8月18日(日)、【宮地岳河童キャンプ】を開催しました(≧▽≦)

当初8月6日(火)に予定していましたが、台風の影響により順延になって18日になった企画です。

 

源流探し(沢登り)かまどでご飯炊き体験川のミニ講座川の生物調査&川遊び

 

という、盛りだくさんの企画でした!

 

宮地岳コミュニティーセンターで開会式。

今日の目的や注意事項などを伝えました。

 

早速、源流探し(沢登り)へ☆彡

最初は林道を歩いてきていたので、みんな元気に歩いていただけですが、登る沢を見て「え!ここ登るの?」という声も聞こえてきました。

でも、登ってみたい気持ちが強くて「登りたいっ!」となったようで、みんなで元気に出発!

 

時折、行く手を阻むように倒れている倒木もみんな楽しみながらくぐったり、超えたり。

大人やお兄ちゃん、お姉ちゃんの手を借りて小学校1年生も頑張って乗り越えていましたよ~!

 

源流の場所で記念撮影♪

 

終わったころには、子どもたちは、まだまだ続けたい気持ちがうずうずしていました(≧▽≦)

 

お昼ごはんは自分たちで、かまどでご飯炊き体験

カレーライスが本当においしかったです( *´艸`)

ランチタイムは源流探しの振り返りも♪

ランチの準備やお昼からの準備等で行けなかった大人たちも一緒に楽しみましたよ~(^^)

 

ランチ後は、川のミニ講座

同じ天草市内の栖本町で中学生を対象に行っている川の生物調査の例なども挙げながら行いました。

 

川の生物調査&川遊び

 

荒川氏にも川遊びの講師になってもらいました(^^)

子どもたちもとてもなついていて“アラジン”と呼んだりして一緒に体験していましたよ~♪

 

また、見つけた生き物を一緒に熊本県発行の川のてびきを参考に、大宮地川の状況について調べ、「親しめる水環境」であることがわかりました(^^)

 

最後に特定非営利法人つなぐさんに戻り、着替えて閉会式。

 

最後に、小学4年生から「源流を探しに行って、あんな小さな川が大きな川になることを知れてよかったです。」「川の生き物をたくさん見つけられてよかったです。」などの感想も頂きました!

もちろん、川遊びもかまど炊きも源流探しで倒木を乗り越えられたことも子どもたちにとって良い体験になったようです!

 

台風の影響で日程がずれるのはしょうがないのですが、おかげで予定した講師やスタッフの日程が合わなくなったり、少しプログラムの変更を余儀なくされたりと、順風満帆ではなかったですが、有志に集まっていただき開催することができました!

また、今回の企画に賛同し、多大なご協力いただきました特定非営利法人つなぐの皆様、宮地岳地区振興会の皆様、本当にありがとうございました<m(__)m>

 

お陰様で、子どもたちのたくさんの笑顔が見られました!

 

主催の私たちもとても充実した1日になりました。ありがとうございました~~~\(^o^)/

 

 

※本企画は独立行政法人国立青少年教育振興機構「子どもゆめ基金助成活動」に採択いただき実施いたしました。