キレイはカラダの内側から

テーマ:

キレイを磨くならカラダの内側も意識して


「キレイ」



磨くうえで大事なのは



日頃からいかに自分の体を



意識しているか



という点ではないでしょうか?




スキンケアやエクササイズは



もちろん



内側からケアして美を保つのは



とても大切なこと



 

カラダの内側と言えば



腸を健康に保つのは



効果的と言われています




酵素やビフィズス菌



腸をケアする食品を積極的に摂ったり



お腹のマッサージなど



日常的にしたりなど



気を使ってる方が多いと思います






では腸とは別に



肝臓のケアはどうしていますか? 



肝臓というと



お酒生ビールをよく飲む人だけが



気をつければいいと思いがちですよね?





飲み会の前にウコンを飲むとか



週に一度



休肝日を作ればいいんじゃないの?



なんて


考えている人も



多いんじゃないかと思いますが





実は


お酒を飲む


飲まないに関わらず


普段から肝臓も腸と同じように


ケアすることで


疲れにくく



健康的なカラダを



作ることができるんです




肝臓には


たくさんの役割がありますが



その中で一番が解毒・浄化



アルコールなどの毒素を



分解してくれます





他にも


代謝や消化・体温維持・疲労回復など



様々な役目があります



つまり


肝臓ひとつケアするだけで



これらの機能を


一度に向上させることができる


ということ





便秘解消・血行改善によって



美肌になったり


代謝が上がって


ダイエットにつながったりと



いいことずくめなのです






ケアの方法は超お手軽


肝臓のある部分


右側の肋骨の下半分


ブラのアンダー右下あたりに、


カイロを当てて温めるだけ




あまり長い時間当てていると


低温やけどにつながるので


1時間程度で





肝臓ケアに最もおすすめの時間帯は



夜寝る前


体が温まって安眠できるだけでなく



肝臓が本格稼働する時間帯なので


効果もアップするのだそうです





もう少し本格的にするなら


使い捨てカイロではなく

「こんにゃく湿布」


がおすすめです


次回はこんにゃく湿布についてですね



キャンペーン開催中‼️

GUILD・FUJISAWAのホームページ