暫定1位! オーストリア航空 ウィーンー成田 ビジネスクラス機内食 | Cielオフィシャルブログ「月に一度の世界スパ&ホテル巡り」Powered by Ameba

Cielオフィシャルブログ「月に一度の世界スパ&ホテル巡り」Powered by Ameba

月に一度巡る、世界のラグジュアリーホテル&スパ、ビジネスクラス搭乗記、空港ラウンジなど、好きなことを綴っています。

こんにちは。

今日は、オーストリア航空 ウィーンから成田、
帰国便の機内食について。
私が搭乗したビジネスクラスの中で、今のところ1番と思っています。

往路のレポートで、機内設備や詳細を書いていますので、
復路は、機内食のみさらりと(と言えないくらい多くなってしまいますが)ご紹介。

→ オーストリア航空 ビジネスクラス 機内設備・シート
→ オーストリア航空 ビジネスクラス アメニティ・機内設備
→ オーストリア航空 成田→ウィーン ビジネスクラス 機内食 その1
→ 素晴らしすぎる珈琲メニュー!オーストリア航空 機内食 その2 デザート編




配置は、1-2-1と、2-2-2が交互になっています。
1席は、実質2席分となるので、このお席は非常に快適です。






お布団、枕もふかふか。






一番先頭のお席を確保です。





私のお席は、1Kです。 






モニターも大きいです。





DO&COプロデュースの機内食。






フライングシェフは、撮影慣れしていらっしゃいます。
お写真撮りたい、と告げると、ご自分がポーズ決めてくださいますよ。






まずは、アペリティフ。
シャンパンとナッツ。






オーストリア航空と →トルコ航空は、
同じDO&COによる機内食ですが、
パンのレベルは雲泥の差。
もちろん、オーストリア航空の勝ち。







ワゴンサービスの前菜メニュー。
好きな物を好きなだけいただくことができます。







前菜、和食の方は、一皿プレートになっています。





シェフが一つずつお皿に盛ってくださいます。






オーダーするまでもなく全種類。
マッシュルームのフライが美味しかった♡






続いてスープ。





ただでさえスープ好きですが、
乾燥した機内で、熱々スープをいただけるのは、本当に有り難いです。







メインは、4種類からセレクト。





客室乗務員の方におすすめを伺うと、ぶりの照り焼きということで、こちらをオーダー。







ちょっとお魚はぱさついていますが、
柚子の風味がしっかりついた味付けはなかなかのものでした。


食後のデザート、着陸前の朝食については、また次回書きます。

Cielさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス