女性の心と体をコントロールする月の満ち欠けと植物ヒーリング @仙台

女性の心と体をコントロールする月の満ち欠けと植物ヒーリング @仙台

杜の都仙台にて、アロマテラピーとフラワーエッセンスの特長を体感して頂くためのワークや、ハンドメイドクラフトを制作。資格講座をはじめ、オリジナル講座、クラフトオーダー、トリートメントetc.

2016年9月より、こちらのブログへ引っ越ししました。

以前のブログも合わせてご覧頂きまして、引き続き宜しくお願いします⇒☆☆☆
現在、日時を決めての開催などは、特になく、
ご依頼頂くみなさまとのリクエスト日程で個別で決定しておりました。
近々受講希望でなくても、希望してみたい内容があれば、開催日程の状況や、
予約できる日程なども含めてお気軽にお問合せ下さい♪

 
※フォームが開けない場合には、こちらのアドレスまで→ aromakukka@gmail.com  

 

 

今年も、早速フラワーエッセンスと共に過ごしている私です❀

自分の為に、家族のために、そして、必要とする皆様へ

お花のエネルギー、植物の素晴らしい力、メッセージ

日々の暮らしに、日々のメンテナンスに♡

そっと寄り添ってくれる。。

 

フラワーエッセンスは、

それぞれの花(植物、樹木も含まれます)の生命体エネルギー

そして個性を活かして、

人間や動物が抱く感情や気質に効果的に働きかけるもの

バランスを欠いていた状態(マイナス、ネガティブ)から、

徐々に自然に本来のバランスのとれた状態(プラス、ポジティブ)を取り戻していく

 

もう少し詳しく綴ると、

花の持っているバイブレーション(波動)が、

私達が持っている感情のひとつである、”負の感情”つまり、

怒り、恐れ、不安、嫉妬、寂しさ、悲しみ、自信喪失、気力の低下など

日常的に陥りがちなネガティブな感情ポジティブな方向に向けと導いてくれる

 

 

アロマテラピーが、植物(芳香植物、樹木等)の天然の香り成分(有機化合物)を抽出したエッセンスに対して、

フラワーエッセンス(フラワーレメディーとも)は、同じく植物(花、樹木、草木等)から得られるものですが、

香り成分などの成分類ではなく、花の持つ、エネルギー(生命体)を取り出したエッセンス(レメディ)

フラワーエッセンスの場合には、花の生命体エネルギー(氣、波動など)転写した水です。

植物のエネルギー部分、生命体エネルギー、いわいる”波動”と呼ばれるものです。

人間にも、魂とか、オーラとか、目にはみえないけど、生きるために必要なエネルギーのことで、

それらが無くなってしまうと抜け殻というか、生き続けていくチカラが無くなってしまう。

波動は、特殊な機械を使わない限り、殆ど目で見ることは出来ません。

しかしそれは、とても強い影響力を持っています。

例えば、圧倒的な存在感のある人や、アートや音楽などは、

人の心、魂という奥深い部分にまで影響しますよね。そんな経験ありませんか?

有名な人や作品などに触れる機会があった場合、オーラがあるとか、物凄いパワーを感じたとか。

山の中、森の中、神社内を歩いていると、何かすごく身体が清められるというか。

触れたら、びびっと感じてくるものがあったとか。それは、決して目に見えるものでも、

カタチとして現れることも無いのですけど、でも、

この世に生を受けたものには、そういうものが備わっています。

この世に、生を受けて誕生してきた赤ちゃん

お母さんのおなかから新たな世界へ飛び出してきた最初の瞬間のあの産声、

まさに、究極の生命のパワーが溢れていますよね、

小さな身体全体で、びりびりとエネルギーを放って。

その日から、最期の瞬間まで、ゆるやかに、少しずつ、

そのエネルギーの灯が小さくなっていくようなものなのかなって。
フラワーエッセンスは体内に取り入れることで、

植物の持つバイブレーションが魂の深い部分に働きかけ、

心を癒し、本来の活き活きとした自分を取り戻す手助けをしてくれます。

"生命"あるもの、人間だけでなく動物、植物のすべての感情に対して働きかけてくれます。

 

 

植物の成分など一切入っていないので、副作用もなく、赤ちゃんからお年寄りまで安心!

