アマンサマーパレス北京のスパ | Cielオフィシャルブログ「月に一度の世界スパ&ホテル巡り」Powered by Ameba

Cielオフィシャルブログ「月に一度の世界スパ&ホテル巡り」Powered by Ameba

月に一度巡る、世界のラグジュアリーホテル&スパ、ビジネスクラス搭乗記、空港ラウンジなど、好きなことを綴っています。


テーマ:

こんばんは。


再び、北京のレポートに戻ります。


遅くなってしまいましたが・・・

アマンサマーパレス北京 のスパをご紹介したいと思います。


外観、及び、ホテルの内の様子はこちらをご覧ください。



月に一度の世界スパ&エステ巡り



こちらが、スパの受付です。

私一人に対して、スタッフが二名、セラピストが一名、専属でついているかのようでした。

本当に至れり尽くせり・・




月に一度の世界スパ&エステ巡り



今回は、二人用のお部屋に通していただきました。
最近は、どちらのスパへ伺っても、空いている限り、

だいたい二人用のお部屋を利用させていただきます。

どこのスパでも、お客様にゆったりと過ごしていただきたいのでしょう。




月に一度の世界スパ&エステ巡り



お着替えのガウンとお洋服、アメニティ、スリッパ、全てアマン仕様になっています。

着心地、触り心地がとても良く、快適。




月に一度の世界スパ&エステ巡り



見た目も可愛いですが、着るとなお良さがわかります。




月に一度の世界スパ&エステ巡り



お部屋の中は、お着替えエリア、スティーム型シャワーブース、お手洗い、お風呂、

そして、独立型のトリートメントルームとなっています。

とても広く、時間を気にせず使用できるのは、アマンの素晴らしいところ。

通常のスパですと、こういった完全個室型タイプのお部屋は、

お部屋のin からout まで、全て混みで何時間・・・などと設定されているところが多いです。



月に一度の世界スパ&エステ巡り




デザインや色合い、照明具合が全てバランス良く、統一されています。

シンプルでありながら、よくよく見ると、こだわりを感じられるインテリアがあります。

さりげない演出がなんともにくいです・・・




月に一度の世界スパ&エステ巡り



こちらが、スチームサウナ付きシャワールーム。そしてお隣がトイレです。

私が、お部屋に入った瞬間、ベストな状態の温度に保たれていました。

お部屋に入るのは、トリートメント時間の一時間前からでも良いそうです、すばらしい!




月に一度の世界スパ&エステ巡り




窓から見える光の反射具合が絶妙です。

些細なことなのですが、計算し尽くされているのでしょう。



月に一度の世界スパ&エステ巡り



まずは、施術前にフットバスから。

このファーストタッチで、セラピストとの相性がだいたい分かります。

ここで、NGかも・・・と思った直感は確実に当たってしまうので、毎回緊張してしまう瞬間です。




月に一度の世界スパ&エステ巡り




こちらがトリートメントルームです。

ここはアマンですが、海辺ではないのです。

随所にしっかりと中国の歴史を感じるような・・・そんな感じのお部屋でした。




月に一度の世界スパ&エステ巡り



アフターティーです。おそらく鉄観音だったと思います。


施術についてですが、

はっきり申し上げますと、技術的にはものすごくお上手というわけではありませんでした。

ただ、技術的なレベルどうこうよりも、

雰囲気や待遇、ホスピタリティーの面で、申し上げようがないほど素晴らしいので、

それだけで満足感の気持ちでいっぱいになるのです。


今回も、こちらにくるために・・・北京にきた甲斐があったな~と思いました。


また、ここアマンサマーパレスは、

北京の喧騒とは全くの別世界で、同じ市内とは、いいえ、同じ国は思えないほど、

ゆったりと穏やかな時間が流れています。

おそらく、お隣にある世界遺産、頤和園からのパワーもチャージされ、

その相乗効果もあるのかもしれません。


身体の凝りを解すことは、対処療法、どこででも誰にでもできること。

けれども、心が解され、気持ちが満たされることはなかなか難しいものです。


そういった意味でも、今回はとてもエナジャイズされたスパ巡りとなりました。


アマンジャンキーになるためにも、また明日から頑張ろう!


Cielさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス