ハーブとスパイスで美味しい生活*感動の魔法のレシピ

ハーブとスパイスで美味しい生活*感動の魔法のレシピ

ハーブとスパイスの使い方、作り置きができるアイデアやレシピをハーブ料理講座などでお伝えしています。いつもの料理にハーブやスパイスをプラスするだけで香りも風味も感動の味わい。マンネリ主婦の料理の腕もワンランクアップ!

★ハーブとスパイスの教室/サロン aroma*R(アロマアール)のブログにようこそ。ご訪問ありがとうございます。滋賀県大津市のスパイスやハーブについてコースで学べる教室はここだけ。マンツーマンでじっくりわかりやすくお伝えしていきます。ハーブやスパイス料理も実践で学べる教室です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
★ハーブボールと合わせたアロマテラピーのトリートメントもご好評です。マレーシア産のタナメラのブランドの精油を使った夏限定のトリートメントとハーブボールのセットもぜひ体感してみてくださいね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
詳しくは、ウェブサイトhttps://www.aroma-r-aroma.comより。
サイドメニューのサロンのバナー、または各記事の最後にあるリンクからも移動できます。







テーマ:
大型連休、ゴールデンウィーク二日目、今日も肌寒いですねー!一旦あたたかくなったあとで寒くなるのはいつもホント苦手ですー。



さて、スロージューサーの人参搾りかすのレシピ。

今回は、
スロージューサーの人参搾りかす入り、海老と蓮根の揚げ物のレシピです。



中はモチモチ外はカリッと仕上がって、ハーブとスパイスのほのかな香りがたまりません♪






材料は、

人参搾りかす  1カップ程度
むきエビ  200g
蓮根 300g
塩胡椒   少々
醤油  大さじ1
片栗粉  大さじ2
油(今回は米油を使用) 

コリアンダーシードパウダー ひとつまみ
クミンパウダー  ひとつまみ
スイートマジョラム 小さじ1





作り方

①むきエビは背ワタを取り洗って水気をよく切っておく。蓮根は洗って皮をむき適当な大きさにカット。


②まず、海老だけをフードプロセッサーに入れて身が残るぐらいの粗めにしたら、ボウルに取り出す。


③カットした蓮根をフードプロセッサーに入れて細かくなったら海老のボウルに移して、人参の搾りかす、塩胡椒、スパイスやハーブ、片栗粉も入れて混ぜたら10分ほど常温で寝かせる。


④フライパンの底が隠れる程度の油を敷いて、中火で揚げ焼きにする。



ポイント
タネが柔らかいので、フライパンに置いたら、あまり触らず、火加減を見ながら、裏側がカリッとしてきたらひっくり返すと綺麗に仕上がります。





味はついていますが、お好みで醤油、ポン酢、ソースなどつけてもよいですね。


人参の搾りかすは冷凍庫に保存しておくとなにかと便利ですね。切る手間もなく、いつでも料理に使えます。


でもこまめに使っていかないと、たまる一方ですので、先日からアップしている人参ポタージュやチャーハン、また、炊き込みごはん、ハンバーグや今日の揚げ物、ドレッシング、キャロットケーキやクッキーにもすぐ使えていいですね。



人参ポタージュは、薄味でシンプルにつくって、ホットスムージーにしてもいいでしょう。身体もあたたまります^_^






参加しています。
応援宜しくお願いします^_^

にほんブログ村 健康ブログ ハーブ生活へ     にほんブログ村 料理ブログ ハーブ料理へ





------------------------------------

 LINE@もよろしくです♪

 


 

ハーブやスパイス、アロマのお役立ち情報や、
簡単に作れるハーブ料理のレシピ、
お得な情報、aroma*Rからのお知らせなども
配信していきますね*
お友だち追加絶賛受付中♪
宜しくお願いします^^



ハーブとスパイス・アロマの教室サロン

aroma*R   アロマアール

 

 



image

 

 


