【2018年12月6日のアロマ風水的開運アロマ】 | 「香りのお守り」新時代の開運メソッド~アロマ風水

「香りのお守り」新時代の開運メソッド~アロマ風水

アロマセラピーと風水を融合した世界初の開運メソッド アロマ風水創始者 横井靖弘


テーマ:
 ~アロマセラピーと風水を融合させた世界初の開運メソッド「アロマ風水」~
 
 
アロマと風水を融合した新時代の開運メソッド
『アロマ風水®』創始者の横井靖弘です。
 
 


人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
みなさまの応援が更新の励みになります^^
 

 おはようございます。

 

 

 

自動代替テキストはありません。

 

 

今ならお友達追加してくれたお礼に
【金運アップ】のヒミツの方法をプレゼントします(^O^)/


⇒ https://line.me/R/ti/p/%40uvz5906g

 

ここでしか発信していない
特別な開運法を毎朝お伝えしています^^

 

 

アロマ風水では、
宿命のエネルギーバランスから
その人に必要な開運のアロマを導き出します。
 
 
 
これは、お一人お一人を鑑定していかないと
キチンとしたものは判断できないのですが、
 
 
 
地球レベルでみる
今日1日のエネルギーは
皆、平等に働きかけます。

 

 

本日2018年12月6日は壬申の日
アロマ風水的開運アロマは
“水”の五行のエレメント“ジュ二パー”です。

 

 

画像に含まれている可能性があるもの:植物、木、花、屋外、自然

 

 

【ジュ二パー】
  
・科名 ヒノキ科
・精油抽出部分 果実
・芳香 爽やかでウッディなバルサム調の香り
・効用 抗カタル作用 抗感染作用 利尿作用など
・スピリット(霊性) 強化する 負担を楽にする 力を与える
・五行 水(そして金) 
  
 
   
ジュ二パーは人間が最初に利用した植物の一つで、
その裏付けとして球果の遺物が
スイス湖畔の先史時代の遺跡後で発見されています。
 
 
   
英語の「ジュ二パー」はラテン語で
「若い果実」を意味するjunioresに由来します。
 
 
   
古代ギリシア人は伝染病に打ち克つために、
チベット人やアメリカ先住民は儀式を行う際に焚き、
中世ヨーロッパでは万能薬として
考えられていました。
 
 
   
ジュ二パー油のピリッとした芳香を嗅ぐと
エネルギーと心理に働きかけ、
邪を散じる浄化力があります。 
 
 
 
失敗を恐れる不安感や恐怖心を浄化し、
人生で遭遇する困難に負けない意志や
精神を強めてくれます。
   
自動代替テキストはありません。

 

  
ぜひ、本日の開運アロマ
ジュ二パーを身にまとい
     
    
    
実り多き1日を
お過ごしください^^

 

 

あなたが「幸せと豊かさの新しい扉」を開くために必要な
あなたの「開運のアロマ=香りのお守り」は何でしょうか?

 

自動代替テキストはありません。

 

 

“2019年を香りで最高の運氣に!”
◆アロマ風水特別鑑定会

 

【開催日時】


2019年1月8日(火)13時00分~15時00分
2019年1月13日(日)13時00分~15時00分 

 

 

【参加費】
通常価格14,000円 → 特別価格2,940円(税込)

 

開催日や詳細はこちらからご覧ください

 

⇒  https://goo.gl/YmtLtQ

 

 



人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
みなさまの応援が更新の励みになります^^

 

アロマ風水®創始者 横井靖弘さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります