2013年4月12日にサロンをオープンし、おかげさまで本日10周年を迎えることができました。

いつもご利用いただき、応援してくださるお客様。

支えてくださっているみなさまに感謝申し上げます。

ありがとうございます😊

感謝の気持ちを込めたアニバーサリーキャンペーンについては、後ほどアップさせて頂きます花束

 

忘れもしない10年前、サロンのオープン準備を進めていた時のこと。

サロンでお使い頂く使い捨てのペーパーショーツが届き、50枚入りだったペーパーショーツを手にして、

「これがなくなることは…おそらくないんじゃないか…ネガティブ

と、超絶弱気で泣いていた時のこと。

でも、「それでもいい!!」

そして内心、(いや、本当はあんまりよくない。せっかくだからせめて50人くらいは来て頂きたい)」

と思っていました。笑

 

アロマテラピーを使ったワークショップを開催するも「やってみても…、一人しか来てくれないんじゃないか…真顔

と、またまた弱気。

 

自分がアメリカでもセラピストをやりたくて資格を取りに飛び込んで行って、

自分がアロマトリートメントをやりたくてサロンを立ち上げようとして、

自分がアロマを使って楽しみたくてワークショップを開催して、

自分で子供を産んでからもサロンワークを我慢できずにリスタートして、

自分で英語でのワークショップをお引き受けすると決めて準備をして。

思えば、自分で自ら作った壁に何度もぶつかってへこたれかけるという、完全なる一人芝居を繰り返しやってまいりました。笑


 

 

心身ともにタフに感じた時もありましたが、自分の気持ちに正直に、勇気を出してみてよかったなと思います。

 

サロンに来てくださったお客様のビフォー&アフターを、間近で拝見できること。

それぞれのストーリーを聞かせて頂くことで、自分の知らない世界が広がっていくこと。

 

ワークショップでアロマテラピーに触れたお客様が、

ほっとしました。癒されました。自分を大事にできる感じがしていいですね。と喜んでくださったり。

ワークショップをきっかけに知り合ったお客様同士が、今でも仲良く繋がってくださっていたりすることも、私の喜びです!

 

 

 

今でも英語での接客には慣れませんし、色々日々練習中の私ですが、少しずつタフにはなれてきている気がしています。

唯一変わらないことは、全然まったくただの一度も、アロマに触れることに飽きることがないということ。

でも、ひとりでやっていたら、ここまで楽しめることはなかったように思うのです。

 

 

 

写真はオープン前にホームページを作る為、友人に写真撮影をお願いした際のもの。画像が良くないけれど、若いのはわかる〜。笑

この時、怖さよりもすこーしだけわくわくした気持ちのほうが勝っていて。

今は、わくわくした気持ちのほうがさらに優勢です✨

 

うん、成長したね、自分おねがい

 

これからも、お客様にとって、そして自分にとってもエネルギーチャージできる場を作っていけたらと思っています。

ご縁のある方々と、心地よい時間をご一緒できることが今日からまた楽しみです。

 

11年目もどうぞよろしくお願いしますクローバー

 

 

Hisakoピンク薔薇