先日(2021.06.10)は、天草漁協御所浦支所さんの全面バックアップのもと、御所浦小学校のアマモ活動に参加してきました~。

今回は、3月に行ったアマモ場の環境調査に引き続き2回目の調査も兼ねています(今年は9月も行う予定。12月あたりも検討中)。

 

前回の芦北高校アマモ活動見学(見ているとやりたくなって部長アマモ花枝採取しちゃってます)時と同様、今回の写真もアグリライト研究所代表取締役の園山さんに写真沢山頂戴しました。ありがとうございました~<m(__)m>

 

まず午前中は御所浦小学校(20210年度は海洋教育パイオニアスクール採択校となりました~♪)を訪問し、木村校長先生と岩下教頭先生と面会し、海洋教育をどのように進めていくかについて伺い、オブザーバーとして参加いただいた園山さんと一緒に意見交換させていただきました。

 

小学校訪問後は、小学校からしおさい館の方へ向かう途中、漁協前でたまたまお会いした天草漁協御所浦支所の杉原さんと支所内でアマモ活動についてヒアリングと今後の進め方について話し合いました。

 

いずれも次回以降のアマモ活動が楽しみになるような意見交換ができました~(`・ω・´)ゞこれからも楽しみです~。

 

次の漁協青年部とのミーティングまで時間があったので、データロガーなどを取り付けるブイ・アンカーシステムの設置準備。

抜かりないつもりでしたが、実は設置後1か所シャックルが外れて上部のブイが流されてしまいました。
でも奇跡的に見つかりました!

漁協さんや周辺漁師さんたちに、大変ご迷惑と心配をおかけし申し訳ないです<m(__)m>以後気を付けます。

 

漁協青年部さんとのミーティングも無事終わり、今回の御所浦訪問メインである御所浦小学校のアマモ活動。

 

今年も子どもたちが育てたアマモ苗の定植とロープ式下種更新法を行います。

 

アマモのポット苗

 

ロープに取り付けられたアマモ花枝

 

子どもたちがアマモを取り付けたロープを船へ運びます。

今回は地元テレビ局などの取材陣も多かったです。

 

この後、4隻の船に分かれてアマモ場へ~♪

 

船上で私はぎりぎりまでロガーのチェック(笑)

 

記録されるかなんか不安なんですよね~(笑)

 

今回はこれまでとは違うアマモ場で定植。

船から子どもたちはアマモ苗をもって小型の動力のないボートで岸へ

濡れないよう大人たちは配慮しているのですが、子どもたちは泳ぎたかったようです(笑)

元気でいいですね~(^^)

 

子どもたちによるアマモ苗の定植の様子

 

子どもたちが植えた海水中のポット苗

ちょっと植え方甘いかな(笑)

 

アジ?

海中では小魚をよく見かけました。

 

ロープ式下種更新法による定植

御所浦でされているのは船上からの定植です。

芦北高校とは異なります(参考:「芦北高校 林業科 アマモ班」とのアマモ場造成活動に参加&取材してきました!)。

芦北高校も以前は船上からしていたようです。

 

また、海部では今年からアマモ場の環境調査を行い、その手法やデータの活用方法などを地元の小中学校などに提案していくしくみを作り上げていく予定ですが、その一環としてパックテストやデータロガーによる水質調査もあります。

今回は、そのテスト。

 

・パックテスト(COD)

 

・データロガーを取り付けたブイ・アンカーシステム

 

360度カメラも設置し、水中の様子を撮影。

今年は、VR映像もできる予定なので、お楽しみに~\(^o^)/

 

また、3月と同様にアグリライト研究所さんに協力し今回もアマモ場の底泥採取を行いました。

 

また、この日は、オプショナルツアー付きで、関水産さんのいけすを見学させていただきました!

 

この日は関水産さんで育てられているマダイとシマアジを見学させていただきました。

〇マダイ稚魚

〇シマアジ稚魚

 

最後に、アグリライト研究所さんが、これまで御所浦訪問した時の、御所浦のアマモ活動をわかりやすくまとめていますのでこちらも併せてぜひご覧くださいませ~♪

部長のまともに働いているところが見られます(笑)


今週25日(金)はまた芦北高校を訪問します~。その報告もお楽しみに~~~\(^o^)/