柳・Willowの由来と花言葉!フラワーエッセンスにもWIllowがありますが・・・・... | ホリスティックライフサロン&小さなカラースクール☆aroma color☆千葉市・佐倉市・成田市・八千代市・印西市・四街道市・

ホリスティックライフサロン&小さなカラースクール☆aroma color☆千葉市・佐倉市・成田市・八千代市・印西市・四街道市・

自然療法や色彩心理☆カラーをライフスタイルに活かせるセルフケアをご提案!ホリスティックケアへのナビゲートブログ!aroma color2NDブログ【彩り・香り・咲くアトリエaroma color】

この投稿をInstagramで見る

柳・Willowの由来と花言葉!フラワーエッセンスにもWIllowがありますが・・・ ・ 柳(ヤナギ)の名前の由来には諸説あり、古くこの木で矢を作ったことから「矢の木」といい、それが転じたともいわれてるらしい。 ・ 属名の学名「Salix(サリックス)」は、ケルト語の「sal(近い)」と「lis(水)」が語源となり、水辺に生育する種が多いことにちなむともいわれます。 ・ 柳全般の花言葉「従順」「自由」 ・ 花言葉の「従順」は、ヤナギの葉が風に従順にしたがうことに由来するといわれ、 ・ その反対の意味となる「自由」の花言葉は、ヤナギの葉が風にしたがって自由に動くことにちなむとのことから・・・ ・ シダレヤナギの花言葉が「悲哀」(西洋では「mourning(死者への哀悼)」「melancholy(憂うつ)」)と哀愁のシンボルになっているのは、この木が悲しそうに枝を垂れている姿からではなく、旧約聖書の「詩篇」に虜になったユダヤの女たちが、バビロンの川のほとりにすわり、故郷のパレスチナの山を思い出し、涙を流し、歌を歌うことなく、岸のヤナギに琴をかけたと記されたことが由来だそうです。 ・ シダレヤナギの種小名もこれにちなみ「babylonica(バビロンの)になっているそうです! ・ 面白い・・・😁西洋での花言葉が死者への哀悼→お化け屋敷には柳って、おばけとか連想される感じ?! ・ 新宿御苑の柳 #柳#新宿御苑#フラワーエッセンス#WIllow#植物観察#新緑の頃#自然#ナチュラルライフ#ホリスティックケア#佐倉市フラワーエッセンス#アロマ#花言葉#自然療法#グリーン#植物からのパワー#アロマ空間コーディネート#アロマ空間コーディネーター千葉#アロマカラー佐倉市

Reikoさん(@aromacolor_)がシェアした投稿 -