テーマ:
平成から令和に変わる今年のGW初日です。
こちら滋賀は昨日から風が強くて、今朝も引き続き強いです。
5:00ごろに起きると、雨戸が時折ガタガタ音をたてていました。
 
 
 
さて、こちらの記事でアップした写真の中で、
 
 
ヤエムグラ(クリバース)




ハハコグサ




ドクダミ
 
これらは、庭でなく、道端や空き地、野山でも見られる植物ですね。雑草と捉えている方も多いかもしれません。

むしろ、手入れのいきとどいた庭には生えないでしょうね。うちはあまり几帳面に手入れしていないからこそ、やってきてくれた植物たちです。
 
 
ドクダミは、薬草、ハーブとしてご存知の方も多いとは思いますが、ヤエムグラやハハコグサも実は立派な薬草のひとつです。
 
 
 

さて、雑草、野草、薬草、ハーブ、ってなにが違うのでしょうか?


 
雑草にはあまり良いイメージがない。
野草、薬草、ハーブにはその植物が人間にとって役立つことが前提となっている良いイメージがある。
 
そんなざっくりとした感覚を皆さん持っていらっしゃるかもしれませんね。
 
 
植物たちに聞いても答えてはくれません。
これらは、人間が作ったカテゴリーに分けられているだけです。


 
同じ植物でも、
 
田畑や土地や庭など、人が管理している食用や観賞用以外の植物で、必要なければ抜いて捨ててしまうものは雑草。
野山で自然に育っているものは野草。
役立つ植物で摘んで使うのであれば薬草、ハーブ。
 
人間の都合で呼び方を変えているだけなのです。
 
 
 
 
例えば、
Aさんが、ガーデニングが大好きで、季節ごとに綺麗な花を咲かせる植物でいっぱいにする人で、薬草やハーブについてあまり知らないなら、手入れしていて自分のイメージした庭にそぐわない植物が芽をだしてきて育ってきたら、それは抜くでしょう、雑草として。農耕地で野菜を育てている脇で必要ない植物が育っていて野菜の育成の妨げになるのであれば、それは雑草になるのでしょう。

 
Bさんが、庭に予定していなかった自然に生えてきた植物が、昔から人々がお茶や薬として使われていることを知っている人なら、それは雑草とは決して呼ばないでしょう。薬草、ハーブとして捉えるのでしょう。摘んで役立てるか、移植してあげるかするかもしれません。
 
決してどちらが良い悪いとかではなくて、植物に対する知識や、捉え方の違いだけです。
 
 
 
私は、薬草として使える植物が、庭の一部に育っていたのを見つけたら、もちろん嬉しくなって、わあ〜ようこそ!と歓迎して、そのまま様子を見て育ててみます。

それから、摘んで利用するか、その場所がこちらの都合で困る場所なら、土ごと深く掘って根を傷めないようにしながら、適切な場所に移し替えます。

そうやってその子にふさわしい居場所を作ってあげると期待に答えてくれます。ただし、日あたりや土質を選ぶようにはします。その子が出てきた環境と同じような場所を選んであげるのがポイントです。



 
 
人間の都合でカテゴリーを作り、呼び方を選び、育つ場所も移動させられるなんてw
植物たちはどんな想いでいるのでしょうね。
 
 
 
じゃあ、薬草とハーブの違いは?
 
これは、ほぼ同じです。
古代から、人間の生活に有用な役割があるとして使われてきたもの。

野菜ももともとはハーブとして使われていました。量産するために農産業として栽培されるようになり野菜としてカテゴリー分けされています。


どのカテゴリーもきっちりした線引きができないのがまた自然界の植物たるや、いいところですね。
人間が作った枠なんてどうでもいいんです。

植物たちは、「わたしら、そんなん関係ないわ〜」ってヒソヒソとつぶやいてそうだなぁ。笑


 
 
 
 
 
ドクダミについてはご存知の方も多いと思いますし、薬草としても有名ですが、クリバースも、ハハコグサも、役立つハーブ、薬草なんです。
 
特にクリバースは欧米ではハーブとしてよく使われます。日本でも春には苦味のある山菜を食べて体を整える習慣がありますが、ヨーロッパでも春季療法としてネトルと合わせて使われたりします。



 
ハハコグサ(母子草)は、春の七草のひとつ、御形(ごぎょう)として日本でも知られていますね。こちらも、薬草、ハーブとして全草を使います。
ハハコグサはキク科なので、キク科アレルギーの方は注意してください。
 
どちらもハーブティーとしてフレッシュでもドライでも使えます。
ハハコグザは、春の七草粥やおひたしにもいいですね。全草使えます。
ヤエムグラ(クリバース)は茎や葉にチクチクした小さなな刺があり、洋服にくっつきます。
さっと火を通して、おひたしや炒め物に。

フレッシュハーブティーで使ったあとの葉と茎を利用してみてください。無駄がなくておすすめです。





ランキング始めてみました。
応援宜しくお願いします^_^

にほんブログ村 健康ブログ ハーブ生活へ    にほんブログ村 料理ブログ ハーブ料理へ





------------------------------------

 LINE@もよろしくです♪

 


 

ハーブやスパイス、アロマのお役立ち情報や、
簡単に作れるハーブ料理のレシピ、
お得な情報、aroma*Rからのお知らせなども
配信していきますね*
お友だち追加絶賛受付中♪
宜しくお願いします^^



ハーブとスパイス・アロマの教室サロン

aroma*R   アロマアール

 

 



image

 

 


テーマ:
こんにちは。



の写真の中から、
ウルイとヤエムグラ(クリバース)とハハコグサを使って、おひたしとお粥を作ってみました。


どれもクセもなく食べやすいハーブ(野草)です。
ハハコグサは春の七草の御形(ごぎょう)ですしね。
春の体調を整えるのに優しいレシピです。

春のハーブ、野草はシンプルな調理法で作りたいですね。

苦味が少しあったとしても肝臓の働きを強化してくれるのでデトックスになります。内臓も冬から春にクレンジングしていきたいですね。






① ウルイとヤエムグラのおひたし-------------



沸騰したお湯で湯どうししたウルイとヤエムグラを水にさらす。

水分をしっかり絞って醤油で味付け。
ゴマを振ってもいいですね。

--------------------------------------





②ウルイとヤエムグラとハハコグサのお粥--------




余った冷やご飯でお粥を作りそこに①で湯どうししたウルイとヤエムグラを入れる。

ハハコグサ(花も葉も茎も)入れたら粗塩を少々入れてコトコト煮る。

夕べ余ったお豆腐が半丁残っていたので、どうしても使ってしまいたかったから、それもくずして入れました。(別に入れなくても良い)

お茶碗に盛り付けたらハハコグサの花をトッピングしてみました。

------------------------------------





ハハコグサは茎の下の方が固いです。包丁がサクッと通るあたりまでを使ってください。




基本あまり手をかけずに簡単なものばかりなんでレシピというほどのものではないかもしれません^_^

それは、素材の持ち味を活かしたいし素材そのものの風味や食感を出来るだけ生かしたいからなんです。

それに、面倒なことはできるならしたくない!笑
私も植物(素材)も出来上がったらクタクタになってる、かも、だし、、なーんてね。ニコニコ





参加してみました☆
ポチッと応援宜しくお願いします(*´-`)
にほんブログ村 健康ブログ ハーブ生活へ      にほんブログ村 料理ブログ ハーブ料理へ






 LINE@もよろしくです♪

 


 

ハーブやスパイス、アロマのお役立ち情報や、
簡単に作れるハーブ料理のレシピ、
お得な情報、aroma*Rからのお知らせなども
配信していきますね*
お友だち追加絶賛受付中♪
宜しくお願いします^^



ハーブとスパイス・アロマの教室サロン

aroma*R   アロマアール

 

 



image

 

 

Ameba人気のブログ