三陸みらいフェア

テーマ:
こんばんは。Lime tree の津布久です。
今日はポカポカ陽気でしたね。
春の服装でも急ぎ足だと汗ばむほどでした。

用事があって有楽町に行ったのですが、
有楽町イトシアの地下の出口で
(有楽町駅前地下広場と言うらしいです)
高校生が「三陸みらいフェア」を開催していました。都内の高校生が有志で行っている団体、(3.11)∞実行委員会が主催しているイベントだそうです。


高校生たちは2014年から活動を始めたそうです。三陸の「今」を伝えて、震災の教訓を伝えています。販売している商品にはそれぞれに大震災を乗り越えてきたストーリーがあって、頂いたパンフレットには商品とそのストーリーが紹介されていました。

私は美味しそうなアヒージョ2種類とチャウダーを購入しました。他にも色々な美味しそうな物がありましたよ。
帰り際、対応してくれた子が「興味を持ってくださってありがとうございます」と言ってくれて、彼女たちの真剣さが伝わってきてちょっと胸が熱くなりました。

今日は東日本大震災に遭われた方々のこと、最近の大きな自然災害に遭われた方々のこと、そしてこれから起こるかもしれない大地震について改めて考える機会をもらいました。

「三陸みらいフェア」は明日まで開催されています。商品のストーリーの書かれたパンフレットも頂けます。
有楽町近辺にお出掛けの際は立ち寄ってみてくださいね。