無害なので、例え、ちょっと選んだエッセンスが違ったかな~としても、体に害はありません。

勿論、世の中に100%という断言を謳うものは、信用されにくいですが、

基本的に、清らかな水(湧き水、清水など)と、使用された植物のエネルギー分、

そして、このエネルギーが転写された水を保存するために、

防腐剤代わりとして、

小微量のアルコールまたは、植物性グリセリンを加えて販売されています。

 

 

フラワーエッセンス全般の使い方として、いくつかあります。

一番のスタンダードは、”飲用する”方法です。

市販されているフラワーエッセンスのボトル(ストックボトルといいます)から、

直接、口に垂らして飲む方法

または、飲み物や食べ物に垂らして、飲む方法。

1種類でも、複数のフラワーエッセンスを一度に飲んでもOK

(フラワーエッセンスのメーカーによっては、推奨方法があります)

そして、長期間愛用したい方には、「トリートメントボトル」作成などもおすすめ。

 

その他にも、飲むことに抵抗があったり、難しい場合には、

耳の後ろや、こめかみ、唇、

手首の脈の部分などに付けるのもOK

また、お風呂に垂らすのもOK

アロマクラフトのように、ミストスプレー作りの材料として、加えるのもOk

ボディーのマッサージなどをする場合に、オイルに加えるのもOK

 

フローラコロナ(アメリカ) 手作りのバスソルトにも(^^♪ 精油を加えてもOK

 

最初に、フラワーエッセンス(レメディ)をカタチにしたのが、

イギリス医師のバッチ(または、バック、バッハ)氏。

彼が1936年に38種類もの植物などから作りだした時から、まだ80年ちょっと。1世紀にもなっていない。

でも、この80年余りで、世界各国には、無数のフラワーエッセンスが誕生してます。

フラワーエッセンスばかりでなく、パワーストーンの力を詰め込んだ”ジェムエッセンス”というものが誕生したり、

動物や、海の生き物などの生きるエネルギーを詰め込んだ”アニマルエッセンス””シーエッセンス

色(カラー)のエネルギーからも”カラーエリクシール” チャクラや、

4元素などの体に必要な基本エネルギーのエッセンスも。

色々誕生して、どれを使ったらよいか、私も困ってしまうくらいです((笑))

 

自然のものには癒しのエネルギーがありますよね。 

森の中を歩くと気持ちが良かったり、海や水などに触れたり、体を浸していると、清らかになったり、落ち着いたり。

月や太陽、惑星など、昨年は裸眼でも火星や木星をみることができたラッキーな年でしたよね。

月の満ち欠けも、自然の法則に基づいて繰り返しされてますが、人間のリズムとも深く関わっています。

土の匂いや、樹木に触れたりすることも何か目に見えない力を感じてしまうときありませんか?

パワースポットと呼ばれるような場所なども。 神社やお寺、教会なども神聖な力が宿っているような。

どれもみな姿かたちはあるのですが、そこから感じる、受け止れるものがある。不思議なものがある。

だから、みなさん、足を運ぶのですよね。少し逸れるけど、除夜の鐘とか、初詣、初日の出なんかも。

縁起物も大好きですよね、日本。

 

植物にも、そういったチカラがあります。 

花などは、色があり、そして、姿かたち、そして、香りもある。それぞれ個性があります。固有のエネルギー。

フラワーエッセンスのお花の癒しのエネルギーは、生きているものたち(人間や動物に)の感情に作用するそうです。

体の症状に直接働きかけるものではいのですが、”病は気から”ということわざもあるように、

心も元気でないと、身体の調子も上り調子、安定していないものですよね。

体に不調を感じていなくても、心のなか、メンタルバランスが崩れているような時や、自分自身の性格、心構えに

いまひとつ腑に落ちないような時や、急に、アクシデントが発生してしまった場合の心のもちようなどに、

フラワーエッセンスは、それぞれの花(植物、樹木も含まれます)の個性に合わせて

その状況に対応するものを選ぶことで、

バランスを欠いていた状態(マイナス、ネガティブ)から、

徐々に自然に本来のバランスのとれた状態を取り戻していく

勿論、必ず全ての方が、効果を期待できるものとは言えません。あくまでも自然の恵みですので。

でも、こういった自然の恵み(漢方なども)を身体に取り入れてみようと試みる方は、

共通している思いがあるんじゃないかと。

できるだけ、体に害の少ないもの、体の負担の少ないもの、強い薬は控えたいなど。

毎日の暮らしのなかで、それぞれに工夫されている方も多いと思います。

 

選び抜いた花たちと自然の清水と太陽の光で作られたエッセンスたちは、

私達の体と心に優しく浸透していきます。 飲まなくてはいけなという常習的なものではないので、

気になっている間だけでも試してみるだけで良いと思います。

シンプルな作りですが、これらを作る為に、自然界の恵みがいっぱい入っています。

大自然の土の上で育っている植物と、その成長のために、太陽のエネルギー、

空気、水が必要です。 四元素(火、風、火、土)

それぞれに役割をもっていて、それ以外に余計なものを詰め込んでいない。

市販の薬は、人間が作った努力の結晶でありますが、

このフラワーエッセンスは、自然の恵みあって出来たものです。

勿論、作り手の思いはありますが、創作者は、選び抜いた地域と、水で

バッチ医師が作ったフラワーエッセンスの基礎から外れることなく、

オリジナルのエッセンスを作って下さっていると信じています。

 

バッチ医師が話していた内容一部をざっくり綴ると、

 

心は、最もデリケートで感じやすい部分ですから、

身体よりもずっと明確に病気の兆候と、その進行を物語ります。

心がどのように作用しているかを知ることで、

どのレメディ―(フラワーエッセンス)が必要になるかわかります。

 

恐れや不安、絶望といったネガティブな感情がコントロール不能になってくると、

最終的には、病気の発祥に繋がってしまう。

健康を維持するためには、内面に起きる根本的な原因をまず見極めて、

そして、ケアするのが大事だと。

 

人間には、本来、自然治癒力免疫力が備わっています。

私も、昨年(2018年秋)手術してからの術後の快復状況で、

自分自身で、実感させられています。

でも、不安や焦り、恐怖があると、一歩前に進めない、迷いが出てくるなど、

明るい気持ちになれなかったし、意欲もなくなり、時間が止まってしまったように。

そんな時、実際、私も自然のエネルギーを欲したくなりました。

山の景色、由緒ある神社を訪ねてみたり、大海原をじっと眺めたり、、。

そして、身近な植物を見て心が穏やかになったり。

アロマテラピーと併用して、フラワーエッセンスも活用してみたり。

エッセンスのメッセージを読んでいき、自分に足りなくなっている部分を

埋めていく作業をしました。 これは、病院ではできないことです。

あとは、何と言っても、そんな時に、支えてくれる家族や友人の存在は、大きいですね。

 

病気を患ったケースだけでなく、日々の暮らしのなかで、

常に、「気持ち」には、動きが有りますよね。 修行僧などでない限りは(*´Д`)

 

子供だって、学校での時間、放課後の過ごし方も色々。

家庭環境、人間関係複雑になってきましたから。

大人は、言うまでもなく、社会での暮らしにはストレスがつきもの。

ひとりひとり本当に大なり小なり抱えて生きていますよね。

”気分転換” ”リフレッシュ”という言葉は、

きっと、心がもんもんとしてしまった時などに使うのかなって。

それでも、実際に実行できればまだ心身リセットできるとおもいますが、

本当に抱え込んでしまうと、ストレスが山積みになってきてしまう。

負のスパイラルにハマってしまうと、抜け出せなくなってしまう。

体力があっても、気力(心)のエネルギーが絶えてしまったら、、、。

 

人間は、ネガティブな感情が多くなってしまうと

バランスを崩してしまいます。

 

子供も、若くても、繊細な心だけに、負担がかかってますよね。

今の子供たちは、環境で大きく変わってしまってますし。

お子さんにも、自然のチカラの偉大さを一緒に知ってもらいたい。

小さなお子さんのいるママさんには、一緒に体感してもらいたい。

花の色を見て、綺麗とおもったら、その気持ちをシェアしてあげて。

空気が美味しいと思ったら、一緒に沢山深呼吸!

フラワーエッセンスは、自然の恵みのひとつに過ぎないから。

大自然に触れる機会があれば、それだけで、身体も心も元気になれる!

それで十分なら、アロマもフラワーエッセンスも出番なし!

