第19回日本統合医療学会のアロマ体験ご報告 | アロマリラックス(リフレインセラピストカレッジ山口校)&グリーンフレグランス

アロマリラックス(リフレインセラピストカレッジ山口校)&グリーンフレグランス

山口県宇部市 心と身体の健康に役立つ教室 アロマテラピーコンサルティング

12月12日13日、第19回日本統合医療学会大会が山口市で開催されました。


全国の医療現場で、西洋医学の医療以外にも全人的に診ている施設や専門家が発表される大会です。


今の病は心が絡んでいますが、心の医薬品などはなく、


その分野を補うのが、アロマテラピーなどの代替療法になります。


そのような大きな大会に、当校の生徒さんで設立した山口アロマテラピーコンシェルジュ(YAC)が


体験セッションでアロマテラピーハンドトリートメントを担当することになりました。


このようなビッグイベントを経験するのは、最初で最後かもしれませんので、


アロマセラピストだけで進めるより全員でこの貴重な経験をし、個々のスキルアップを図ってほしいと


思い、メンバー全員に声掛けをしたところ、18名が集まりました。


アロマセラピストとアロマセラピスト以外の資格では、最初から技術の差があります。


アロマセラピストコースでは技術も磨きますが、それ以上に勉強課程で自分と向き合うことも


必要とされます。


施術に対する意識は、取得している資格とともに異なり、


経験の少ないアロマセラピスト以外のメンバーの緊張感や不安感を払拭するには、「練習あるのみ」ビックリマーク


みんなでできるかぎりの準備をして、いざ本番。





それぞれが担当時間のときのディスプレイも準備しました。



みんな素敵にディスプレイされていますビックリマークすごい~アップ














本番では、13時~17時を5テーブル用意し、お一人様20分の施術時間なので、


施術者は3名を対応するようにしました。


たくさん練習しても、本番には体験希望者が殆ど来なくて、


時間があるからお互い施術のしあいこかも・・・という現実も想定できることを伝えておきました。




実際は、開始2時間後にすでに60名分の枠は全て予約で埋まり、


20名以上はお断りするような状況でした。


全員が3名ずつ施術をすることになっていて、


「会話も楽しむように。」とハードルも上げていたので、不安になるメンバーも多かったのですが、


なんだか賑やかなアロマブースになっていました。




何度も指導したのは、20分以内で終わらせることでした。


しかし、全員ができません。


話が弾むと、手が止まり・・・


結果、時間がずれる。


お客様のご都合で予約時間を選んで頂いているので、時間厳守です。


聴きたい発表の会場入りに間に合わないというのを避けたい。


時間が10分もずれているところは、次の被術者に対し、手の空いている担当時間ではない施術者が


もう1名入り、同時で両腕を行い、時間調整しました。


これでなんとか時間管理ができました。


しかし、最後にトラブルが発生してしまいました。


1名の予約者がテーブルが空いていなくて、着席できない事態が生まれてしまいました。


予約者は、かなりのご立腹。


「時間より早めに来ているのに、何故できないの?」


このような事態は、メンバーには責任が重すぎるので、私が対応しようと


スペースがとれそうなテーブルに横で施術させて頂きました。


その方は、遠方からの参加者で不調の両手首をカバーするため、両方にサポーターをつけて


いました。


その方が短気ではなく、このような体調だと心も不調になります。


話を聴くところによると、昨年の大会でアロマハンドトリートメントを受けることができなかったから


今年は予約できたから楽しみにしていたそうです。


2日間の大会なので、荷物も多く、2年も続く不調の手で運ばれてきているわけです。


私がどうやって会話を進め、どんな施術をしているのか、メンバーが観ているのも気づいていました。


私が目指すのは、目の前の方の「満足」です。


最後におっしゃたそのお客様の言葉。


「枡田さんね。名前覚えておくわ。」


もちろん、いい意味。


なぜならこわばっていた手が緩んで可動域が広がったからです。


かなり楽になられたようで、ハンドトリートメントのサロンがあるといいのに・・・とおっしゃっていました。


全員が時間通りに行えば、このような事態になりませんでしたが、


チームだからフォローできることもあるということも学びのひとつになりました。


私もハンドトリートメントの有効性を確認できた最高の時間でした。













今回の経験は、個々の成長になったと思います。


年末の最後のビッグイベント。


来年の目標もできたメンバー、自信がついたメンバー、課題が見えたメンバー・・・と様々。


YACの皆様、お疲れ様でした。



そして、今回の大会の発表者に「アロマテラピー」というキーワードをあげた演者が多いことに


驚きました。


まだまだ可能性の広がっているアロマテラピーです。


演者の皆様の発言から、私の来年の動きも見えてきました。


いつまでも私らしく突き進んでいきたいと思います。






Aroma Relaxさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス