牡馬は社台のサンダーカップの16、牝馬はサンデーのドナウブルーの16でした。

いずれも血統表からの狙い馬ではなく、自分でも意外です。

両馬ともはバランスがよく、サンダーカップの16は最低でもオープンにいける馬体。

ドナウブルーの16は秀でたスピード特性がうかがえるのではないか、と。

測尺を見ながら、改めて、ゆっくりと検討して、候補馬の順位は変動するかもしれません。

G1のワイの16は、場合によっては、第一希望でいこうかと思っていましたが、首がたっているのが、とても気になりました。

ちょっと、嫌かな。

 

みなさんの、第一印象は、何が良く見えましたか?