子宮に話しかける♡ | 広島市安佐南区 介護をしている方のためのアロマ&よもぎ蒸しサロン *Healing Space Micro*

広島市安佐南区 介護をしている方のためのアロマ&よもぎ蒸しサロン *Healing Space Micro*

自宅サロンや介護アロマの情報、アロマ・よもぎについて、happyに生きる気づきを書いています。

最近、毎日やっているのが“子宮に話しかける”ことドキドキ



朝一、目が覚めて子宮のところに手を置いて話かけたり、
お風呂の中とか、ふとした時にも意識を向けて話しかけています。



「おはよう」とか
「いつもありがとう」とか。



3年前からよもぎ蒸しを始めて子宮を温めてきたんだけど、

話しかけるっていう概念が一切無かったんですよね。



それが、池川先生と咲弥さんのセミナーを視聴してから、


そうだよね。子宮の声を無視して自分勝手にやってきたなぁ、ごめんね。


って気持ちが湧き上がってきました。



女性の体は生理が始まってから、ずっと妊娠を待ちわびているそうで、



だけど、

結婚してから

○○がこうなってから


ってしていると、子宮や卵子も臍を曲げちゃうそうです。



そこに、結婚したら早く妊娠‼️とは、子宮からしたら自分勝手なことで



だから、普段から話しかけてあげることが大事だそうです。



女性ってやっぱり子宮のリズムの元に生活していて、


子宮と仲良くなることは自分のリズムを知ることに繋がるのだと思います。



自分の体を信頼して委ねてると、体が導いてくれるっていう考えです。



体のリズムを意識して大事にしてると、生理中無理して仕事するのも相当頑張ってるんだなー、と思うようになってきました。



私の場合は、好きな仕事だし過酷でないので大丈夫だけど、介護士してたときは結構しんどかったんですよね。



特に生理が夜勤に当たると最悪でガーン



そういうことを振り返っても、ムチ打ってやってきたなって思うんです。



それが当たり前の世の中だからこそ、そこに流されず大事にしてほしいなって思います。




でね、子宮に話しかけると子宮は温まるそうです!!



話しかけることも温活の1つラブ



これは、子宮を摘出したからとか関係なくて、話しかけたらいいそうですよラブラブ



今日から始められるカンタン温活でしょ?ウインク




ぜひぜひ、ご自分の愛しい子宮に話しかけてあげてくださいね。