフラワーレメディ講座は姫野が担当しました。2回のうち1回目は人の38種のレメディの紹介。利用の仕方。いくつものケースをお伝えしながら学びます。2回目はそれを基礎として、動物へのアプロ―チを学んでいきます。こちらも実際のケースのお話も盛り込みます。実習ではトリートメントボトルを作ります。

 

 

クレイテラピー講座は姫野が担当しました。クレイとは何か?良いクレイの選び方。注意事項。ペーストの作り方。クレイの色による特徴。人の使用法と動物へのアプローチを学びます。メディカルな利用法のケースもご紹介していきます。

 

 

 

 

 

そして、9か月の月日が流れ、修了式には様々なケースの発表会。夢地図の発表会を行いました。

皆さんは学びほどに、楽しく、アンテナと意識をひろげられていました。

ホリスティックケアの素晴らしいケースが集まりました。

犬や猫だけでなく、人のケースもあります。

それぞれが真剣に取り組まれたことが伝わってきました。

 

 

 

 

最後のフィナーレは夢地図の発表です。

沢山の夢を叶えるお話は、もう夢ではなく、輝く皆さんの瞳から、もうすでに始まっていることが分かりました。共に学ぶ仲間として、ご活躍が楽しみなアニマルホリスティックケアセラピスの誕生です。皆様の門出をお祝いできることは大変嬉しく、再会を誓い、感謝の気持ちでお見送りさせていただきました。

 

 

4月、新しい講座が開講します。講師一同楽しみにしています。ご一緒に自然療法、植物療法の世界を楽しみ、癒され、心と体の健康に役立てて行きましょう。同じ想いの仲間が集います。単発講座のご受講もできますので、気になる講座がございましたら、ぜひご参加して、楽しい学びの時間をお過ごしください✨♥️

 

寒い日が続きます。皆様お元気ですか?冬生まれなのに寒さが苦手てな、人と犬猫の自然療法が学べる湘南茅ヶ崎アロマスペースニコの姫野純子です。

 
ニコの看板犬のうみが虹の橋を渡り、はや2週間がたちました。
 
皆様からの温かいお言葉やお花をいただきありがとうございました。
花の香りと優しさに包まれて、うみも喜んでいると思います。私たち家族も、大変心が癒されました✨
 
 
 
 
1週間程、講座などを先伸ばししていただきたお陰で、今回はゆっくりさせていただきました。
 
毎日、毎日、いつも散歩した海岸に出かけ、嬉しそうにぴょんぴょん跳ねながら歩いた姿を思い出しながら涙しました。
 
 
 
海の光に心と体をあずけ
 
 
ときには海の風に吹かれながら
 
 
海辺の砂地を歩き、靴底からも感じるや優しい感触に心が緩みました。
 
うみが虹の橋を渡ったことで、2年前に亡くしたそらのことも今回の悲しみに加わりました。
 
何年も前に、ペットロスのセミナーを受けたときに、わんちゃんがなくなることで、いままでそのわんちゃんのお陰で押さえられていた悲しみなどがでると学んだことがありましたが、まさしくその通りでした。
 
うみが逝ってしまった日から、バッチフラワーレメディをのみ始めました。
私はバッチフラワーレメディのプラクテショナーですが、辛すぎるときは飲めなかったです。
無理やり飲むものではないので、心が本当に必要とした少し落ち着いた日から飲み始めました。
 
お別れをすませて全身の力が抜けてしまって、無気力状態の時、レメディを飲むと、体の下の方から上に向かって、体幹の中心になるものができていくのを感じることができました。「あ〜、こういうことなんだ!」と改めて感じました。
 
ブレンドしたのは、レスキューレメディ、スィートチェストナット、ウォルナット、ワイルドオートでした。
 
 
 
うみやそらから沢山の幸せな時間をいただきました。
皆様に可愛がっていただき、ホリスティックケアをお伝えする私の手伝いをしてくれ、沢山の思い出も残してくれました。
 
これからも思い出しながら、涙したり、ニコニコしたり、私たち家族の中に生き続けてくれるのだと思います。
 
亡くした悲しみは当然として、出会えたことへの感謝の気持ちが、日に日に膨らんできています。
 
ペットロスにならないためには?
 
沢山泣くこと。涙は心を癒してくれます。
 
だれかと語りあえること。
温かいお言葉をいただくこと。
悲しみが共有できることは心づよいです。
 
沢山のありがとうを言葉にする。
「ありがとう」はすべてを癒してくれる魔法の言葉。
 
 
そして、植物の癒しのシステム、
バッチフラワーレメディを身近にすることでとても手助けとなります。
 
これらは現在進行形で、私たちも行っていることでした。
悲しみをなくすということでなく、いつでも涙は出るけれど、頂いた沢山の幸せを大切にして、より人生を心豊かに生きていくことが、何よりも神様のもとに戻ったうみへのお返しになると思います。それは動物でも人間でも同じですね。(13年前に父が亡くなったときもそう思いました)
 
アロマスペースニコでは、バッチフラワーレメディのカウンセリング、講座も開講しています。心と体のバランスをとるホリスティックケアにご興味があるかたはのぞいてみてくださいね。

湘南茅ケ崎アロマスペースニコの代表の姫野純子です。

突然の悲しいお知らせになりますが、うみが12日、午前7時頃に11歳7か月で虹の橋を渡っていきました。うみは腫瘍はあっても、毎日お散歩に行き、美味しくご飯を食べ、亡くなる3日前まで、元気に暮らしていました。

 

西洋医学的にはガンのステージでは、レベル4か5の状態でした。発症して初めの1か月は、抗ガン治療も行い、その後は漢方薬やサプリ、手作り食などのお陰で、そして何よりもうみの明るい性格、芯の強さ、もともとの健康な体があったことで、2日ほどは辛かったと思いますが、しっかり生き抜きました。

 

                    1月2日、元気にうみは海岸を走っていました。

 

うみは私の仕事もたくさん手伝ってくれていました。

マッサージのモデル犬として、看板娘として、お客様のお迎え、お見送りなど大好きで、皆様に可愛がっていただきました。

 

もう少し一緒にいたかったですが、天使さんは神様のもとに戻りました。

私たちに伝えてくれた「愛のメッセージ」は、心の中にしっかりと思い出と共に宝物のとして大切にしまわれ、これからの日々を過ごしながら、その意味を心の中で理解し、深めながら、皆様にお伝えしていきたいと思います。

 

一昨年そらが亡くなったときは、うみが私たちを支えてくれていたことを改めて感じました。

そのうみが亡くなり、ぽっかり空いた空間の寂しさ。

ただそこにいるだけで、温かい空気を、愛に満ちた存在感。

すべてが今懐かしく思い出されます。

 

犬と暮らすことは、当たり前のことの中に沢山の愛が散りばめられ、

私たちの心を純粋にし、愛を感じる心を育ててくれているのではと思います。

感謝の気持ちでいっぱいです。

 

         うみとそらのちょっと若い時。ペロしているのがうみ。

 

主人と二人、うみと歩いた海岸を今日は歩きました。

キラキラ輝く海岸をうみとそらが仲よく遊び、

それを見ることができた幸せな時間。

小さな体で大きなの贈り物を私たちに残して旅立ったうみ。

かけがいのない命で沢山のことを教えてくれました。

 

 

正直治療に関しては沢山の迷いは何度もありました。獣医師の皆様もそれぞれ、経験を踏まえた考え方を持って、専門の答えをいつもいただきました。

 

私も何が一番いいなどとはとても言えないです。そのこそのこによって違うと思います。

ただ、そのこのためにできることが沢山あったほうが、

選択肢が増えて、可能性や希望がもてると思います。

私たちもそのつど考え選択してきたことが、今本当によかったと感じています。

 

         自慢の被毛は変わらずピカピカのうみの背中でした。

 

戌年の新年の年賀状には元気なうみの写真をのせて、皆様に見ていただいた矢先でしたが、このようなご報告になり残念です。

 

沢山の方に可愛がっていただきありがとうございました。

お世話になった獣医師の先生方、アドバイスをくださった皆様ありがとうございました。


 

日に日に秋が深まってまいりましたイチョウ最近周りで風邪を引いている方が多くなってきました。皆様お元気ですか?

 

人とペットための自然療法が学べるのホリスティックケアスクール、湘南茅ケ崎アロマスペースニコの姫野純子です。

10/28にAroma Space Nicoの「犬と猫のためのバッチフラワーレメディ講座を受講されたTさんから、お喜びのメールをいただきました。可愛い猫さんのお写真もいただいたので掲載いたしました。

 

「犬・猫のバッチフラワーレメディ講座」は、バッチフラワーレメディは何か?というところから始まり、人の使い方の基本を学びながら、具体的に犬・猫のケースをご紹介をしていき、はじめての方にもわかりやすく理解して頂ける講座です。

 

レメディは飲むだけでなく、いろいな利用法があります。38種のレメディのご紹介とレスキューレメディの利用法を学び、、実習として何種類かのレメディをチョイスして入れたトリートメントボトルを作ります。

 

犬や猫は私たちよりも自然や植物のエネルギーに敏感ですので、良い反応をしてくれることが多く、私自身が関わったケースでもヒットすることが多かったですね。

 

バッチフラワーレメディは人の場合も動物の場合も心や感情からアプローチします。

犬・猫にも豊かな感情があるということに気づいていただくと嬉しいです✨

 

以下、Tさんから頂いたご感想です。

 

「その後、2匹の猫たちに講座の時に作成したトリートメントボトルを使っていますが

特にディフューザーで使ったときに効果を感じます!」

 

「夜鳴きで近所迷惑になりそうな時」に

ディフューザーを使いしばらくすると

落ち着き出して2匹ともすやすや寝てしまいます。

 

  すみません。なぜだか写真が反対に。でもでも可愛い寝顔✨♥️

 

 

きっとお花のエネルギー+私の愛情が

部屋いっぱいに広がり安心してくれているのだと思います。

 

実家にも14歳の猫がいて腎臓と肝臓がちょっと悪いのですが

家族にボトルを預けて経口で1 日4回与えるのは難しい状況なので

帰宅した時にディフューザーを使おうと思います。

楽しい講座ありがとうございました!!!」

 

仲良し✨シオ君とコスモ君♡

 

ニコでは、最近は医療関係の方、介護関係の方も学びにこられることが多くなりました。

医療や介護の現場の方々の中に、まだまだ少数ですが、バッチフラワーレメディに興味を持たれる方が増えてきたのは、本当に嬉しいことです。

 

12月、2018年、1・2月の講座の日程をアップしました。皆様にお会いできることを楽しみにしていま〜す❗