父の病 長文です

テーマ:
わたしの父は
ステージ4の大腸がんです

脊柱管狭窄症
心筋梗塞
消散性肛門痛

これらの病も併発しています



頑固で
素直さがない爺さんです

真面目に薬を飲めなくて
いつも先生から
お叱りを受けています

薬を飲むように
母が促すと
煩いと母を怒ります

食器を洗う音が煩いと
母を怒ります

思うように物事が進まないと
母を怒ります

母はそんな父に対して
物凄くストレスを感じています

甲斐甲斐しく世話をしてますが
物凄くイライラしています

父がなにか言うと
それに対して
小さな声で
文句ばかり言っています

そりゃ
そんな生活
ストレス溜まるだろう
そこは理解出来ます

でも
相手は痛みを抱える病人
頑固な性格は
今に始まった事ではないし
始終痛みを伴えば
(消散性肛門痛は
かなりの痛みを伴うそうです)
イライラもするでしょう

その病人相手に
文句を言う母・・・

どう思います?


座っているのも
辛いようで
最近では
横になっていることが多くなり

今日も実家に行った際
頑張って
かなりの量の薬を
飲もうとしてた父

漢方の袋を切ったり
錠剤を出したりするのも
億劫なんでしょうね・・・

いつも
その作業を母にやらせているようで
嫌がっていた母に代わり
わたしがやりました

それを見ていた母から
「まるで子供だよ💥」
と言う言葉が出ました

父が薬を飲まなかった時期は
なんで飲まないのか!と
文句を言い

頑張って飲み始めたら
今度は手伝うのが
疎ましいのか
子供だとけなす・・・

その様子に私もイラッときて

あまりに父が不憫になり
母にぶつけてしまった

「そんな文句言ったって仕方ない
相手は病人
痛けりゃイライラもするし
薬だって飲みたくない時だって
あるだろうさ!
それでも飲もうとしてる人に対して
その言い方はないんぢゃないか」

と・・・

するとは母
「私だって一生懸命
助けてるつもりだけど
なんかあれば
怒鳴られて
そういう辛さ
あなたにも分かって欲しいのに!
薬を飲むようにとか
痛みが酷いなら
病院に行くようにとか
もっとあなたからも
お父さんに言ってほしいのよ!」

と言われた。

以前
私や娘が
「薬をちゃんと飲むように」
と父に言った時

私たちが帰ってから
母がめちゃくちゃ怒られたそうで
(孫にまで薬がどうの
いわせるな!と)

もう、薬のことは
お父さんには言わないで
と言ってきたのは
母です。

痛ければ病院に行くように
とか
あまりお母さんを
怒らないようにとかは
母にわからないところで
父には話していました。

あまり言うと
また
「娘に言わせて!」
と母を叱りつけてはいけないと私もほどほどに
それでも
帰り際にはいつも
父にしてみたら
ちょっと痛い言葉を
一言チクッと
言い残して帰っていました。

それなのに
母からのその言い草!


お母さんの気持ち?
わかってますとも

少なくとも
私は結婚当初に義母がガンになり
甲斐甲斐しく世話をする
義父を見ている


抗がん剤の
副作用や入院ストレスで
苦しむ義母の姿も見てきてる


長女がまだ小さい頃で
お見舞いに行くのも
気が引けた時もあり
行かなかったら
酷い嫁だ!
と貶された事もあり
悔しい思いをした事も数しれず...

だから
ガン患者
看る立場の辛さを
ある程度
両方理解しているつもりだ

「たまにしか来ないあなたの前では
お父さんだって
いい顔しかしない!」
(私がいる時は怒鳴ったりは
しないので、私に母の辛さは
分からないでしょうという意味)

まで
言われた
(ꐦ꒪⌓꒪)

たまにしか
これませんよ
それでもマメに
来ているつもりですが!

そんなことを
胸の中で思いながら

「だったら私
ここに住む?
いた方がいいならずっと居る?」

声を荒らげてしまった・・・

黙る母

席を外していた父が
戻ってきたので
その話はそこで
終わったけど

老老介護
ほんとなんて言うか
悪循環です。

連休後半また
様子を見に行くつもりですが


全くどうしたらいいものか

😕