大自然万歳\(^o^)/ 大変よろしゅうございます◎

 

自分の心のなか、内なる声、気持ちを

人前で、話したり、文字にする機会ありますか?

 

寝る前でもいいですし、ぼんやりできるほんの少し、

自分と向き合ってみる時間を作ってみる

自分の心のなかに、引っかかるものや、思いだすと涙がこぼれる、怒りが増すなど、

眠っていた感情、ずっと前から隠していた感情など

ある景色を見ていたら、感情が揺らぎ始めたり、

音楽を聴いていたら、泣けてきたり。。

道端の草花や樹木を見て、

「四季」を感じる心がありますか。

 

寒い冬が終わると、日本が誇る「」の季節が。

近所の神社(2018年春)

桜、日本人って好きですよね。私も好きです🌸

 

(スモモの木 無料写真より)

バッチシリーズに、「チェリープラム」というエッセンスがあります。

これは、和名でいうと、”ベニハスモモ”になりますが、桜に似てます。

イギリスには、当時、桜は存在していなかったのでしょう。

このチェリープラムを、桜に近いものとして見ていると、

バッチが添えたメッセージに、納得する部分があります。

-------------------------------------------------

【恐れと不安】がテーマ

感覚が混乱してしまって、自分をうまくコントロールできない。

希望すら無くして、自傷行為や他人に害を加えようという状況。

自分の理性を保てなくなり、常軌を逸した状態になってしまった。

暴飲暴食。暴走してしまう行為。依存症などから抜け出せなくなっている。

ヒステリー性。突然かんしゃくを爆発させたりする。

↓↓

落ち着いて、自分の感情をコントロールすることができるように。

例え、苦しい状況であっても、理性をもって自分を穏やかに保てるように。

-------------------------------------------------

 

どんなところに納得したのか?

これは、過去の記事でも書いたことがありますが、

 

日本人は、いつからか、春になると、桜の花を見る=「お花見をする」ことが定番になっていてますよね。

桜を前にして、綺麗な咲ぶりに感動したり、思わずシャッターを押し続けていたり。

新生活がスタートする時期と重なるので、学生グループや会社の同僚の方などで、

集団で、桜の下で宴会などをしたり。 家族連れでほのぼのと過ごしたり。

これも、全て、あの桜が咲いているからこそ、そんな気持ちにさせてくれますよね。

桜を見て、感情に変化が起きているのです。

 

桜の咲き方にもよりますが、

薄ピンク色や白の桜がびっしりと咲いていたら、

気持ちはどうでしょう? 最高な気分じゃないでしょうか。

心が穏やかにもなる方もいれば、

感情豊かになって、動きもオーバーになったり。

歌いたくなる人もいれば、涙が出てきてしまうかも。

良い思い出ばかりでもないとおもうから、

桜をみて、悲しく、辛い思い出が蘇ってしまう方にとっては、

できたら、避けたい季節、花であるでしょう。

その時の感情は、ひとそれぞれ。

 

バッチ氏がチェリープラムを見た時に感じたのが、

感情が高ぶり、激しい感情さえ生まれたようなお話が綴られていました。

綺麗ということもあったでしょうが、それ以上の何かを感じたでしょうね。

彼は、医師であり、その他にも多彩な才能がある方だったようですので、

植物から感じとるメッセージなどにも敏感に反応していたようです。

 

なお、日本でも、国産のフラワーエッセンスを作り始めている方が

増えてきており、嬉しいことです。

私も少しですが、一部のエッセンスを利用しています。

日本の代表的な花木「桜」を実際に使ったエッセンスもあります。

そのエッセンスなら、より日本人の心に近いエネルギーを宿しているような気がします。

バッチフラワーは、基本として、それ以外にも多くのエッセンスが誕生していますので、

興味があれば、都度、使っている私です。

 

フラワーエッセンスの概要や、ひとつひとつの紹介は、また改めて。

私が伝えたいことをぎゅっと詰め込んだ内容でお送りしました。

新春イベントなど、初めて使ってみようかなと思う方へ、

私の言葉ですが、少しでも興味をもって下さったら幸いです。

更に詳しい話や個別のお問合せは、改めて別途ご案内させて頂きます。

 

ありがうございました。

 

2019年 1月

 

新春イベントお申込受け付け中です!~2019年新春イベントのご案内こちらからご覧下さい♪

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス