スイス発アンチエイジングケア@スパ・ヴァルモン ル・ムーリス | Cielオフィシャルブログ「月に一度の世界スパ&ホテル巡り」Powered by Ameba

Cielオフィシャルブログ「月に一度の世界スパ&ホテル巡り」Powered by Ameba

月に一度巡る、世界のラグジュアリーホテル&スパ、ビジネスクラス搭乗記、空港ラウンジなど、好きなことを綴っています。


テーマ:

こんにちは。



昨日に続きまして、スパ・ヴァルモン ル・ムーリス について。

前回のブログはこちら。



月に一度の世界スパ&エステ巡り




地下一階に行き、エレベーターを降りてすぐにフロントがあります。

癒しやリラクゼーションというよりは、エステティックよりの店構えでした。




月に一度の世界スパ&エステ巡り




更衣室は、広くなく、こじんまりとしています。

宿泊者のみなのかしら?と思うほど、規模は小さいです。




月に一度の世界スパ&エステ巡り




アメニティは、 Penhaligon's

英国王室御用達のトータルグルーミングブランドです。

ロンドンのラグジュアリーホテルは、

このペンハリガンのアメニティを置いているホテルが多かったです。




月に一度の世界スパ&エステ巡り




ロッカールームです。

更衣室は、始め誰もいなく・・・貸切だったのですが、

終わるころには、続々ときて、一気に窮屈な空間となってしまいました。。。

宿泊者の方がほとんどで、バスローブでいらしているご家族もいました。




月に一度の世界スパ&エステ巡り



サウナも二人入るといっぱいになってしまうくらい小さいものでした。




月に一度の世界スパ&エステ巡り




バスローブを好きなだけどうぞ・・・

ってなんだか贅沢です。




月に一度の世界スパ&エステ巡り




こちらがトリートメントルームです。

8畳くらいあるかと思います。

ただし、ベットが狭いんです・・・

そして、ヘッドレストがないので、穴のあいたベットに顔をうずめる形となります。

私はこれが苦手なので、あまり寛ぐことができませんでした。




月に一度の世界スパ&エステ巡り




お茶は普通のお紅茶でした。





月に一度の世界スパ&エステ巡り



スパの一番奥にはジムがありました。

こちらもとてもこじんまりしています。




月に一度の世界スパ&エステ巡り



こちらが、ドライフルーツとミントティーとお紅茶です。

リラクゼーションルームはなく、目の前に椅子が置いてあるだけで、簡易的なものでした。




月に一度の世界スパ&エステ巡り



こちらがジャグジーです。

水着着用、男女兼用かもしれません。

ジムに行く廊下の間にあるので、男性も普通に通ります。

こちらもできたら、三人くらいしか入れないくらい小さいです。




月に一度の世界スパ&エステ巡り


ジャグジーの隣には、ミストサウナがありました。




トリートメントについてですが、技術はさすが・・・でした。

ヒップまで遠慮なく、しっかりトリートメントしてくださったのは、嬉しかったです!

圧も均等ではなく、部位によってかなり差を出していたのですが、

リズムは一定だったので、心地よかったです。ちなみにリズムは早めでした。


そして、香りがとっても良かった~。

「ヴァルモン」のプロダクツは、スイス発のアンチエイジングに効果的な実力派コスメとのこと。

私がトリートメントで使用したオイルは、本当に良い香りだったので、

次回は、この商品だけ購入しに行こうかなと思っています。


トータル的に・・・・

こちらのスパは、良い意味で放置主義?のような感じです。

と申しますのは、あまり説明もないですし、愛想も良くなく、淡々と事務的にこなすような感じです。

でも、何かこちらから質問をすると教えてくださる。

ですから、過剰なサービスや丁寧さはありませんが、

必要があればしっかりと対処してくださるという感じでした。


もしかしたら、常連の方やホテルゲストにだったら、対応は違うのかもしれませんが(笑)


お値段は、先日ご紹介した、アンフォンテーヌスパの方がお高いんですよ~!

アンフォンテーヌスパ その1    その2


ですから、ル・ムーリスのホテルの規模から考えると、このスパはとてもお得だと思います。


でも・・・

パリで、スパに一日行くのであれば、私はアンフォンテーヌスパをオススメします^^



Cielさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス