こんにちはニコ



ただいま練習中の…
羊毛フェルト刺繍のくるみボタン



ついさきほど、4つ目が完成しました。
だいぶ慣れてきましたヾ(@^▽^@)ノ



さて、今日は大好きなボンバーさんが、
ハロウィンぱーちー(←オバマブログより引用)に出演されるそうなので
私もひとつ、ハロウィン仕様を作ってみました♪(*゚ー゚*)



↓ コチラ♪ ハロウィン仕様のくるみボタンかぼちゃ
photo:31

ハロー♪みなさん。

デスノートン 研二さんです。。。

もう…研二さんの面影がほぼないような気がするのは私だけでしょうか…(・Θ・;)




さてさて本日…これより以下は

『羊毛フェルト刺繍のくるみボタンの作り方』音符

ご紹介したいと思います~



①まずはじめに。刺繍したい図案の下絵を描きます。
photo:01

デスノートン研二さん & キッティ研二さん(右)





②厚紙に下絵を写して、型紙を作ります。
photo:02

下絵を裏返して、えんぴつでなぞると
カーボンがなくても大丈夫です♪





③同じものを<2枚>用意します。
photo:03

下絵が写せました♪





④カッターで型紙を切り抜きます。
photo:04

こんな感じです。





photo:05

径27mmのくるみボタンを使用します♪





⑤図案がボタンに収まるよう調整します。
photo:07

” かま" と ”右足” が 収まらないこと判明…(・Θ・;)





photo:08

" かま” の位置、移動しました。
デスノートン研二さんに、めいいっぱい右端に寄ってもらい
フェルトする位置も決定!




⑥生地に図案を写します。
photo:09

柄物の生地で図案が写せないときや、お好みで
厚紙で作った型紙を最後まで使用してもOKです。





photo:10

お顔の位置も決まりましたら…




⑦フェルトをチクチク刺す作業です♡
photo:11

フェルトは薄めに、少しずつ…





photo:12

はじめに、中央あたりからチクチク。
フェルトを生地に固定してしまうイメージ。

*型のライン(フチ)は、一番最後に仕上げます♪





photo:13

こんな量でも、十分材料になります(笑)





photo:14

フェルトが大雑把に刺せました。
ここで(私は)型紙を外します。




⑧生地の下絵にそって、形を整えます。
photo:15

スマートになりましたヾ(@^(∞)^@)ノ





⑨お顔にもフェルトを刺します。
photo:16

顔の形に合わせて羊毛フェルトをカットすると
仕上げが楽ちんです。





photo:17

お顔ができましたヾ(@°▽°@)ノ
あと少し、あと少し…





photo:18

” かま” の下絵を描き足しまして…





刺繍スタート~♪
photo:19

カマの持ち手部分は…コーチングステッチ。

グレーの刺繍糸を使うと、
エンピツのような線が描けるのが好きデス♪





photo:20

カマの部分は…サテンステッチ。

手足もステッチしましたら、、、





photo:21

羊毛フェルトの刺繍ができました~ヾ(@^▽^@)ノ

マスキングテープでまわり(刺繍部分のぞく)を
お掃除しますと余計なフェルト繊維が取り除けて
美しい仕上がりになりますキラキラ




さて、ようやく ”くるみボタン” に変身です。
photo:22

ボタンの材料を並べてみました。
道具もセットになって販売されています♪





photo:23

位置の確認。

閉じ込められているみたい…( ´艸`)笑





photo:24

使用説明書に従って…

いち、


photo:25



にの、、


photo:26



さん!


photo:27



しー


photo:28



ご~


photo:29



ろく。。。(・Θ・;)


photo:30


完成~~~♪о(ж>▽<)y ☆

…お疲れさまでしたヾ( ´ー`)





最後まで読んでいただき、ありがとうございました好

皆さま今日もステキな一日をHAPPY