熱中症の症状と予防・対策(ミントのアロマで冷湿布) | 肩こり・冷え性・ストレス解消「アロマサロン&スクールALC(アルク)」静岡市安倍川駅前

肩こり・冷え性・ストレス解消「アロマサロン&スクールALC(アルク)」静岡市安倍川駅前

毎月「こども病院」さんなどの医療・介護施設に訪問して医師や患者さんに施術しています。お店は静岡市安倍川駅徒歩1分☆肩こり・冷え性・ストレスでお悩みの方は『アロマ アルク』を検索!http://aroma-life-creation.com/


テーマ:

全国で【熱中症】の被害が広がっております。
命に関わることもありますのでくれぐれもご注意ください

 

※以下は厚生労働省からの報告をもとに加筆しております。

 

◆「熱中症」とは・・・


高温多湿な環境に長くいることで、徐々に体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調節機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもった状態を指します。


屋外だけでなく室内で何もしていないときでも発症し、救急搬送されたり、場合によっては命の危険性もあります。
熱中症について正しい知識を身につけ、体調の変化に気をつけるとともに、周囲にも気を配り、熱中症による健康被害を防ぎましょう。

 

 

◆熱中症の症状
①めまい、立ちくらみ、手足のしびれ、筋肉のこむら返り、気分が悪い。
②頭痛、吐き気、嘔吐、倦怠感、虚脱感、いつもと様子が違う。
➂重症になると、返事がおかしい、意識消失、けいれん、からだが熱い。

 

 

◆熱中症の予防のために
◇こまめな水分補給・・・
室内でも、外出時でも、のどの渇きを感じなくても、 こまめに水分・塩分などほ補給する。

 

◇室内では・・・
①扇風機やエアコンで温度を調節。
②遮光カーテン、すだれ、打ち水を利用。
➂室温をこまめに確認。

 

◇外出時には・・・
① 日傘や帽子の着用。
②日陰の利用、こまめな休憩。

 

◇からだの蓄熱を避けるために
①通気性のよい、吸湿性・速乾性のある衣服を着用する。
②保冷剤、氷、冷たいタオルなどで、からだを冷やす。

 

 

◆熱中症が疑われる人を見かけたら
①エアコンが効いている室内や風通しのよい日陰など、涼しい場所へ避難させる。
②衣服をゆるめ、からだを冷やす(特に、首の回り、脇の下、足の付け根など)。
➂水分・塩分などを補給する。

 

◆アロマの冷湿布で、暑さ対策
暑さが体にこたえそうな時には、体温が上昇しすぎないように、首筋に冷湿布をするとよいといわれます。
湿布の水にペパーミントを加えれば、さらに体感温度を下げるのに役立つでしょう。

 

<冷湿布の仕方>
洗面器などに水をはり、ペパーミント精油を1~3滴入れて混ぜ、タオルや布を浸します(写真をご参照ください)。

 


水を絞り首筋にあてます。

 

※湿布が皮膚に一定時間、密着しますから、皮膚の精油に対する反応や、湿布する時間の長さに注意しましょう。

また、目の周りや皮膚の弱いところでの使用は控えましょう。

 

 

<ご注意>
◆暑さの感じ方は、人によって異なります
その日の体調や暑さに対する慣れなどが影響します。体調の変化に気をつけましょう。

 

◆高齢者や子ども、障がい者・障がい児は、特に注意が必要とされています。
①熱中症患者のおよそ半数は高齢者の方です。
高齢者は暑さや水分不足に対する感覚機能が低下しており、暑さに対するからだの調整機能も低下しているので、注意が必要です。
②子どもは体温の調節能力がまだ十分に発達していないので、気を配る必要があります。
➂のどの渇きを感じていなくても、こまめに水分補給しましょう。暑さを感じなくても 室温や外気温を測定し、扇風機やエアコンを使って温度調整するよう心がけましょう。

 

執筆責任者:アロマサロン&スクールALC
http://aroma-life-creation.com/

静岡市安倍川駅前・アロマサロン&スクールALCさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス